ピクシブ百科事典

ウォーザード

うぉーざーど

『ウォーザード』(WARZARD)とは、1996年12月に稼動開始したカプコン製作のアーケード対戦格闘ゲームである。 海外版タイトルは、『レッドアース』(RED EARTH) 。
目次[非表示]

仕様


アーケード格闘ゲームとしては異色なレベルアップ方式を取り入れており、モンスターを攻撃すると出現するコインを取得し、ステージクリア後にレベルアップする。
レベルが上がる事によって技が追加されたり、装備武器の追加、敵の攻撃への耐性、各種ステータスが強化されるというファンタジーRPGのような内容。
レベルアップしたキャラは、ゲームオーバー時に表示されるパスワードをメモし、次回プレイ時に入力すれば引き継がれる。
各ステージに配置されたモンスターを倒せば、次のステージに移動できる。

戦闘中に地面に出現する宝箱に接触すると、ミスティック・オーブor回復アイテムorコインが出現。

ミスティック・オーブ
 このゲームにおいて、昨今の格闘ゲームでいう超必殺技にあたる「ミスティック・ブレイク」を放つ為に必要なアイテム。オーブに表示されたエフェクトによって効果が異なり、各種オーブに応じた「ミスティック・マジック」という攻撃手段を放つ事もできる。
回復アイテム
 お菓子や料理。入手する事で体力ゲージを僅かだが回復できる。
コイン
 少量の経験値を取得できる。

ただし、戦闘は1ステージ1ラウンドで、ダメージを受けすぎた場合、リザルト報酬で回復しきれなかった体力のまま次ステージに進むことになる。
体力回復量はオーブの所持数 等、リザルト結果に影響される。

プレイヤーキャラクター ※( )内は海外版の名前


レオ(Leo)

ガオー


性別:男性
年齢: 35歳
身長:218 cm
血液型:B型
(声:郷里大輔
ストーリー
主人公、グリーディアという国の王。
突如襲来した空飛ぶ黒船と、異形の軍団に奮闘するも敗北。
彼は獣化の呪いをかけられ魔獣となり、一部の民は何処かへと連れ去られた。
その後、知恵・力・勇気の三賢者率いる103人の忠臣の犠牲により、正気と人間の体を取り戻す事に成功するが、完全な解呪にはいたらず、頭部のみ獣(ライオン)のままとなった。
攫われた民を救う為、異形の軍団の野望を阻止する為、黒船を追って戦いの旅に出る事となる。
ノーコンティニュークリア達成時のみ、本来の顔を見ることができる。
キャラ性能
最も火力の高い攻撃が投げ技という、つまり投げキャラ型。
だが、剣のお陰で、投げキャラにありがちなリーチの短さを感じさせない。
LvUpにより剣と盾が変化し、一部の剣はコマンド入力で変更が可能。
短所としてはコンボとして成立する攻撃が少ない為、手数不足に陥りやすいという点。
他のキャラと違い、唯一、通常の遠距離攻撃手段がない+ダッシュができない点。
見た目の豪快さに似合わぬ慎重な立ち回りが要求される。

ムクロ(Kenji)

ムクロ


性別: 男性
年齢:28歳
身長:178 cm
血液型:A型
(声:岸野幸正
ストーリー
東方の国 ジパングの幕府に仕えるお庭番頭領。忍道42流派が一つ羅門(ラモン)の使い手。
幕府の命により空飛ぶ黒船を調査中、将軍直属の用心棒タヌマ(金剛)が反乱を起こしたとの報を受け、その鎮圧に向かうムクロ。
燃え盛る炎と崩れ落ちる町並みの中、巨大な怪物へと変じ襲い掛かってきたタヌマ。
激闘の末に敵を討った彼に、幕府将軍ナオスケが命じたのは、何処かへと飛び去った黒船を追う事であった。
ナオスケの怪しげな笑みに違和感を覚えつつも、彼は主命を果たすべく旋風となって旅立つのだった。
キャラ性能
刀、手裏剣、鎖鎌、大筒、分身、火炎放射、貫き手、等々・・・ バラエティに富んだ攻撃を繰り出し、軽快さと奇抜な動きで闘いをかき回すコンボ型。
ただ、クセのある動きも相応にあり、使いこなすのは若干大変。火力もやや低め。
彼の見所は、専用の特殊KOがあるという点。
ウォーザードには一部のトドメになった攻撃に特殊演出があり、敵が真っ二つ(縦や横)になったりする。内蔵も見えたりする。
彼専用の技『閻魔突き』を使用すると、相手の心臓(もしくは機関)を抜き取って握りつぶすというフェイタリティな演出を見る事ができる。
今となっては R-18G ものの演出である。

タオ(Mai-Ling)

