ピクシブ百科事典

ウォーズマン

うぉーずまん

ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。
目次[非表示]

ウォーズマン

ロシア語で「ヴァイナー・ムシーヌイ」。
その名の通り、たったひとりで一個師団を壊滅できるロボ超人"アジーン(1号)"。

第21回超人オリンピックにおけるキン肉マンとの戦いの後、正義超人軍団の仲間入りを果たす。
地肌はアニメではダークグレー原作だと褐色

プロフィール

身長210cm、体重150kg、超人強度100万パワー。

本名「ニコライ・ボルコフ」
ソビエト連邦のSKGB(超人レスラー国家保安委員会)の出身。
(アニメ版では、やられ専門のレスラー養成機関「蛇の穴」の出身。)

個人タイトル歴

  • レニングラード超人ヘビー級
  • 第21回超人オリンピック ザ・ビッグファイト準優勝


関連用語

ロボ超人

ワタシキレイ?


ウォーズマンは、超人でもなくロボットでもない。
後天的に改造されたサイボーグではなく、半機械の体で生まれた生来のロボ超人なのである。

氷の精神を持ち、相手の呼吸や手足の動きから次の行動を正確に読むことから、「ファイティングコンピューター」の異名を持つ。

また完全な機械ではない為バッファローマンのハリケーンミキサーに怖気づき「こ、こわい…」と弱音を漏らしたりネプチューンマンとの戦いでは「アワワ…」等と生物らしいお茶目な反応を示す一面もある。

己の素顔が醜いことに長年コンプレックスを抱いていたが・・・

ベアー・クロー

ウォーズマン


ウォーズマンの拳に内蔵されている鉄の爪。手首ごと取り外すことが可能。

ウォーズマンスマイル

コーホー


鉄仮面の口の部分が開き、笑っているような表情をみせる。
ウォーズマンが笑った時、対戦相手は必ず死ぬといわれていた。
よほどの実力者と出会った時しかださない。

"天使のように細心に" "悪魔のように大胆に"

攻撃の極意。
これは師であるロビンマスクの教えであるが、後にロビンの息子ケビンマスクに受け継がれることとなる。

SKGB(超人レスラー国家保安委員会)

通称「狼の部屋(ヴォルグ・コームナタ)」。
ソ連全域から選りすぐられた超人たちが、最強という栄誉のために寝食以外は敵をたたきつぶすために、肉体と精神を鍛える地獄の特訓場。

ウォーズマンは「思いっきり体を動かせ メシだって好きな物を食べ放題 あたたいかい毛布だってある」と逆に「天国」だと発言している。

"国威発揚のための超人レスラー育成"と言うのは建前で、本来の創設理由は西側との戦争用のロボ超人兵士の育成にこそある。

必殺技

スクリュードライバー

上述の「ベアークロー」を突き出し、きりもみ回転しながら相手を突き貫く技。
以下の計算式により、全身のエネルギーをフル稼働させた捨て身のパワーアップが可能。

 ベアー・クロー二刀流により、100万パワー+100万パワーで200万パワー、
 いつもの2倍のジャンプ力がくわわって、200万×2の400万パワー、
 そして、いつもの3倍の回転をくわえれば400万×3の1200万パワーとなり、
 ウォーズマンの体が1200万パワーの光の矢となる。

パロ・スペシャル

高度なテクニックを要する幻の必殺技。
"ツンドラの墓石"と異名され、脱出不可能の「アリ地獄ホールド」とも呼ばれている。

弱点

ウォーズマンの最大の弱点は30分しか戦えない事である。
師のロビンマスク曰く「ウォーズマンはどんな相手でも30分以内で倒してきた為、知らないうちに相手を30分で倒すプログラムしかされていない」らしい。

