ピクシブ百科事典

ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリング

うぇんでぃもいらーあんじぇらだーりんぐ

『ピーターパン』に登場する女の子。ピーターパンに連れられてネバーランドへ行く。
目次[非表示]

人物

ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリングは、『ピーターパン』に登場する女の子である。
ダーリング家の三人姉弟の長女。12歳。
夢見がちだけれどしっかり者。小説家を目指している。
主人公ピーターパンの「影」を縫いつけてあげたことをきっかけに、彼に連れられネバーランドに赴く。

ディズニー版

ウェンディー


水色のナイトドレスを着ているが、作中では不自然にも飛行・落下シーンでもスカートがめくれない
ピーター・パンの話を信じており、その話を2人の弟であるジョンとマイケルにしている。その事で父親からは苦々しく思われており、年齢上そろそろ一人部屋で暮らすべきだと言われている。
が、本人は「大人なのだから」「女性なのだから」という価値観を押しつけられることを快く思っていない。
一方で年頃の女の子らしくピーターに思いを寄せているところも見られ、ピーターがネバーランドの人魚達やインディアンのタイガーリリーと仲良くすると嫉妬することもある。
また、自らもティンカーベルに嫉妬されているが、本人がそのことに気が付いているかは不明である。 情の深いところがあり、ピーターがミスター・スミーにフック船長を狙撃させるなど残酷なことをすると悲しむこともある。 ピーター・パンやネバーランドを夢に見ることもあるらしく、初めてピーターに会ったり、ネバーランドに到着した時も「夢で見た通りの姿」と感激している。
当初は大人になりたくないと訴えているが、ラストシーンで自ら進んで大人になることを決意する。
大人になり 結婚し2児の母となった『2』では、自分の子供たちに自分の体験したネバーランドの冒険やピーターパンのことを話している。
戦争中のため夫は兵士として家を留守にしており、子供時代よりも苦労をしているが、彼女が子供の前にいる時 お話をしているときの顔は子供のころと変わらない。
ピーターと再会した際、ティンクの粉を浴びて少しだけだが浮遊する描写がみられる。

世界名作劇場版

喧嘩もするけど


CV:松井菜桜子
金色の髪をして、ピンクスカートをはいている(下に白い長袖の服を着ている)。1時間枠での初回放送版ことスペシャル放送版(後の第1話と第2話)で彼女はジョージ・ダーリングに大人になるべきだと言われる。寝る際は動物の縫いぐるみを抱いている。
ネバーランドでは、ロストボーイ達(カーリー、スライトリー、トートルズの三人)の「お母さん」として家事全般を担当、朝食を作ったり家の中の掃除、洗濯などをするなど、世話好きなところから、今までのシリーズとは異なるウェンディとなっている。
ピーター・パンに首飾りをもらったお礼にキスをした。
ネバーランドに住んでいる内に、いろんな事を学んで成長していった(タイガーリリーと共に行動したり、フック船長や闇の魔女になったルナに立ち向かうなどがそれである)。
終盤にてロンドンに帰還した(ロンドンにいた際、ピーター・パンの事を忘れてしまった)。

関連タグ

ディズニー ピーターパン
世界名作劇場 ピーターパンの冒険
本名が長いキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11905

コメント