ピクシブ百科事典

エドワード・ジェラルダイン

えっじ

エドワード・ジェラルダイン(Edward Geraldine)とは、RPG『ファイナルファンタジー4』及びその続編『FF4TA』に登場する人物。通称エッジ(Edge)。
目次[非表示]

概要

RPG『FF4』及び続編の『FF4TA』に登場する人物。男性。
両親も含め、周囲から愛称のエッジ(以下、本項でもエッジと表記)で呼ばれている。

このpixivでもほとんどの絵にエッジタグのみが付いているが被りが多いため、「FF4」などと合わせて検索した方がよい

プロフィール(FF4当時)

名前エドワード・ジェラルダイン(Edward Geraldine)
職業ニンジャ(忍者)
出身エブラーナ国
年齢26歳
身長175cm
体重51kg
ききうでりょうて
CV石丸博也

経歴

FF4

エブラーナ国の第一王子。家臣からは「若様」と呼ばれていた。
ジョブは忍術を得意とするニンジャ忍者)。

最終メンバーの一人で、登場時に26歳とパーティー最年長。しかし性格はかなり情熱的で喧嘩っ早く、お調子者な人物。また好奇心旺盛。
エブラーナの民曰く「口は悪いがお優しい」「熱くなると見境がなくなる」とのこと。

ゴルベーザ四天王の一人・炎のルビカンテによって滅ぼされてしまい、両親も殺された彼は復讐心を燃やし、ルビカンテに挑むも無残な返り討ちに遭う。瀕死の状態でセシルたちと邂逅し、そこにいたリディアの涙によって仲間となることを決意する。
(同時に、ピュアな心を持った彼女にぞっこん惚れ込んでしまった。)

FF4TA

10数年後の世界ではエブラーナ国の王となり、自国の復興を果たした。それだけでなく、プライベートでリディアの生まれ故郷であるミストの村復興にも協力している。エブラーナでは「御館様」と呼ばれており、ゲッコウ以下4人の有能な部下に恵まれ、人民の信望も厚いなどかなりの人格者となった模様。

性格も無鉄砲だった前作と較べ、より命を重んじるようになり、言動にも慎重さを増している。その一方で、昔ながらの喧嘩っ早さや情熱的な部分など相変わらずなところも。そして10年以上もリディアを追い求めており、もはやそれが生き様ともなっている。とはいえ、ほぼ相手にされていなかった前作と比較すると強固な信頼関係が芽生えており、色々とフラグも立っている(後述)。

また、かつて自分を圧倒的な力で打ち負かしたルビカンテに対する並々ならぬ強いライバル意識も変わっておらず、真月ではルビカンテとタイマンでの勝負を持ちかける(拒否することも可能)。ルビカンテ側もエッジの強さを認める発言をするが、倒したときの彼の一言は、ルビカンテの強さに自分は追いついていないという、強いライバル意識を支えるにふさわしい冷静で謙虚なものだった。

忍術が増え、体力や知性が強化されるなど性能が大幅にアップし、屈指の強キャラとなった。

戦闘スタイル

武器は刀や短剣、円月輪などバリエーション豊富で、両利きであるため2本装備が可能。
オリジナルコマンドは「なげる」「ぬすむ」「にんじゅつ」。
二回攻撃や忍術による属性付加の全体攻撃など、攻撃面に特化している反面、防御性能は紙であり、加入当時は死亡頻度が高い。

容姿

セシル、カイン、ギルバート(更にパロム、ヤンも?)と長髪男性が多い当作品の中で、ただ一人の短髪キャラであり、爽やかな印象を与える二枚目である。髪色は銀。また、普段から口元にマスクを被っているため、後編も含めて素顔を見せたことは一度もない。SFC版におけるドット絵では、覆面を被っていたが、青髯を思わせるマスクのデザインが一部に不評であった。衣装は帷子だけで、割と露出が高い。そして、プロフィールからも分かるように、かなりの痩せ体型。しかしながら、身体はがっしりしており、ガリ(そっちの意味ではない)ではない。

FF4TAでは右目部分に傷痕ができている(眼はちゃんと見えている)が、その経緯についてはとくに言及されていない。マスクは相変わらずだが、頭巾の代わりに鉢巻きを巻いており、ドット絵でも髪が描かれている。また、首には何やら意味深な柄のマントを纏っているのも特徴。また、服装は忍装束となっており、リディアとは対照的に露出はめっきり減ってより落ち着いた格好となった。

