ピクシブ百科事典

ウルトラマンコスモス

うるとらまんこすもす

2001年~2002年に放送された特撮ドラマのタイトル。 また、その作品に登場したヒーローの名称。
目次[非表示]

「嘘じゃないさ、本当にウルトラマンに会ったんだって!」

キャラクターとしてのウルトラマンコスモス→コスモス(ウルトラマン)

概要

これまで一部例外を除いて倒すべき敵として描写されてきた怪獣との共存を目指しつつ、
邪悪な敵には敢然と立ち向かう新しいウルトラマン像を作り出すべく製作された新世紀初のウルトラマン。
優しさと強さを兼ね備えた勇者、というテーマを平成シリーズお馴染みのモードチェンジを使って効果的に描写。
「カタルシスがない」との既存のファンからの批判の一方で児童や親からは歓迎され、TVシリーズ1年強、劇場版3+α作を数える人気作となった。再編集番組であるウルトラマン列伝を除けばウルトラシリーズ最長の作品である。
また、ウルトラシリーズで初めて明確にウルトラマンと敵対している組織「地球防衛軍」が登場した(今までの平成シリーズとしてはガイア根源的破滅招来体を崇拝する集団がいたが我夢個人とは対立していない)。

物語

宇宙飛行士を夢見る少年・春野ムサシはある日、バルタン星人を追っている最中に
戦闘のショックで地球に墜落したウルトラマンコスモスと出会う。
彼を助けたムサシは、「ウルトラマンに会った」という言葉を疑われながらも、友人との衝突やチャイルドバルタンとの出会いを経験し、もう一度ウルトラマンと出逢う事になる。
大決戦の後、ムサシは「真の勇者」の証である輝石を授かり、夢を信じることを忘れないと、
またの日の再会を約束してコスモスを見送った。(劇場版第一作「FIRST CONTACT」)

しかし13歳の頃、宇宙船の事故をきっかけにSRCアストロノーツ養成学校が閉鎖。
コスモスと約束した「夢を信じる心」を無くしかけるも、コスモスと出逢った公園で
ギャシー星人のシャウに地球が異形生命体サンドロスと、その配下である怪獣兵器スコーピス
によって襲撃される「未来」を見せられる。もう一度コスモスと共に戦うという仮想体験を
したことで、ムサシは夢を信じる心を取り戻すのだった。
(THE BLUE PLANET(ムサシ13歳編))

そして現在、逞しく成長したムサシはSRC宇宙開発センターのパイロット候補生になって夢に邁進していた。
ところがある時、ムサシの親友である怪獣・リドリアスが謎の『光のウィルス』に取り憑かれ暴走してしまう。
リドリアスを元に戻そうと奮闘するムサシのもとに、あのウルトラマンコスモスが帰ってきた。
そしてムサシの勇気に感銘を受けたコスモスは彼と一体化し、共に地球を狙う光のウィルス――カオスヘッダーと戦うのであった。

登場人物

春野ムサシ
演:杉浦太陽
宇宙パイロットを目指す19歳。後にその勇気を買われて超常現象捜査チーム『TEAM EYES』に入隊することになる。
かつてバルタン星人との戦いの中で地球に墜落したコスモスと出会っており、
カオスヘッダーを追って再び地球を訪れたコスモスと一体化して共に地球を護る事になる。
どんな相手とでも共存しようとする強い意志を持ち、最終的にはカオスヘッダーとさえ和解することに成功した。

ヒウラハルミツ
演:嶋大輔
TEAM EYES隊長で、33歳。通称『キャップ』。漢字表記は『日浦晴光』。
自ら現場に出て豪胆かつ的確な判断を下す実力派で、隊員たちを時に厳しく、時に優しく導いていく。

ミズキシノブ
演:坂上香織
TEAM EYES副隊長の28歳。通称『リーダー』。漢字表記は『水木忍』。
元防衛軍教官で、前線での戦闘指揮は彼女の重要な役目。
普段はいたって冷静沈着だが、防衛軍時代の元上官に未だ仄かな思いを抱いているなど女性らしい一面も。

フブキケイスケ
演:市瀬秀和
防衛軍出身の隊員で、クールな二枚目の23歳。漢字表記は『風吹圭介』。
真逆の性格のムサシとは度々衝突する仲だが、
ヒウラの計らいで『春風コンビ』を組んでからはお互いを認め合うようになる。
当初はEYESの理念に疑念を抱いている面もあったが、戦いの中で自分の信念に目覚めていく。
劇場版第3作ではEYESの新隊長となり、若い新メンバーたちを導く良き兄貴分に成長した。