タオ 2


性別:女性
年齢:13歳
身長:151 cm
血液型:O型
(声:浦和めぐみ)
ストーリー
武術の国 ゴラの少女。
格闘術に天賦の才があり、それを見込まれて幼い頃より武術を習い、13歳にして各地の格闘大会で優勝する程の腕となった。
ある時、地方の格闘大会に出場したタオは、その大会で見事な優勝を飾る。
足取りも軽く、意気揚々と帰郷したタオが見たのものは、炎と黒煙に包まれ、無残に崩れ落ちた故郷の姿。
原因は、ゴラを守る霊鳥ルアンが呪いをかけられ、炎と殺戮を好む妖鳥となり襲い掛かった為であった。
怒りに燃えるタオはルアンと戦い、辛くも勝利を得る。
帰るべき場所も大事な人達も失い、タオは途方に暮れる。
だがその時、炎の中より正気を取り戻したルアンが甦り、災厄の元凶は西へと向かったと伝える。
ゴラのような不幸を増やさぬ為に、彼女は元凶を『やっつけてやる』為に旅立つのだった。
キャラ性能
空中ダッシュや、対空攻撃、軽快な連続攻撃というコンボ型。
他キャラに比べると、かなり素直で使いやすい部類のキャラである。
彼女の攻撃は基本打撃なので、真っ二つとか心臓をもぐとかのグロフィニッシュはない。
ただ、素手コンボ型の宿命として火力とリーチに難がある。
尚、彼女だけ分岐エンディングにおいてバッドエンドが無い。対照的に、ムクロは分岐どちらを選んでもバットエンドのような後味の悪い結末になる。南無ゥ・・・

タバサ(Tessa)

タバサ 2


性別:女性
年齢:19歳
身長:163cm
血液型:AB型
(声:中友子)
ストーリー
北方の地 アイスラーンに住む魔学者の女性。(ウォーザードの世界的には魔学者とは魔法使いではなく、錬金術師にあたるらしい。)
研究に没頭する日々を過ごすタバサであったが、その最中、世界を覆い始めた不穏な流れを感じ取る。
人々の恐怖や不安、悲しみや憎しみを巻き込みながら広がるソレを、神秘学的な意味においての邪悪と感じ、その正体と脅威に興味を抱く。
流れの根源を探り、そして封じんが為、彼女は探究心を胸に旅立つ事となる。 
ちなみにズボンの中は、はいてないらしい。
キャラ性能
魔法使いじみた外見通り、遠距離攻撃型。接近戦が苦手。
ただ、遠距離といっても相手を封殺する程の手数があるわけでなく、よくよく考えて戦略を練らなければならない。
近接攻撃もあるが、こだわるのは危険。火力もそれほど高くない。
だが、近接攻撃時のモーションは何とも愉快なアニメーションが多い。
彼女の装備、帽子、マント、靴、カバン、いずれも動物を変身させた代物らしく、近接攻撃時には一瞬だけ元の姿を現し攻撃する。
ちなみに両足の靴は左足:アル、右足:イブンという2匹の猫が変化しており、彼女の振るう猫じゃらしに反応して猫キック攻撃を繰り出す。

エネミーモンスター ※( )内は海外版の名前


ハウザー(Hauzer)

ハウザー


グリーディアの伝承に語られるアースドラゴン。
荒れ狂う大地を体言するかのような、炎と巨体を活かした攻撃を行う
姿は雄山羊のような巨大な角、強靭な二本の足、巨木のような尾、退化したのか小さすぎてパタパタするしかない背中の羽、小さく可愛い前足、といった、ドラゴンというよりは、ティラノサウルス等の恐竜に近い姿をしている。
尚、他作品においてカタコトながらも人語を話している場面があり、知能は高いようだ。

金剛(Kongou)

ナムゥー


(声:郷里大輔
ジパングの昔話に語られる鬼族。
人間体の時は、幕府24代将軍ナオスケ(ムクロの主君)の用心棒 タヌマ。
将軍の権力を後ろ盾に、町や村々を焼き払う等の狼藉を行っている。
姿は、天を突く様な二本の角、金属のような硬い毛髪、全身赤銅色の逞しい筋肉、爛々と光る黄色い瞳。 絵本に出てくるような典型的な鬼の姿と言っていい。
自分の腹を破って相手に胃液をかけたり、毛髪を剣のようにして相手に突き立てたり、腕を切り離してぶつける(生えてくる)等、妖怪ならではの得体の知れない攻撃をしてくる。
ムクロ編のエンディングにおいて「再び町に現れ暴れている」との話がでるが、復活したのかは不明。

セクメト(Ravange)
砂漠の国 アランバードの神獣。
アランバードの女王アルマーナⅣ世が融合した後、プレイヤーに襲い掛かってくる。
女王はセクメトと同化する力を黒船に乗った軍団に授けられ、この力を使って周辺国家と争っていたようだ。
元が石像(?)である為か、柔軟ではあるが、硬質な石のような肌で、獅子・鷲・山羊・竜の頭部を持ち、コブラの尾が生えている。ファンタジー物でお馴染みのキメラのような姿。
砂を人型に変化させて相手を押さえ込ませたり、複数ある首毎に違ったブレスを吐く等、魔法的な攻撃が脅威。
体力が残り僅かになると獅子の頭が壊れ、空洞になった部分から相手を石化させる熱線を放つ。
プレイヤーキャラが誰であってもステージ3に登場。
レオかタバサを使用時に特定条件を満たして倒した場合、直後のボーナスステージで武器を手に入れることが可能。