リディアとの関係

エッジを語るときに欠かせないのがリディアの存在である。エッジにとって、リディアは永遠の思い人であり、TAエンディングの時点でもまだ結ばれてはいない。まして、FF4前作の時点では、リディアはむしろセシルに憧れを抱いているので、エッジは完全な鮑の片想い状態であった。

それにも関わらず、当時から一部ファンの間ではエッジとリディアのカップリングが流行っていた(通称、エジリディ)。一方で、リディアはFF屈指のアイドルとして熱狂的なファンが多く、それだけに、リディアに付きまとうエッジが目の敵にされていた部分もあり、長年続いた某掲示板のリディアスレでエッジの話題はNGだったほどである(これはお前にはやらんというファン心理だけでなく、本来はセシルが好きなのに、エッジ相手はおかしいという理由もあった)。

あれから17年の時を経て続編が出たことで、二人の進展が明らかになった。結論を言うと、まだ結ばれた訳ではない。しかし、ゲームをプレイしたら分かるように、前作とは比較にならないほど、二人の信頼、絆が強固になっており、リディア自身もエッジに関心を抱いている描写が多々見受けられる(注1)。

インタールードの時点から、他の者が誰も見破れなかったリディアの偽者をエッジだけが一発で見破ったり(EDでは二人が仲良く向き合っており、これも前作ではなかったものである)、エッジがお忍びでミストを訪ねてたり、そうかと思えばリディアもエブラーナを訪れていたり、イフリートを一人で倒そうと意気込むエッジに対し、リディア一人で後を追ってきたり、幻獣が世界中で暴れ回っていることを知って落ち込むリディアをエッジが励ましたりしている。また、EDではリディアが、目前にエッジが現れてからずっと視線を送ったり、クオレの存在がそんな二人を取り持ついわば親子のような関係で書かれたり、リディアの育ての親ながら距離を置いていた幻獣王・王妃をエッジが説得して仲を取り持っていたりしている辺りなどからも、フラグと呼べる描写が際立っている。

決定打は公式小説の存在で、リディア自身が「彼(エッジ)がいたから人間界で暮らす決意をした」と幻獣王に発言している。その前に、アスラに「好きな人はいないのか」と訊かれてから、エッジを異性として意識し始める描写もあり、その問い掛けに対する答えがこれである。また、リディアによる「私を守ってくれるって言ったじゃない」という告白とも受け取れるような発言もある(注2)。

つまり、ファンの妄想から始まった二人の関係は、公式(スクエニ)によって両想いの関係、すなわちカップルと認められたとも言えるだろう(注3)。

脚注

  1. だが、ゲーム本編をプレイしているだけではどっちとも受け取れた。更に失恋を思わせるバンド技、ブロークンハート(結局、リディアのツンデレ技といえるのだが)の存在や終章後半において、エッジがヤンに世継ぎのことを訊かれて「夢見る歳でもない」となかば諦観した受け答えをするなどしていたためである。
  2. この発言は小説版FF4によるエッジの発言「お前を守る」に呼応しているものである。
  3. 但し、例の坂口博信プロデューサーによる「リディアの年齢は、女性が一番綺麗なのが20なのでそれぐらい」発言には続きがあり、「エッジの年齢が26なので…」と男女関係を意識したコメントをしているため、一概に非公認とは言い切れない部分もあった。

その他

  1. 北米版ではギルバートの名がエドワードに変更されている為、パーティキャラクターに二人「エドワード」が存在する事態に。
  2. DS版の声優は石丸博也氏。なんと氏が66歳の時に演じられている。


関連イラスト


エブラーナ。



関連タグ

FF4 ファイナルファンタジー4
他の最終メンバー:セシル・ハーヴィ ローザ・ファレル カイン・ハイウインド リディアエジリディ
FF4TAでの部下たち:ゲッコウ イザヨイ ザンゲツ ツキノワ
宿敵:ルビカンテ

外部リンク

FF用語辞典内【エッジ】/FF4

pixivに投稿された作品 pixivで「エドワード・ジェラルダイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24403

コメント