ドイガキコウジ
演:須藤公一
EYESのメカニック担当で、25歳。漢字表記は『土井垣浩次』。
巨体に似合わず小心者だが、ここぞの時の勇気は人一倍。
メカ・装備の開発の他、古文書の解読など専門外の解析任務もこなすオールマイティな科学者。
大学時代の友人・吉井ユカリとは何かと事件で関わり合うことが多く、その度に親交を深めていった。
最終的には彼女と婚約までするまさかの勝ち組
まぁ平成ウルトラのデブは基本恋愛が報われる傾向が強いのだが…

モリモトアヤノ
演:鈴木繭菓 、近内里緒(少女時代)
EYESのオペレーターで19歳。漢字表記は『森本綾乃』。
明るく元気で甘えん坊、ちょっぴり惚れっぽい今時の女の子だが、その一方で背伸びしたがる傾向も強い。
怪獣保護への熱意は人一倍で、中盤以降は前線に出ての活躍も多くなる。
終盤ではムサシへの好意からか彼を呼び捨てにするようになり、『サーガ』では、遊星ジュランに移住してムサシと結婚、ソラという息子を授かっていたことが判明する。

主演俳優逮捕騒動について

2002年6月8日の第49話放送後、主演の杉浦太陽が2000年の傷害・恐喝事件の容疑者として逮捕される事態が発生。
次週以降の放送が不可能になったため、急遽穴埋めに劇場版アニメ『ウルトラマンM78劇場 Love&Peace』、
最終回に至るエピソードをまとめた『特別編集編・前後編』、OV作品『ウルトラマンネオス』が放送された。
その後傷害については事件の一部が虚偽であったことが判明したため不起訴処分に、
恐喝についても起訴猶予処分となったため放送再開が可能となり、無事番組は最終回まで放送された。
ただし、放送休止分の5話は未放送となり、後に発売された映像ソフトに収録される運びとなった。(CSでの再放送では、未放送の分も全て放映されている。)

放送リスト

※50話、52話、54話、56話、58話は地上波未放映。

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1光との再会カオスリドリアスリドリアス、カオスヘッダー
2カオスヘッダーの影カオスゴルメデゴルメデ、リドリアス、カオスヘッダー
3飛べ!ムサシスピットル
4落ちてきたロボットイゴマス
5蛍の復讐カオスバグ、カオスヘッダー
6怪獣一本釣りモグルドン
7空からのプレゼントガモランミーニン
8乙女の眠りインキュラススモールインキュラス
9森の友だちヤマワラワ
10青銅の魔神ゲシュート
11動け! 怪獣ムードン
12生命(いのち)の輝きイフェメラ、地球防衛軍戦闘機
13時の娘(前編)ワロガガルバス
14時の娘(後編)ワロガ、ガルバス
15深海の死闘カオスジェルガジェルガ、カオスヘッダー
16飛ぶクジラカオスジラーク、カオスヘッダー、フライホエールジラーク
17異次元の罠ギギ(A、B、C)ギギ
18二人(にびと)山伝説 戀鬼(れんき)
19星の恋人アングリラミゲロン星人(レダ、レカ)
20ムサシの空ボルギルス
21テックブースター出動せよ(前編)カオスパラスタン、カオスヘッダー
22テックブースター出動せよ(後編)カオスパラスタン、カオスパラスタンS、カオスヘッダー、パラスタン
23ルナ対ルナゲルワームゲルワーム(M、P)
24ぬくもりの記憶グラガス
25異星の少女(ひと)グインジェスレイユ星人ラミア
26カオスを倒す力カオスヘッダー・イブリース
27地球生まれの宇宙怪獣ザランガベビーザランガ
28強さと力カオスエリガルエリガル、カオスヘッダー
29夢みる勇気カオスヘッダー・メビュート、リドリアス、カオスエリガル
30エクリプスカオスヘッダー・メビュート、リドリアス
31ゴンを救えカオスクレバーゴン、カオスヘッダー、クレバーゴン
32悪夢の実験ゴルメデβ、リドリアス、スピットル、モグルドン、ミーニン、イフェメラ、ジェルガ、ボルギルス
33怪獣狙撃手(ハンター)カオスネルドラントネルドラント、カオスヘッダー、地球防衛軍「ガルス」
34海神の怒りレイキュラ
35魔法の石ラグストーン
36妖怪の山マハゲノム、ヤマワラワ
37フブキ退任?!カオステールダステールダス、カオスヘッダー
38オヤジ星人ヘルズキングベリル星人
39邪悪の光カオスウルトラマン、カオスヘッダー
40邪悪の巨人カオスウルトラマン、カオスネルドラントⅡネルドラントⅡ
41緑の逃亡者サイドバクターエクステル・レイダーグリーンベルト星人プラテア
42ともだちカオスデルゴランソル、カオスヘッダー、デルゴラン
43操り怪獣ノワール星人テールダス・メカレーターネルドラント・メカレーター
44ギギVSゴンギギ(プログレス)ギギドクター、クレバーゴン、クレバーゴンジャイアント
45遊園地伝説ムゲラ
46奇跡の花キュリア星人アブトシア(宇宙の花)
47空の魔女ギリバネスギリバネス
48ワロガ逆襲ワロガ(2代目)、地球防衛軍「ベンガルズ」
49宇宙の雪アルケラスノースター
50怪獣密輸!?バデータ
51カオスの敵カオスマザルガスマザルガス、カオスヘッダー
52変身不能!?ザゲルコイシス星人ジュネ
53未来怪獣ラグストーン・メカレーターアラドス、ノワール星人(2代目)
54人間転送機タブリス
55最終テストガモランⅡ、ミーニン、ミトル(宇宙少女)
56かっぱの里かわのじ
57雪の扉グラルファン
58復讐の空ギラッガスギラッガスMギラッガスF
59最大の侵略カオスウルトラマン、カオスウルトラマンカラミティ
60カオス大戦カオスウルトラマンカラミティ
61禁断の兵器ヘルズキング改
62地球の悲鳴カオスウルトラマンカラミティ、カオスドルバドルバ、リドリアス、カオスヘッダー、地球防衛軍戦闘機
63カオス激襲カオスエリガルⅡエリガルⅡ、カオスヘッダー
64月面の決戦カオスウルトラマンカラミティ、カオスダークネス、ミーニン
65真の勇者カオスダークネス、リドリアス、モグルドン、ボルギルス、カオスヘッダー0