この弱点が露わとなったのは初の大舞台である超人オリンピック決勝。
キン肉マンと対戦するのだが、ウォーズマンは必殺のパロスペシャルをキン肉マンに掛け勝利に王手をかける。
ギブアップを口にしかけたキン肉マンはラーメンマンの激励を受け火事場のクソ力を発動する、いつもならクソ力で逆転勝利となるパターンだがウォーズマンは一味違った。
「火事場のクソ力返し」で火事場のクソ力をも攻略してしまうのである。
キン肉マンには完全に打つ手無しとなり、ウォーズマンの勝利が決まったと思った矢先、試合から35分経っていた為上記の弱点が発動し体中から煙が吹き上げマスクにひびが入ってしまう。
素顔にコンプレックスのあるウォーズマンはパロスペシャルを外し、顔を覆ってしまいその隙を突かれキン肉バスターを受け敗北してしまうのであった。

ロビンマスク「ちぇっ ウォーズマンのウスノロ野郎 これで奴との師弟関係もご破算この次はオレ自身がキン肉マンをたおしてやる!!」
(超人オリンピック終了後のマスコミへの見解)

ザ・マンリキ戦のようにこの弱点を逆手に取って勝利した試合も存在するが、弱点の根本的解決はキン肉マン二世でも行われる事は無かった・・・が。

超友情モード

ポーラマン戦で発現したウォーズマンの新しい境地。
上記の通り30分経つと戦えなくなってしまうウォーズマンだったが、超友情モードを発動させる事で更に5分間通常時よりパワーアップして戦うことが出来る用になった。

2世での新星ヘル・イクスパンションズ戦のような30分超えても気合で頑張って戦うのとは違い
5分間更に強くなる所がミソである。

尚、顔のコンプレックスも克服したようでポーラマンにマスクを剥がされても
「超人はツラで勝負しているわけじゃない!」と全く動じなかった。

オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ+シンジルココロ

戦績とその扱い

  1. ティーパックマン
  2. ペンタゴン
  3. ラーメンマン
  4. ×キン肉マン
  5. ×ステカセキング(非公式戦)
  6. ×バッファローマン
  7. 世界一凶悪コンビ
  8. ×ヘル・ミッショネルズ
  9. ザ・マンリキ
  10. ×マンモスマン
  11. ポーラマン


勝率自体は低くないものの、後半ではやたらと強敵相手のかませ犬にされることが多く、キン肉マンⅡ世で行われた人気投票では(ほとんど出番がないにもかかわらず)「Ⅰ世の時の終盤での扱いは許しがたかった」「カッコいいのにいつも負けてばかりで可哀そう」などと大量の票が集まりなぜか3位にランクイン主人公のキン肉万太郎に勝った


関連イラスト

ウォーズマン
ウォーズマンも、運動の後には飲んでます。きっと
むちむち



関連キャラクター

クロエ
…『キン肉マンⅡ世』でのウォーズマンの変装した姿。
ロビンマスクバラクーダ
…ウォーズマンの師。多くの戦闘テクニックを伝授される。
また、タッグチーム「超人師弟コンビ」のパートナーでもある。
ケビンマスク
…恩師ロビンマスクの息子。師に恩を返すために、彼のコーチ兼セコンドに付き、
超人オリンピック優勝へ導く。
ラーメンマン
…第21回超人オリンピックにて対戦。スクリュー・ドライバーによってこめかみを貫き、
植物人間にする。後にこの出来事がラーメンマンにとって大きなトラウマとなる。
キン肉マン(キン肉スグル)
…第21回超人オリンピックにて対戦。結果敗北するものの、彼とのファイトを通して、
ウォーズマンは正義超人に目覚めることになる。
マンモスマン
…Ⅱ世“究極のタッグ編”にてタッグチーム「ヘルズ・ベアーズ」を結成するが…

関連項目


余談

花粉症の時期にはマスクが欠かせない。そんな中、リアルウォーズマンが出演するCMが制作された。この会社は前例として、リアルロビンマスクも起用してのCMを放送した経歴を持っている為、ある意味でも本気を見せてくれるであろう。

詳しくは、以下のリンクを参照していただきたい。
株式会社アラクス内の特設サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーズマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1507875

コメント