ピクシブ百科事典

イチルキ

いちるき

「BLEACH」に登場するキャラクター、黒崎一護と朽木ルキアのカップリング。
目次[非表示]

概要

BLEACH黒崎一護朽木ルキアのカップリング。
一ルキと表す場合もある。

最終話では、それぞれ別のなった為、このカップリングは公式ではない。

読み切り版及び、連載された同作品は、死神・朽木ルキアが人間・黒崎一護に死神の力を譲渡することで始まる。
一護は死神となり、死神代行として悪い霊・虚(ホロウ)から家族や仲間、人間を護る為に戦っていく。
二人の関係は、護り護られる関係ではなく、共に戦おうとする場面が多い。
ルキアも一護に「護られるために来たのではない」と言っている。
同じように大切な人を自らのせいで失くしたという自責の念。雨の記憶。悲しい過去を乗り越え、成長していく様子が原作で描かれている。

死神代行篇

ルキアのサポートを受けつつ死神としての心構えを少しずつ身に付けていく。
その中で、整霊(いい霊・プラス)や一護と同じく霊の見える者(ドン観音寺、石田雨竜)、尸魂界に関わる者(コン、浦原喜助)と出会い死神として皆を護るために戦うと決意を固めていく。
一護の押入れでルキアは居候することになる。(家族にも友達にも内緒である)

また一護の過去、母親の死に深く関わる虚・グランドフィッシャー戦で一護とルキアの間には出会った当初から比べ、相手に対する信頼や絆が生まれている。
この時にルキアから言われた言葉を破面篇の終盤で、一護は自分の父親・黒崎一心に『うけうり』『言われて随分楽になった』と、語っている。

滅却師(クインシー)・石田雨竜が一護の前に現れ、誇りを懸けた勝負を挑んでくる。
石田の使った虚用の撒き餌に釣られ、膨大な数の虚が現れる。
一護は石田に怒りを感じつつ、虚との戦いに奔走する。
現世に巨大虚(メノスグランデ)が現れ、王族特務の管轄であるメノスを一護は斬り、追い帰した。
ルキアは尸魂界にこのことが伝わり、一護の身が危険に及ぶのを避けるため、黒崎家を出て行く。そこに尸魂界から刺客がやってくる。ルキアの幼なじみ・阿散井恋次と、ルキアの義理の兄・朽木白哉だ。彼らは、ルキアを捕らえ、能力を奪った人間を殺しに来たと告げる。
石田の助太刀があったが、恋次に倒されてしまう。
ルキアが出て行ったことに気がついた一護は、恋次達に立ち向かうが、白哉に倒されてしまう。トドメを刺そうとした白哉と、引き下がらない一護の間にルキアは割って入り、尸魂界に連行されてしまう。
「また、護られた」と雨が降りしきる中、一護は悔しさで叫ぶ。
浦原との修行で、再び死神の力を取り戻した一護は、チャド、石田、織姫、夜一(猫)と共に尸魂界にルキアを救出に向かう。

尸魂界篇

尸魂界に乗り込んだ一護たちは、様々な人(空鶴、岩鷲、流魂街の住民、兕丹坊)の協力もあり瀞霊廷に進入。
一護たちは旅禍と呼ばれ、死神たちとの激しい戦いになる。
その戦いの裏で、ルキアの処刑しようと企てる藍染たちが行動し始める。
作中で度々描かれる、ルキアの過去に関わる人物・志波海燕と、ルキアの贖罪の記憶が掘り下げられる。そして一護に対する「運命を捻じ曲げてしまった」という悔いる想いが、花太郎の口から一護に伝わる。
力が発展途中の一護は、班目一角、阿散井恋次、更木剣八という強敵たちと死闘を繰り広げる。が、剣八と相討ちになる。そこで一護は、夜一に助けられる。
ルキアの元に、花太郎、岩鷲が到着。助けようとしたところに白哉が現れ、岩鷲は重傷を負う。花太郎に刃を向けようとする白哉をルキアは止めようとする。
そこに夜一の道具を借りた一護が、空から登場。一度目の再会である。
この時の橋の上でのやり取りは、実に二人らしいものである。
今の一護では白哉に勝てないと考える夜一は、一護を強制的に眠らせ卍解を習得してから戦うと宣言。
ルキアではなく自分を連れ帰った夜一に一護は怒るが、夜一は卍解を習得しなければ白哉に勝つことは出来ないと諭す。
ルキアの処刑の日程が早まり、焦る夜一だが、一護は諦めていなかった。一護に敗れた恋次も、ルキア救出のために一護と共に卍解の修行に入る。
ルキアの処刑が始まり。ルキアの様々な想いが描かれた。
現世組、死神たち、そして一護への感謝の想いを抱き、覚悟に目を閉じるルキア。
その眼前に、一護が現われルキアを無事救出する。二回目の再会である。
この時の二人の会話は、相手への強い感謝、そして一護の成長が伺える。
ルキアを恋次に託し、一護は白哉との最終決戦に臨む。
掟を重んじ、自分の妹を救おうとしない白哉に一護は真っ向から対立。
ルキアを救うために、白哉倒すために手に入れた力・卍解を披露する。(この一護対白哉の回は、19ページフルカラーで作品が掲載され、19巻にフルカラーで収録されている。のちに行なわれたベストバウト(人気対決投票)では一位になっている。)
互いの強い信念をぶつけ合い戦う。そして白哉は一護に敗れ、掟を重んじる自らの胸のうちを一護に語った。
尸魂界篇の終盤では、藍染の陰謀が明らかになる。
ルキアの魂魄には浦原によって「崩玉」というものが隠されていた。
ルキアの死刑を廻る戦いは全て、藍染の企てで崩玉を手に入れるためのものであった。
ルキアの魂魄から崩玉を抜き取り、尸魂界に宣戦布告した藍染は、市丸ギン、東仙要を連れ虚圏へと消える。
平和が戻った尸魂界で、ルキアは自分の過去と向き合い、志波家へ謝罪に行く。
一護は、そこでルキアから「尸魂界へ残る」と聞かされる。

