ピクシブ百科事典

イシュトヴァーン

いしゅとゔぁーん

「グイン・サーガ」のキャラクター。
目次[非表示]

CV:浅沼晋太郎

概要

ゴーラ王。母はヴァラキアの娼婦イーヴァ。父は不明。妻はモンゴール前大公アムネリス。長男はドリアン。またイシュトヴァーン自身もカメロンに告げられるまで知らなかった、ドリアンより年長の息子として、アムネリスの侍女であったフロリーとの間に生まれたスーティ(小イシュトヴァーン)がいる。
黒髪、黒い瞳、浅黒い肌、すらりとした長身の美青年。傭兵時代は極めて陽気な楽天家にして自信家で、自らを「災いを呼ぶ男」「紅の傭兵」などと呼び、すべての災いは自分を避けるとして、運の良さを誇っていた。が、モンゴールの将軍となった頃からはその陽気さに陰がさし始め、短気で衝動的な一面が目立つようになってきた。モンゴール将軍からゴーラ王へと至ったイシュトヴァーンの道程は、多くの戦いと殺戮、裏切りに満ちて血塗られており、残虐王、殺人王と呼ばれる所以となった。

イシュトヴァーンの来歴

ヴァラキアの少年

沿海州ヴァラキアの娼婦の子として生まれた。生まれた時、掌中に白い玉石を握っていたのを見た産婆の老予言者は、彼が将来〈光の公女〉の手によって王座に就くことになるであろうと予言する。それを知った彼は、生まれて間もなく孤児となり伝説の賭博師コルドに育てられながらも「将来は一国の王になる」と公言してはばからなかった。事実、彼の才気とカリスマ性は幼少時から際立っており、卑しい出自にもかかわらず、ヴァラキア海軍の提督カメロンから後継者に切望されていたほどである。

マグノリアの海賊~辺境の王者

伝説の海賊クルドの財宝を巡る冒険に失敗した後、中原へ向かいモンゴールの傭兵となった彼は、配属されたノスフェラスの地で伯爵の勘気を被り投獄されてしまう。牢獄で豹頭の戦士グイン、パロ王国の王女リンダ、王子レムスと出会い、行動を共にする。ノスフェラスの住人セム族・ラゴン族とともにモンゴール軍を打ち破るため、彼は作戦の一環としてモンゴール兵に変装し潜入、モンゴールの伯爵マルス率いる青騎士隊を全滅させることに成功する。だが、この行為に対する罪悪感が、彼を長く苦しめることとなる。

草原の風雲児~赤い街道の盗賊

レムスとリンダをアルゴスに届けた後、北方での冒険で資金を得た彼はサイロン郊外で醜い占い師アリストートスと出会う。王となる器の持ち主を探していたという言葉に興味を引かれ、3つに分裂した古のゴーラ王国を統一し、モンゴールを足がかりにしてその王座を手に入れるという策を聞く。イシュトヴァーンは彼を軍師として連れ、以後行動をともにすることとなる。
その後、荒くれ者どもをかき集めて作った「赤い街道の盗賊」の首領となったイシュトヴァーンは、ノスフェラスからの帰途にあったアルゴスの黒太子スカールの一行を襲撃して返り討ちに遭い、瀕死の重傷を負う。その際、スカールの妻リー・ファを殺害したため、スカールから生涯の仇敵として狙われるようになる。

モンゴールの復活~闇の中の怨霊

どうにか一命を取り留めたイシュトヴァーンは、クムに幽閉されていたモンゴールの公女アムネリスに接近する。首尾よくアムネリスの救出に成功すると、彼女のもとに集まってきたモンゴールの残党とともに戦い、首都トーラスの奪還に成功する。
モンゴール救国の英雄として将軍となったイシュトヴァーンだったが、その地位は却って自由を愛していた彼の心を鬱屈させることとなった。彼を探し求めてモンゴールを訪れたカメロンとの再会によって、彼の心は少なからず癒されるが、それはイシュトヴァーンに執着するアリストートスの嫉妬心を煽る原因ともなってしまう。そしてその嫉妬心は、第二次ケイロニア-ユラニア戦役に参戦した際に、イシュトヴァーンがアルセイスで出会い、弟のように思い始めていた少年リーロの暗殺を引き起こすなど、イシュトヴァーンの心に深い闇をもたらしていくことになる。

