ピクシブ百科事典

エメラルダス

えめらるだす

エメラルダスとは、松本零士の漫画に登場する主要キャラクターの一人。
目次[非表示]

松本零士のマンガ『クイーン・エメラルダス』の主人公。一匹狼の女宇宙海賊
及び、エメラルダスの初登場作品名。

人物像

元々は短編読み切り『エメラルダス』において主人公である女だけの海賊船の船長として登場し、その後連載漫画『クイーン・エメラルダス』において仲間や部下を持たない一匹狼の女宇宙海賊として設定され直し、キャラクターの基本形が形作られた。
その後、昭和版TVアニメ『宇宙海賊キャプテンハーロック』において、主人公キャプテンハーロックの親友トチローの恋人にして、その遺児大山マユの現在生死不明な母親として設定された。
ただし、この時の名称は現在のエメラルダスでは無く「エメラーダ」であった。
原作者の松本零士が、大山マユの存在に否定的であった事から、一度はそのまま消えるかとも思われたが、後に、「大山トチローの恋人にして、その死を認めず宇宙を放浪している」という設定のみ引き継ぐ形で漫画版『宇宙海賊キャプテンハーロック』にも、漫画『クイーン・エメラルダス』版の宇宙戦艦「クイーン・エメラルダス号」を駆る一匹狼の宇宙海賊という設定と共に登場、さらに「メーテルのライバル」という設定を追加して『銀河鉄道999』のゲストキャラと成り、以後は松本零士作品の代表キャラの一人として認知されるようになった。
その後、松本零士作スペースオペラの世界観統合の流れの中で、「女王プロメシュームの長女にしてメーテルの双子の姉」という設定も追加され、現在に至っている。
ちなみに、飛行船冒険モノの漫画である『エメラルダス』では、ハーロックやトチローの宿痾「水虫」に対抗とばかりに「重度の魚の目」を煩っているという設定があったが、現在も残っているかは不明。

登場作品

エメラルダス(「クイーン・エメラルダス」単行本に収録)
宇宙海賊キャプテンハーロック
クイーン・エメラルダス
銀河鉄道999
宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝

関連イラスト

QUEEN.EMERALDAS
クイーンに乗れ!


海賊エメラルダス
想いは永遠に



関連タグ

メーテル トチロー

pixivに投稿された作品 pixivで「エメラルダス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318981

コメント