ピクシブ百科事典

ウルトラマンタロウ

うるとらまんたろう

タロウーーーーッ!!!
目次[非表示]

キャラクターとしてのウルトラマンタロウ→ウルトラマンタロウ(キャラクター)

概要

ウルトラシリーズ第6作目。ファイヤーマンジャンボーグA同様、円谷プロ創立10周年記念番組として製作された特撮テレビ番組。
「子供向け」を強く意識した作品で、防衛チームのムードや乗りもの、登場する怪獣はコミカルなものが多い。前作ウルトラマンAからの設定を膨らませ「ウルトラファミリー」を作りだし、後のシリーズをつなげる鍵となった。
テーマは「華麗にロマンを謳う空想怪奇シリーズ」である。

あらすじ

物語は、主人公・東光太郎(ひがし こうたろう)がボクシングの修行を終えて日本に帰国したところから幕を開ける。
港を襲った超獣オイルドリンカーを追い払うことに成功した光太郎だったが、彼の持ち帰ったチグリスフラワーの球根から怪獣アストロモンスが誕生する。宇宙科学警備隊ZATへ入隊した光太郎は、小型戦闘機スーパースワローに搭乗してアストロモンスに勇敢に立ち向かうが、アストロモンスの攻撃を受けて墜落してしまった。
しかしそのとき、ウルトラ5兄弟が現れて光太郎を爆発の炎の中から救出すると、その身体をウルトラの国へと運び、そこでウルトラの母よりウルトラの命を授けられた光太郎はウルトラ6番目の弟・ウルトラマンタロウとなって復活した。
地球へ帰還した東光太郎は、ウルトラマンタロウの力に対して一切疑問を抱かずに、同棲している白鳥姉弟や、ZATの仲間たちとの絆に支えられながら、地球を守り抜いていく。

登場人物

東光太郎/ウルトラマンタロウ
本作の主人公。
*当該記事を参照。

朝比奈勇太郎
荒垣修平
二谷一美
北島哲也
南原忠男
西田次郎
上野孝
森山いずみ
*以上はZATの項目を参照。

白鳥さおり(演:あさかまゆみ
白鳥船長の長女にして、19歳の女子大生。弟の健一や居候の光太郎と3人で暮らし、母が既に他界しているため、家事をしっかり切り盛りする女性。ソフトボール経験があり、運動神経が良い。
光太郎に深い想いを寄せているが、光太郎が他の女性といることに対してやきもちを焼いたり、森山隊員に対してライバル心を抱いたりしたことがなく、第11話では自身が大学のサークルで、光太郎も当直で家を空けた際、森山隊員が白鳥家に泊り込むことを承諾していたことから、森山隊員との仲も良好と思われる。

白鳥健一(演:斎藤信也)
白鳥船長の長男にして、さおりの弟でもある、明朗快活で勇敢な小学5年生。
光太郎とタロウに憧れ、光太郎を兄のように慕っており、第28話では光太郎に頼まれて再生エレキング捜索に協力している。光太郎との繋がりでZATの隊員たちとも親交がある。

緑のおばさん/ウルトラの母(演:ペギー葉山
ご存じタロウの母親。
本編では緑のおばさんに扮してタロウを見守っていた。

余談

  • 東光太郎を演じた篠田三郎は、ほかの昭和ウルトラシリーズの主演俳優とは違い、のちのウルトラシリーズには一切出演していない(平成ウルトラ映画で東光太郎役での出演を依頼された時、「東光太郎は自分の中での青春の良き思い出として取っておきたい」と言って辞退したとの事。ただしウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟の時はスケジュールの都合で出演出来なかった)。その為、劇場映画「ウルトラマン物語」でタロウの声をあてた石丸博也が、タロウの声を担当している(但し、ゲーム等ではライブラリにあった篠田三郎の声を使用している)。
  • 一方で篠田氏は、特撮誌などのインタビューでは「初主演作品という喜びは大きかったし、今見ても本当に嬉しそうに演じている」「タロウは自分にとって財産」「一年間主役をやれるから嬉しかった」と当時の様子を語っており、撮影当時の裏話などをいくつも紹介している。その上、近年の雑誌や番組でウルトラバッジを持って変身ポーズを披露したことが何度もある。その為、決して“黒歴史”としてネガティブに封印している様子は窺えない。後の客演を控えているのは“事務所の方針”と推定する向きもあるが、好意的に解釈すれば、篠田氏自身とともに、ファンの「良き思い出」を大事にとっておきたい、との配慮なのかも知れない。
  • コメディ色の強い作風で知られるタロウであるが、社会風刺的な要素、あるいは「血を吸う花は少女の精」、「赤い靴はいてた・・・」など、視聴者にトラウマを植え付けたエピソードも少なくはない。


