ピクシブ百科事典

イノセントプリフィケーション

いのせんとぷりふぃけーしょん

『ハピネスチャージプリキュア!』に登場するキメ技の一つ。
目次[非表示]

概要

ハピネスチャージプリキュア!』のイノセントフォーム時における浄化技。4人による合体技である。

プリキュアたちの慈愛の想いをに乗せて相手にぶつけて浄化する決め技(資料にもよるが、現在プリキュアシリーズでは「必殺技」の呼称を用いない)であり、キュアハニーごはんの歌と同じく4人によるキャラクターソングイノセントハーモニーをワンフレーズ歌いきる必要がある。しかも振り付き。
戦闘中に突然ライブが始まる演出は本作以前のプリキュアシリーズにはなかったノリで、なかなかのインパクトがある。



英語で書くならinnocent purification。直訳すると「汚れなき浄化」となる。どんなに穢れた心もまっしろけっけに綺麗にしちゃうのである。洗剤の名前にでもありそうだ。
ちなみにこの技の厳密な正式名称は「プリキュア・イノセントプリフィケーション」なのだが、ファンの間では「イノセントプリフィケーション」と略される方が圧倒的多数。(頭にプリキュア〜とつく決め技はだいたいそうだが)

習得したのは第38話。いおなが、ミラージュによる度重なる闇の力による洗脳に苦しむまりあ・を救いたいと思う強い気持ち=「自分にとって一番大切な人」を救いたい、助けたいという強い気持ちが高まり、他のプリキュアたちもそんないおなの力になりたいという気持ちが高まったことで、それらを新たな「イノセントな思い」と認めたシャイニングメイクドレッサーがこの技の使用権限を解放した。

ドレッサーを操作する際に使うスティック「コスメチップ」がイノセントハーモニーマイクに変化するので、歌うときはこれを使う。

その威力は絶大なもので、ハピネスビッグバーンすら無効化出来るキュアテンダー・闇を完全浄化し、ミラージュの呪縛からキュアテンダーを解き放ったほか、その余波で幻影帝国の本拠地にいるミラージュ本人にもブルーの本当の気持ちを伝える切っ掛けを作り、その影響で彼女すらも浄化されかかった程の威力を持つ。
後に只ひたすらにミラージュの為を想い自ら悪行を行い、更にはその想いに付け込んだ黒幕の干渉によってバーサーカー状態となったファントムを完全に浄化し本来の姿へと戻した。
楽しそうに歌い踊るシーンは女児アニメらしいポップな雰囲気なのだが、実態は処刑用BGMそのものである。

そのことから、おそらくかつてミラージュとブルーが戦っていた強大な闇をアクシアに封印した際も使用された技だと思われるが…。

ちなみに歌に自分たちの想いを乗せてぶつける技という性質上、一部の大きいお友達には歌いながら美少女が無双乱舞するアニメ歌いながらロボット操縦するアニメした人たちも多いのでは…? というか、本作は後者のアニメ3作目ヒロインの一人中の人主演しているので、「私たちの歌を聴けー!!」をで行っている。

手順

リボンやぐらさんからエネルギーをもらい、メイクドレッサーを発動。4人にマイクが配られ、ミュージックスタート。
流れる歌をワンフレーズ「絶対に」歌いきる。ここは一切省略されない
その後、光の矢となり、4人が敵に激突する。このときよく見ると、プリンセスがおしりパンチ的に動いている。

そして、43話でクイーンミラージュに対し放ったイノセントプリフィケーションでは4人が光の矢となりミラージュに激突した後、4人が手をつないだり頬にキスしたりハグしたりとやりたい放題である。

ちなみに妖精のサポートから浄化完了まで(いわゆるバンク)は約86秒と歴代プリキュアチームの最終合体技の中でもかなり長い部類に入り、フレッシュプリキュア!におけるラッキークローバー・グランドフィナーレの約110秒に次ぐ長さとなっている。

イッノーセーンートー


つまり、敵は技発動まで歌っている約1分半の間は黙って傍観していることになる。歌っている隙に攻撃すればいいのにというツッコミはしてはいけない。

余談

イノセントフォーム主人公であるめぐみではなく、追加戦士であるいおなから入手したというのは「変身もの」としては珍しいということは当該項目にも記されているが、このイノントプリフィケーションの入手の展開も、めぐみではなくいおなが主役になっている。
しかし、テンダーの洗脳を解くきっかけになったのは、ラブリーが身を挺してフォーチュンをかばったことであり、いおながまりあを助けたいと強い思いを高められたのは、めぐみがまりあの記憶を蘇らせることに成功したからなのである。このフラグで希望の光がみえるまでのいおなはただ絶望するばかりでイノセントな思いを高めるような境地にはならなかった(詳細は愛乃めぐみ氷川いおなの38話解説にて)。
めぐみは自ら奇跡を起こすような主人公補正を持たされないかわりに、仲間のために命がけで身を投げ出すことで、仲間たちに奇跡を起こす力を呼び起こす役割を持たされているのである。
同時に、ブルーはそれを「めぐみの危うさ」とみなして懸念してもいる。

関連タグ

イノセントハーモニー:曲の構成情報などはこちらの記事を参照

ハピネスチャージプリキュア! イノセントフォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「イノセントプリフィケーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12676

コメント