ヌール(Hydron)

ガオーン


(声:細井治)
北方の地 アイスラーンの海に住むイカのような怪物。 自称『海獣神』
手下の小イカを引連れて、アイスラーンに住む人々を触手で驚かしたり、浜辺を荒らしたりと、他のモンスター連中に比べると小物っぽい悪事を働いている。
姿はオウム貝を被り、三叉の槍をもったイカ。体から電撃を発したり、相手を凍結させる旋風を起こしたり、オウム貝の硬さを利用して突撃したりと若干ユニーク。

ルアン(Lavia)

ギャース


(声:中友子)
ゴラに伝わる不死鳥。
本来は虹色の輝きを放つ美しい霊長であり、ゴラの人々に深く信仰されていた(倒した後のデモ画面でその姿を確認可能)。
だが、呪いによって怪物と化してからは一転、ゴラの民を殺戮し尽す程の凶悪な魔物となってしまった。
怪物時の姿は美しい娘の上半身に、猛禽類のような鋭い爪のある足、両腕は鋭い爪のついた翼となっている。
自らの羽を弾丸のように飛ばしたり、上空から相手に掴みかかって爪で切り刻んだり、炎の塊になって突撃したりと凶悪。

ギギ(Gi Gi)

熱帯横断3000km!大森林に伝説のクリプト超文明を見た!


(声:細井治)
クリプトにある古代人のピラミッドの番人。
ファンタジー物に出るゴーレム・・・というより、断面図を見る限り、かなり高度な技術によって作られたロボットのようだ。
古代の石像のような奇怪な顔、鋭利な刃物をもった四本の腕、背中と胸には男女の顔が一つずつついており、向きを変える事により性能が若干変化する。
巨体と刃物をつかったリーチのある切り刻みや、剣を床に突き立て発光し、周囲に石柱や槍などの遺跡の罠を起動させる攻撃も行う。

ブレイド(Blade)

昨日の夜中に


(声:岸野幸正
各地に災厄を振りまく、異形の軍団を率いる甲冑の男。
その正体は、グリーディア国王 レオの親友にして忠臣であった男、ブレイド。
黒船に捕らえられた後、肉体改造・洗脳処理を受け『ヴァルダ帝国』の手先となってしまった。
姿は、ドリルのように回転する大剣「アンドレイアー(「勇気」と言う意味を持つらしい)」を持ち、背中に赤いマント、鋭い突起が多数ある全身鎧を着込んでいる。その内部は空洞となっており、核となる宝石「プーシュケー」に彼の魂が封印されているようだ。
剣を伸ばして相手を攻撃したり、空間を歪ませる斬撃、相手を鏡の中に閉じ込め砕く技、鎧をパーツ毎に全方位に飛ばす攻撃といった不可思議で対処が難しい技が多い。

ヴァルドール(Scion)
(声:郷里大輔
異形の軍団、空飛ぶ黒船、各地の災厄の元凶となった『ヴァルダ帝国』の長。
かつて天才魔道師であったモノ。
予言にある世界の破滅を防ぐため研究していたが、その手がかりとして使用された魔道書こそ『詠む者をとり込む』という邪神の罠であり、皮肉にも自らが破滅を招く者となってしまう。

姿は2段階あり、1段階目は使い魔の竜を引きつれた赤いローブに長い髭の老魔道師。 
2段階目になると邪神の影響なのか脳髄と両腕が肥大化し、入りきらない脳髄が体外に飛び出ているというエグい姿になる。
瞬間移動、使い魔の竜によるブレス攻撃、画面内の広範囲に及ぶ魔法攻撃といった、遠距離の攻撃手段が主になる。連戦につぐ連戦でライフバーも厳しくなっているプレイヤーにとって、厳しい戦いとなるのは間違いない。

補足

美麗なドットとカプコン独特のファンタジー世界観を持つこの作品は、いまでも高い評価を受けている。
だが、稼動を開始した頃の評価は散々なもので、当時のカプコンの最新鋭基盤「CPS-3」の記念すべき第一作目であったにも関わらず、ゲームセンターによっては、不人気により早期回収といった悲しい光景が繰り広げられた。
原因となるのは、初期の体力ゲージを温存しつつ最後まで戦う、といった格闘ゲームというよりアクションゲームのような仕様(1人プレイでは大型CPUキャラとのバトルなのに協力モードが無い)や、選べるプレイヤーキャラが4人しかいない事や、、対戦の意義の薄さ、凄まじい枚数で作られた美麗なドットアニメだが、そのせいでキャラの動作が重くなり、快適な操作感を奪ってしまっている等々・・・。
多くの問題点を抱え売り上げも伸びず、その結果、カプコン所属のドット職人が大量解雇されるという悲劇の発端になった作品とも云われている。
2016年現在、いまだ家庭用機への移植がなされていない作品でもある。
しかしその特徴的な衣服や武器はモンスターハンターシリーズにて『ミヅハシリーズ』や『アンドレイー』として再現されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーザード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 687044

コメント