ピクシブ百科事典

エビルエスターク

えびるえすたーく

エビルエスタークとは『ドラゴンクエスト』シリーズのモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト7』。腹部に顔があり、両手に剣を持った紫色のマシン系のモンスター。恐らくエスタークをモチーフにしたと思われる。
他のモンスターとは組まず一度に2匹までしか登場しない。
イオナズン」や「こごえる吹雪」といった全体にダメージを与える攻撃を始め、「いてつくはどう」や「あやしいきり」といった妨害系の技も使ってくる。
また攻撃力も隠しダンジョンで登場するモンスターだけあって非常に高く、痛恨の一撃を受けるとひとたまりもないダメージを喰らう。

エビルエスターク系のモンスター

デスマシーン
ドラクエ7に登場するボス。最強のからくり兵で、マシンマスターの最後の切り札。
火の息」と「もろば斬り」で攻撃し、「まぶしい光」と「マジックバリア」で補助する。
序盤の最後に登場するボスだけあって攻撃力と防御力はかなり高めだが、このモンスターの本来の強さよりもデスマシーンを倒した直後にゲームがフリーズする事の方がある意味ではプレイヤーのトラウマとなっている
また複雑な構造のため量産不可能のはずなのだが、DQMトルネコの大冒険3では普通に出現する。こんなの絶対おかしいよ
しかも名前に「マシーン」が付いているにも関わらず、トルネコ3では何故か「悪魔系」に属する(エビルエスターク、こうてつまじんも同様)。どういうことなの・・・

こうてつまじん
一部のダンジョンでしか登場しないうえに、たまにしか登場しないレアなモンスター。
「いてつくはどう」・「かえんの息」・「スカラ」に加え、只でさえ攻撃力が高いにも関わらず痛恨の一撃を使ってくる。「モンスターパーク」でのセリフは、語尾に「ござる」をつけている。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ デスマシーン

コメント