THE FIRST CONTACT
クレバーゴン
呑龍
バルタン星人ベーシカルバージョン
ネオバルタン
チャイルドバルタン
地球防衛軍「シャークス」

THE BLUE PLANET
パラスタン
ギャシー星人(ジーン シャウ)
レイジャ(レイジャJ / レイジャS)
スコーピス
サンドロス

THE FINAL BATTLE
グローカーマザー
グローカーボーン
グローカールーク
グローカービショップ
ギガエンドラ
デラシオン
チャイルドバルタン シルビィ
ギャシー星人(ジーン シャウ)
リドリアス
ゴルメデ
ボルギルス
呑龍
ミーニン

余談

エースとの共通点

同じく4番目のウルトラマンであるウルトラマンエースとは「光線技が豊富」、「人間に苦しめられた」という共通点がある。

怪獣との共存

「人類と怪獣との共存」というテーマは10年以上後に製作された『ウルトラマンX』へと受け継がれている。
現在のところエックスとコスモスの直接の共演は果たされていないが、将来的に実現することはあるだろうか。

ただ、『X』の14話では「怪獣と人類が共存する理想郷を実現させた戦士」としてヒカル大地にコスモスのことを教えるシーンがあるほか、『新ウルトラマン列伝』の最終回でも、ガモランとの戦いを振り返る前に、ゼロエックスに対して「この戦士の戦いはよく見ておいた方がいいぜ」と言い、エックスも戦いを見終わった後で、「彼の戦いは、私と大地も見習うべきものだった」と述べている。
これらのことから、エックスも現在では同じ理念を抱く戦士として、一応コスモスのことを知っているものと思われる。

また、これ以外にも『ギンガS』でウルトラマンと友好的な怪獣が登場したり、『オーブ』で人類と怪獣・宇宙人が交流するエピソードが盛り込まれていたりと、近年では「怪獣や宇宙人を一方的に悪と断罪せず、可能な限り人間との協調・共存を模索しようとする」という作風のエピソードが数多くみられるようになってきている。
もちろん、『コスモス』以前にも初代ウルトラマンの怪獣墓場を始めこうしたエピソードは散見されていたし(コスモスのこのテーマもティガから始まり前作ガイアで出た答えをさらに発展させたものである)、時代の流れや価値観の変容なども考えられるため一概には言えないものの、『コスモス』の作風は、後の平成作品にも大なり小なり影響を及ぼしたことが考えられる。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラマンコスモス(キャラクター)
ウルトラマンガイア ウルトラマンネクサス ウルトラマンサーガ
地球防衛軍(ウルトラマンコスモス) EYES(ウルトラマンコスモス)

関連外部リンク

ウルトラマンコスモス - Wikipedia
ウルトラマンコスモスとは - ニコニコ大百科
ウルトラマンコスモス - アンサイクロペディア

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンコスモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335059

コメント