放送リストと登場する怪獣、宇宙人

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1「ウルトラの母は太陽のように」オイル超獣オイルドリンカー、吸血植物チグリスフラワー、宇宙大怪獣アストロモンス
2「その時 ウルトラの母は」液体大怪獣コスモリキッド、再生怪獣ライブキング
3「ウルトラの母はいつまでも」コスモリキッド、ライブキング
4「大海亀怪獣 東京を襲う!」大亀怪獣キングトータス、大亀怪獣クイントータス
5「親星子星一番星」キングトータス、クイントータス、大亀怪獣ミニトータス
6「宝石は怪獣の餌だ!」なめくじ怪獣ジレンマ
7「天国と地獄 島が動いた!」大ガニ怪獣ガンザ、大ダコ怪獣タガール
8「人喰い沼の人魂」大蛙怪獣トンダイル
9「東京の崩れる日」大羽蟻怪獣アリンドウ
10「牙の十字架は怪獣の墓場だ!」海象怪獣デッパラス再生デッパラス
11「血を吸う花は少女の精」蔦怪獣バサラ
12「怪獣ひとり旅」噴煙怪獣ボルケラー
13「怪獣の虫歯が痛い!」虫歯怪獣シェルター
14「タロウの首がすっ飛んだ!」えんま怪獣エンマーゴ
15「青い狐火の少女」狐火怪獣ミエゴン
16「怪獣の笛がなる」笛吹き怪獣オカリヤン
17「2大怪獣タロウに迫る!」火山怪鳥バードン、食葉怪獣ケムジラ
18「ゾフィが死んだ! タロウも死んだ!」バードン、ケムジラ
19「ウルトラの母 愛の奇跡!」バードン
20「びっくり! 怪獣が降ってきた」鳥怪獣フライングライドロン(親・子)
21「東京ニュータウン沈没」蝉怪獣キングゼミラ
22「子連れ怪獣の怒り!」カンガルー怪獣パンドラ、カンガルー怪獣チンペ
23「やさしい怪獣お父さん!」しんきろう怪獣ロードラ
24「これがウルトラの国だ!」宇宙大怪獣ムルロア、宇宙蛾スペースモス
25「燃えろ! ウルトラ6兄弟」ムルロア、スペースモス、暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人(シルエット)、宇宙犬ラビドッグ
26「僕にも怪獣は退治できる!」百足怪獣ムカデンダー
27「出た! メフィラス星人だ!」悪質宇宙人メフィラス星人(2代目)、怪草マンダリン草
28「怪獣エレキング 満月に吼える!」月光怪獣再生エレキング(改造エレキング)
29「ベムスター復活! タロウ絶体絶命!」異次元超人改造巨大ヤプール、宇宙怪獣改造ベムスター
30「逆襲! 怪獣軍団」改造巨大ヤプール、改造ベムスター、さぼてん超獣改造サボテンダー、ミサイル超獣改造ベロクロン二世
31「あぶない! 嘘つき毒きのこ」きのこ怪獣マシュラキノコ人間
32「木枯し怪獣! 風の又三郎」木枯し怪獣グロン
33「ウルトラの国 大爆発5秒前!」極悪宇宙人テンペラー星人
34「ウルトラ6兄弟最後の日!」テンペラー星人
35「必殺! タロウ怒りの一撃!」目つぶし星人カタン星人
36「ひきょうもの! 花嫁は泣いた」ねこ舌星人グロスト
37「怪獣よ 故郷へ帰れ!」逃亡怪獣ヘルツ、醜悪星人メドゥーサ星人
38「ウルトラのクリスマスツリー」エフェクト宇宙人ミラクル星人、緑色宇宙人テロリスト星人
39「ウルトラ父子(おやこ)餅つき大作戦!」うす怪獣モチロン
40「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」暴君怪獣タイラント
41「母の願い 真冬の桜吹雪!」らくがき怪獣ゴンゴロス
42「幻の母は怪獣使い!」おうむ怪獣エレジアアンドロイド聖子
43「怪獣を塩漬にしろ!」食いしん坊怪獣モットクレロン
44「あっ! タロウが食べられる!」鬼面宇宙人きさらぎ星人、きさらぎ星人オニバンバ
45「日本の童謡から 赤い靴はいてた…」凶悪宇宙人ドルズ星人、うろこ怪獣メモール
46「日本の童謡から 白い兎は悪い奴!」わんぱく宇宙人ピッコロ
47「日本の童謡から 怪獣大将」冬眠怪獣ゲラン、宇宙怪獣ゴルゴザウルス二世
48「日本の童謡から 怪獣ひなまつり」よっぱらい怪獣ベロン、宇宙少年ファイル星人
49「歌え! 怪獣ビッグマッチ」歌好き怪獣オルフィ、宇宙怪人カーン星人
50「怪獣サインはV」球好き怪獣ガラキング
51「ウルトラの父と花嫁が来た!」不死身怪獣リンドン
52「ウルトラの命を盗め!」泥棒怪獣ドロボン
53「さらばタロウよ! ウルトラの母よ! 」宇宙海人バルキー星人、海獣サメクジラ


