ピクシブ百科事典

ウルティア・ミルコビッチ

うるてぃあみるこびっち

漫画、アニメ『FAIRY TAIL』の登場人物の一人
目次[非表示]

概要

CV - 沢城みゆき(ウルの中の人)

元「悪魔の心臓」の「煉獄の七眷属」のリーダー
グレイの師ウルの実娘。背中にギルドの紋章を持つ(当初は「悪魔の心臓」の紋章だったが、離脱後は大きな×印の傷を付けて消し、その上から「魔女の罪」の紋章を刻んでいる)。
幼い頃、母と別れて違法な魔法研究施設に入れられ、そのことから母を恨み続けている(同時に名前を「ウル」と略され母と同じように呼ばれることを嫌う)。
しかし実際には「時のアークで時間を巻き戻し、母を恨む前に戻りたい」という願望があり、それを叶えるために大魔法世界を望んでいた。

活躍

第1部

ウルって言ったらボール投げつける
ウルティアとメルディ


物語開始の8年前から「ゼレフ亡霊」に成りすましてジェラール洗脳し、彼が楽園の塔事件を起こすよう仕向けた。素性を隠してジークレイン(ジェラールの分身)の相棒となり、評議員に潜入する。この頃は白い着物を着用していた。
また、ジークと共謀しデリオラを復活させようと目論む零帝リオンに協力していたこともあった。この時は変身魔法で仮面の老人「ザルティ」に化けていたが、鼻の利くナツからは「女物の香水の匂い」と見透かされていた(そのせいでナツはウルティアの事を「美女に化けたジジイ」だと一時期勘違いしていた)。

楽園の塔事件後は評議院を壊滅させ「悪魔の心臓」に戻り、S級試験の隙を突き天狼島に攻め込む。ゼレフを自分だけのものにしようと企み、グレイを利用してハデス相打ちにさせようとしたが、見抜かれてしまいグレイと戦う。
ウルへの嫌悪から封じていた造形魔法も使って応戦するも「生物は時間操作できない」という弱点を突かれ凍り付いた血液でぶん殴られて吹っ飛ばされるが、戦闘中にに落ちたことで母の記憶に触れる。

実は彼女は、生まれながらに魔力を保有しすぎていたため、幼い頃は難病に苦しめられていたのだ。ウルは彼女の病気を治すために東奔西走し医者を尋ねたが、闇医者に騙され、彼女を悪行魔導士の下へと送ってしまう。ウルティアは悪人たちに人体実験を重ねられ、手にした力で彼らを滅ぼすことで施設から脱出したものの、母の下にはウルティアは死んだと伝えられていたのだ。
リオンとグレイ、二人の弟子に囲まれ笑顔を取り戻したウルの姿を見て、ウルティアの脳裏には嫉妬と憎悪が渦巻く。だが、彼女は知る由も無かったのだが、ウルはいつ何時とて娘の事を忘れたことなど無かったのだ。
大いなる海となった母に抱かれ、ウルティアは自分が確かに愛されていたことを知り涙した。

その後アズマに破壊された天狼樹を元に戻した後メルディと共に島を去る。その際にメルディに自分のした仕打ちを詫びて、ナイフを自らに突き立てて影腹を切った上で海に身を投げ自決しようとしたが、全てを許したメルディに救われる。

第2部

C.S.


自分が犯してきた過ちを償うため、フィオーレ本国帰還後すぐにジェラールを脱獄させ仲間に加え「魔女の罪」を立ち上げる。この時イメチェンなのかルージュを落としたため、より母に似た姿になっている。

7年後もジェラールやメルディと共に活躍するが、エクリプスにより現れた竜によって滅ぼされる世界を救うため、残り寿命の全てをかけて時間を戻す…も、1分戻っただけで命尽きる
しかしその勇気ある1分により反撃の嚆矢が放たれ、ナツ達の活躍により竜は元の時代に戻される。


全てが終わった後、ウルティアの死を悼むグレイだったが…。


その衝撃の幕引きに関しては、ぜひ皆様の目で確かめて頂きたい。

時のアーク

ウルティアの使用するロストマジック。簡単に言えば「非生物の時間を操作する魔法」
破壊した物を元通りにするなど朝飯前であり、武器として使う魔水晶の時間を加速させて全方向からぶつけることもできる。この能力故に造形魔導士とは相性が良く、一瞬で蒸発させたり崩落させたりすることで敵の攻撃を無効化できる。
非生物といっても操作できないのは動物細胞だけのようで、天狼樹は元に戻せているので植物なら操作できる可能性がある。


関連タグ

フェアリーテイル FAIRYTAIL FAIRY TAIL 
悪女 敵女 ダークヒロイン 
ハイレグレオタード 黒髪ロング 巨乳

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルティア・ミルコビッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76519

コメント