アムネリスの婚約~ゴーラの僭王

やがてアムネリスと結婚したイシュトヴァーンは、間もなくしてアルセイスで起こった、ユラニア三公女とクム三公子との合同結婚式のクーデターに遭遇する。それをきっかけとして起こったゴーラ三公国による三つ巴の戦いでは、途中でユラニア側からクム側に寝返るという変わり身を見せ、当時のクム大公タリオを討ち取ってクムを弱体化させるとともに、ユラニアを滅亡に至らせる。また、パロの魔道士ヴァレリウスの協力でアリストートスが嫉妬心からこれまで密かに行ってきた様々な悪行を知り、激怒した彼はアリストートスを略式裁判にかけ、自らの手で処刑する。
その後、ゴーラ最後の皇帝サウルからの啓示を受けたとして、イシュトヴァーンは旧ユラニアを版図とするゴーラ王国の建国を宣言、初代ゴーラ王を名乗る。

修羅~ドールの子

だがその直後、ノスフェラス戦役で行ったイシュトヴァーンの間諜行為がモンゴール首脳の知るところとなる。トーラスで裁判にかけられた彼は、その証人に憑依したアリストートスの亡霊による告発に恐怖し、自ら罪を認めてしまう。彼は辛くもその場を脱出し、予め伏せておいたゴーラ軍によってトーラスを制圧、妻であるモンゴール大公アムネリスを新生ゴーラの首都イシュタールに連行し、幽閉する。臨月にあったアムネリスは夫への憎悪を抱きながら産み落とした嫡男にドリアンと名付け、自害する。
やがてパロでは内乱が勃発。イシュトヴァーンは元クリスタル大公アルド・ナリスと密約を結んでいたことから、自ら軍を率いて参戦する。だがその中途、仇敵と狙うスカールの奇襲を受けて孤立した彼の前に、レムスに憑依したヤンダル・ゾッグが現れ後催眠の暗示をかけられる。そしてヤンダルの催眠術にかかった彼は突如ナリス軍を攻撃、拠点であるマルガを瞬く間に陥落させ、ナリスを捕虜とする。続くグインとの戦いに敗れ、ヴァレリウスによって催眠術を解かれると、続いてのナリスの死に動揺し、ほとんど何も得られないままパロ内乱は終結。イシュトヴァーンはゴーラへ帰国する。

ルードの恩讐~流れゆく雲

帰国したイシュトヴァーンは、モンゴールで勃発した反乱の鎮圧に自ら乗り出す。その際、偶然ルードの森で記憶を失ったグインと出会い、一時的に捕虜とする。スカールの助けを得て逃亡したグインを追って一騎打ちを仕掛けるも、敗れて重傷を負い生死の境を彷徨うこととなる。その後、辛くもイシュタールへ帰還し療養と内政に専念しながらも、新たな戦場と野望を模索しているようだった。
一方で、カメロンからフロリーとその息子(スーティ)のことを聞き、二人がパロに向かったことを聞かされる。カメロンの部下ブランがイシュタールに帰還する直前のことであった。興味を抱いたイシュトヴァーンは、リンダと結婚してパロを併合したいという野望も併せて、独断で一千のゴーラ兵を率いてパロへ向かう。そしてパロの宰相となっていたヴァレリウスと国境で協議の末、二百の手勢だけで王都クリスタルへ入り、リンダとの面会を許される。そこで開催された宴の最中、二人きりになった時にリンダに求婚するが、リンダはナリスの異母弟アル・ディーンと内々で婚約していると告げられ、断られる。

遠いうねり~

それでもクリスタルに滞在し続けるイシュトヴァーンは、ヴァレリウスとの密談でフロリーとその息子(スーティ)の話題を出し、二人に会わせろと要求する。しかし、ヴァレリウスはフロリー親子はパロを離れたとだけ告げて面会は叶わなかった。また、この時にイシュトヴァーンはフロリーとの間に出来た息子の名前が自分と同じイシュトヴァーンであることを知った。その後、イシュトヴァーンはフロリー親子とヨナがミロク教の聖地ヤガへ向かっていると推測し、かねてより申し入れていたマルガにあるナリスの墓標への参拝をした後は、そのままヤガへ向かう意向であることをヴァレリウスに告げる。
そしてマルガでの参拝を終えた後、クリスタル・パレスでの別れの宴でリンダにグインの近況を告げた後でゴーラ軍を率いてクリスタルを出発した。そのままヤガに向かうかと思われたが、途中で針路変更して北上を開始した。

関連タグ

グイン・サーガ

pixivに投稿された作品 pixivで「イシュトヴァーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27041

コメント