ピクシブ百科事典

保食神(ウケモチ)とは日本神話に登場する食べ物の

解説

海を見れば海の幸、山を見れば山の幸、野を見れば野の幸を
口から吐き出すことが出来る能力を持つ。

ウケモチ (日本)

「ゲロゲロゲロ~♪」

が、月読ツクヨミ)にこれをしてもてなしたところ、
「汚らしい!!」と言われて切り捨てられてしまう・・・

切り捨てられ後、天熊人(アメノクマヒト)が生死の確認に来たが、
やはりウケモチは死んでいた。
しかし、ウケモチの死体からは牛馬、蚕、五穀等が生まれており、これを回収、
アマテラスに献上したところ人々が生きていくのに必要な糧だと喜んだという。
その功績より稲荷正一位の位を授けられ、食物の神となり、狐を遣いとすることを認められた。
お稲荷さんを奉る神社で狐の像があるのはそのため。
ちなみにツクヨミ同様性別不明だが、一般に女神とされる。
頭から馬を出したことから馬の神ともされる。
ツクヨミの唯一の神話の登場人物であるため、ある意味貴重である。



関連

日本神話 日本書紀 ハイヌウェレ オオゲツヒメ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウケモチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5495

コメント