その他の媒体に登場する怪獣たち
ウェルズの想像したような宇宙人
(『月刊マンガ少年別冊 すばらしき特撮映像の世界』)
幻強怪獣フォルティシア
妖精少女セーナ
(公式外伝漫画『COMIC'S★ウルトラ大全集 ウルトラマンタロウ-悲しみの妖精少女-』)
※ボツシナリオで漫画などでメディア化されたものや公式外伝に登場するオリジナル怪獣のみを掲載。

ネタ

末っ子設定

格闘・光線・超能力など全てにおいてバランス良く強い天才型であるが、番組ではそのせいで調子に乗りやすいキャラである。基本の「6兄弟」(ゾフィー、マン、セブン、ジャック、A、タロウ)の中で末っ子ということからか、甘えることが上手く結構ちゃっかりとしたいい性格をしている。そもそも生まれからして光の国のトップの夫婦の子という、生まれついての勝ち組っぷりが目立つ。(なので次シリーズとの落差が……)

良くも悪くも育ちのいい坊ちゃん(一人称も基本「僕」、平成から「私」、時に「俺」)なので、結構破天荒だったり常識的だったりする。彼の行動で騒ぎになることもしばしば……というか初回のアストロモンスを始めいくつかの怪獣は彼のせいで暴走している
そんなこんなで「わがままな末っ子」イメージがなかなか抜けなかった彼であるが、平成に入って後輩が次々と登場し、自らを教官と呼ぶメビウスが出て以降は、比較的落ち着きのある性格になり、メビウスを叱咤激励したり、力を失い別の地球に流れ着いた際には、戦えない自分の代わりに主人公たちを導く司令官的役割を果たすなど、年長者としての風格を見せるようになってきている。

やりたい放題

四月馬鹿では松岡修造を彷彿とさせる熱血(?)キャラ。あずにゃんを心から愛している。体系が6兄弟の中でも一番背が高くすらっとしているため、一般人からもガチの人からも好かれているようだ。そのスタイルの良さは5男と並べると悲しくなるほど……。現在居候中のウルトラマンダイナを弟扱いしてかわいがっている。

ウルトラ一般市民

当作品は歴代ウルトラシリーズの中でも一般市民が基本、豪胆かつパワフルな性格と頑丈すぎる身体の持ち主なのが特徴で、何を血迷ったのか、生身で怪獣に突撃していくのがザラである
基本的にウルトラシリーズにおいて、怪獣や巨大化した宇宙人相手に、戦闘機や戦闘車両を用いずに白兵戦を挑むのは珍しくもないが、防衛チームの場合はそれなりの携行火器で武装し、距離を取って射撃戦を仕掛けるのがセオリーである。

しかしタロウに登場する地球人達は、主人公の東光太郎を筆頭に怪獣側からすれば、文字通り“蚊に刺された”程度のダメージにしかならないような(怪獣側から見れば)貧弱な装備で怪獣相手に無謀に特攻する形で戦いを挑むのである
中でも槍系統の武器の使用率が高く、竹槍は2回、薙刀1回、直槍1回、棒1回、傘1回、三角定規1回という有様である。
さらには第47話では、もったいないことに日本刀を画鋲のようにして刺突武器として使用した者までいた。どれだけ刺すのが好きやねん
余談だがこれを次のシリーズで実行すると即座に三枚におろされるか溶かされるかして殺害されるだろう。瞬時に。まさに『タロウ時空』とでもいうべき摩訶不思議な世界観である。

もちろん怪獣相手には殆ど効果が無く、挑みにかかった勇敢(もとい命知らず)な挑戦者達はことごとく痛い目を見たり、危険な目に遭うのがセオリーだが、東光太郎はアストロモンスに噛み付いてダメージを与えたり竹槍でロードラの目を潰したりしているし、海野先生改造ベムスターの両目をナイフで破壊したり、稀に戦果を挙げているから困る。
更に恐ろしいのが、彼らはどんな目にあっても基本「いってぇ~」で済ましたり、10万度の炎で火炙りにされながらも最終的に生還するところなどを見ると、防御力もおかしい。声を大にして言おう。お前ら人間じゃねぇ!!

だが、少なくとも無害な宇宙人を一方的な偏見で迫害した末に殺害する血も涙もない一般市民や、ウルトラマンに守ってもらう立場にありながら、ウルトラマンが防衛チームを人質にされて戦えない状態になると「防衛チームなんて見捨てろ」という趣旨の罵声を浴びせて、責め立てるような、自分達は何もしないで身勝手な意見を述べるだけの一般市民に比べると、微力でも自分自身の力で地球を守ろうという誠意を見せているだけ、よほど善良な存在である事には間違いない。

関連イラスト

ウルトラの母は太陽のように
教え子の危機に駆けつける教官



関連イベント


関連タグ

ウルトラシリーズ 宇宙警備隊 京楽 ウルトラマン物語
ウルトラの父 ウルトラの母 ウルトラセブン ウルトラマンメビウス
ウルトラマンAウルトラマンタロウウルトラマンレオ

関連外部リンク

ウルトラマンタロウ - Wikipedia
ウルトラマンタロウとは - ニコニコ大百科
ウルトラマンタロウ - アンサイクロペディア

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンタロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1349370

コメント