破面篇

尸魂界に残ったルキアと別れ、一護たちは現世へと帰還する。
程なくして、平子たち仮面の軍勢(ヴァイザード)たちが一護たちに接触してくる。
一護は白哉との戦い以降、急激に内なる虚が進行。精神の主導権が奪われる危機に瀕していた。そこに破面が現世を襲撃する。内なる虚に戦いの邪魔をされ、仲間達を護れずに落ち込む一護の下へ尸魂界から死神たちが派遣される。
ルキアとの再会を果たした一護は、ルキアの叱咤激励という名の飛び蹴り、往復ビンタを受け、虚退治に連れて行かれる。ルキアの喝を受け一護は立ち上がる。
強くなって、必ず仲間を護ると宣言する。

死神代行消失篇

霊力を失った一護はルキアの存在も感じ取れなくなる。
その17ヵ月の間、一護はチャドも見ていられなかったと称するほどやさぐれていた。
銀城の誘いに乗り、死神の力を取り戻すため一護は修業を開始し、完現術を身につける。
しかし銀城の目的は一護の完現術を奪うことであり、仲間も月島により洗脳され一護は万事休すとなる。
絶体絶命のその時、一護の体を貫く刃があった。振り返ると、そこには17ヵ月ぶりに見るルキアの姿が。
小説版によるとルキアは一護に死神の力を取り戻させるため浦原にかけあい、たくさんの死神の
霊力を刀にこめることに成功していた。また一護が敵の誘いに乗るはずがない!と恋次に猛抗議していた。
ルキアの助太刀により死神の力を取り戻した一護。和やかな雰囲気に包まれるかと思いきやしょっぱなからとび蹴りをくらい、いつもの喧嘩が始まる。
一護を助けにきたのはルキアだけではなかった。恋次、白哉をはじめ剣八や一角、日番谷も現世に赴いており一護の決断をみとどけにきた。

Fade to Black 君の名を呼ぶ

2008年冬に公開された劇場版第3弾「Fade to Black 君の名を呼ぶ」はある事件をきっかけに記憶を無くしたルキアを救うため、一護が瀞霊廷を奔走するというBLEACHの原点回帰ともいえる一護とルキアの絆をクローズアップした映画である。

内容の素晴らしさは元より
「あいつは俺の世界を変えた奴だ」「ルキアと俺は繋がってるんだ!」など
数々の一護の恥ずかしい台詞を聞くことができる。
この2人が好きな人は、是非一度観ることをお勧めする。
終盤のハグは必見。

なお、「君の名を呼ぶ」の題名の通り、劇中一護がルキアの名前を何度も呼んでいるのだが
94分の映画本編の中で、53回もルキアの名前を呼んでいる。
しかしながら『劇場版BLEACH-ブリーチ-Fade to Black 君の名を呼ぶ MOVIE GUIDE』にて
久保氏により「一護とルキアの絆は、友情でも恋愛感情でもなく、近い距離にいても恋愛に発展しない『仲間』」と
作者によって直接カプ否定の明言を引き出してしまった作品でもある。

関連イラスト

もう押し倒しちゃえよおお
普通に載せて大丈夫なのか…?


心の舞
【新ED】おでこコツン【Song for...】


デスベリ(再)
こんな展開を期待した※流血注意



関連タグ

BLEACH 黒崎一護 朽木ルキア
一ルキ ルキイチ NL 男女バディ

pixivに投稿された作品 pixivで「イチルキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17500934

コメント