ピクシブ百科事典

イヴ・ノイシュヴァンシュタイン

いゔのいしゅゔぁんしゅたいん

イヴ・ノイシュヴァンシュタインとは、「NEEDLESS」に登場するヒロイン(?)の少女。

概要

CV.喜多村英梨

ブレイドの相棒。ブレイド以上に乱暴で豪放磊落。年齢不詳。身長155cm。一人称は「ぼく」。
記憶能力が著しく低いため、人の名前を全然覚えられず、勝手に変な略称をつける癖がある(ただし、ブレイドやアークライトなど重要な名前は覚えている)
例 クルス→山田  照山→内田  ブレイド→石田  左天→田崎 など

初登場時にクルス・シルトバイクで轢いて瀕死状態に追い込む。(後、ブレイドから制裁を受ける)
会話の中で「ボクの名前はイブ・ノイシュヴァンシュタイン。長いからイブ・ノイシュヴァンシュタイン様、でいいよ」などの素っ頓狂な発言をすることがある(極限に天然なのか極限にバカなのかは不明)
そのボケっぷりはクルスだけではなくブレイドからツッコミをされるほど。
普段は露出度の高い服を着ている(とくに下半身は)が、別に羞恥心がない訳ではなくこれが最も動きやすいため。また、洗脳されていた際には少女部隊の制服を着ていることもあった。

イヴ・ノイシュヴァンシュタイン 


能力には大量のカロリーを消費するらしく、能力維持のため1本5000キロカロリーを誇るゲテモノドリンク『スーパーゲル状デロドロンドリンク』を愛飲している。(カロリーゼロ版も存在する)
クルスを最もこき使う存在(CMにもネタとして使われている)で、その態度にクルス自身も畏怖しているが、クルスの知力を激励したり、アルカに変身してクルスを慰めたりと彼に対して優しさと信頼を持つ。

フラグメントは 変身(ドッペルゲンガー
さまざまなものに変身できる、が自らの体の質量を大きく変えることはできない(エネルギーが十分にあれば可能)
自分の体を鋼鉄化、傷の治癒だけでなく、地形や他人に化けて奇襲攻撃も可能。クルスに変身したこともある。
また、自分自身の腕の数を増やしたりと応用力もあるが、大量のカロリーを消費するので長期戦が苦手。
この能力は研究段階のミッシングリンク級の能力であり、なぜ彼女が使えるのかは物語の中盤から後半にて明かされる。

ブレイドと同じく、敵に止めを刺した時は『判決・死刑!!』と決め台詞を言う。

イヴ「どや?」



関連タグ

NEEDLESS アダム・ブレイド クルス・シルト アダム・アークライト 少女部隊 セツナ

pixivに投稿された作品 pixivで「イヴ・ノイシュヴァンシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115150

コメント