ピクシブ百科事典

インバータ

いんばーた

直流を交流に変換する回路。または論理反転をする演算要素のこと。
目次[非表示]
  1. 直流を交流に変換する回路。本項ではこれについて説明する。
  2. 論理回路において入力を反転した出力をする演算要素。NOTゲートともいう


概要

一般的に半導体素子と受動素子を組み合わせて構成され、電力変換やモーター制御に用いられる。鉄道車両用が有名だが、蛍光灯エアコンの室外機など家電製品でも用いられており、また電源周波数の違う地域の境にある周波数変換施設でも用いられている。
インバータは回路の構造上、電源は直流のみであるためインバータ制御車のうち交流電化区間を走行するものや電源が交流である家電製品、電力変換施設ではコンバータ回路(整流器)で交流から直流に変換し、その後インバータで交流に変換する。

余談

NOTゲートのほうのインバータ(上記の2.のインバータ)でも出力を入力に戻してやると出力と入力は常に反転する関係となるため、結果として出力はH→L→H→L→H→L・・・となり、「一応」交流として出力される。抵抗とコンデンサ、水晶発振子と組み合わせると正確なパルスを発振できるのでディジタル機器の同期信号として使用される。ただし回路として組み合わせる際は、各部品の特性が合っていないと発振しなかったり、水晶発振子に過負荷がかかり故障するといった原因になるのでデータシートを確認し、必要な部品を選定することが必要。マイクロコントローラやマイクロプロセッサでは接続を簡単にするために水晶発振子と所定の静電容量のコンデンサを接続すればよいように内部に回路が組まれていることが一般的になっている。

関連タグ

VVVF SIV シーメンス
ACアダプタ:インバータとは逆に交流を直流に変換する回路

pixivに投稿された作品 pixivで「インバータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193

コメント