ピクシブ百科事典

ウィツィロポチトリ

うぃちろぽちとり

マヤ・アステカ神話の神。 ハチドリをモデルとした太陽神にして軍神であり、生まれた時から完全武装。 地母神コアトリクエの身に宿り、諸事から400人の兄姉から暗殺されそうになるも、母の胎を裂いて飛び出し、返り討ちにしたという苛烈さを持つ。
目次[非表示]

ウィツィロポチトリとは、マヤ・アステカ等のメキシコ中央高原の伝承に登場する
名は「蜂鳥の左足」または「南の蜂鳥」を意味している。
特にアステカ族にとって主神として崇拝された太陽神であり、同時に軍神狩猟神としての神格も持ち合わせている。
雨の神「トラロック」と共に、アステカ王国の大神殿で祀られていた。

その名にある「蜂鳥」は、メソアメリカ社会において血や戦いの象徴であり、「左」はアステカ族にとって「強い側」を意味する。

夜と月を司る魔術の神・テスカトリポカとは、属性として敵対関係にあり、二柱の神の戦いののち、ウィチロポチトリの勝利によって朝日はもたらされると信じられていた。
マヤ・アステカの悪習として名高い、捕虜や生贄の心臓を生きたまま抜きとる「血の儀式」は、この神がテスカトリポカとの抗争に負けぬよう祈願したものと言われる。

現在でもメキシコの国旗・国章に描かれ、民族のシンボルとされている。

壮絶な誕生

大地母神「コアトリクエ」を母親とするが、その出生から凄まじい武勇を見せつけている。

ある日、コアトリクエ神がコアテペック山で掃除をしている時、空から羽毛の玉が落ちてきた。
コアトリクエは手に入れたその玉を懐にしまい、あとでよく見ようとしていたが、
不思議な事にその玉は消え、いつの間にかコアトリクエは妊娠する。
しかしその事実を知った400人(多数の意味)の息子と1人の娘(女神・コヨルシャウキ)は、母神コアトリクエが相手も知らない子を身ごもった事に怒り、母神の殺害を企てる(怒れるコヨルシャウキが400人の弟をそそのかした計画らしい)。
その企みを知った母神コアトリクエは不安になるが、孕んだ己の母胎から「私がついている。何も恐れる事はない」という呼びかけの声があった。

そしてコヨルシャウキの率いる400人の兄弟がコアトリクエを討ちに侵攻した時、コアトリクエの胎内より、ウィツィロポチトリ神が完全武装した姿で誕生
すかさず姉神コヨルシャウキの体をバラバラに切り裂き、さらに逃げ惑う400人の兄をも追い詰め、その大半を討ち取る。
この戦いの際、八つ裂きにされたコヨルシャウキの頭をウィツィロポチトリが天に投げ、その頭が空に留まり、月になったという。

ウィツィロポチトリの姿

ウィツィロポチトリ単体を象った石像・石彫などは見つかっておらず、数少ない絵文書の描写では、火の蛇「シウコアトル」を象った武器(またはシウコアトルそのもの)を持ち、蜂鳥の羽を身に着けた姿で描かれるか、あるいは片足が蛇の姿をしていて、テスカトリポカ同様に煙を吐く鏡を持った姿で描かれる。
その他、鷲の着ぐるみのような衣を身にまとって槍を持つ姿もある。

関連タグ

アステカ 太陽 神話

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィツィロポチトリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11755

コメント