ピクシブ百科事典

エリカ・フォンティーヌ

えりかふぉんてぃーぬ

エリカ・フォンティーヌとは、『サクラ大戦3』・『サクラ大戦物語∼ミステリアス巴里∼』のメインヒロイン。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1909年8月15日
身長156cm
血液型A型
出身地フランス
好きなものメロンプリン
嫌いなものトマト
特技マシンガン射撃
声優日高のり子


人物

巴里華撃団団員で修道院の見習いシスター
性格は明るく、元気で心清らかで信仰心もあつく、人々に奉仕することを喜びとするシスターの鑑のような少女。持前の霊力により、様々な奇跡を起こしてきた。しかし、看板によく頭をぶつける、草むしりのはずが木まで抜いてしまうなど、生まれついてのそそっかしさとドジ天然ボケにより、いつも周囲を困惑させてしまう。また、料理は嫌いではないが凄まじく下手で、炊き出しを手伝った際には「不幸な人が更に不幸に」なってしまう。(無論本人は無自覚である)
上記の行動から一時は教会から破門にされかけた事も。

別名破壊神エリカ

茶髪で、常に赤い修道服を着ている。
趣味は聖書の朗読と神への祈り、人助け。そしてマシンガン射撃。スカートの下には常にマシンガン(実際には機関短銃)2丁を隠し持っている(マシンガンの名は「ラファエル」と「ガブリエル」)。このため、監獄を訪問した際に凶器準備罪で現行犯逮捕されるのがお約束。

夜になるとシャノワールで「黒猫のワルツ」という題目で踊り子として活躍。しかし、生来のドジで舞台を台無しにするが、来ている客はエリカのドジによるドタバタを期待しているようで盛り上がっていた。

朝にはマラカスタンバリンを持ち、おはようダンスを踊る。
OVA「エコール・ド・巴里」では、エリカが何故そのような行動に及んだかにつながるエピソードが公開されている(男女がベッドでする「楽しいこと」を聞かれた神父が困りながら、「それはダンスです」と苦し紛れに返答している。)

霊力を用いた治癒能力を持っている。
また、サクラ大戦3サクラ大戦4でのズバ抜けたドジと想像以上のお馬鹿な言動や行動から、アホの子エリカとして親しまれている。
そのアホの子っぷりは、帝国華撃団副隊長のマリア・タチバナでさえも手を焼くほどである。
ロベリア・カルリーニの天敵である。

生い立ち

実は捨て子であり、フォンティーヌ夫妻に養子として育てられたが、自分の霊力が絡んだ事故で養父母を怪我させてしまい、自分の霊力を恐れて自ら修道院に入ったという過去がある。

関連イラスト

乱レ咲ケ。
神さま、力を貸して!


エリカ
グランドレビュウ


エリカのおはボン
モバサクはじめました



関連タグ

サクラ大戦 サクラ大戦3 シスター アホの子

プロジェクトクロスゾーン<ジェミニ・サンライズとのペアユニットで登場。二作目では、大神と組む。>

pixivに投稿された作品 pixivで「エリカ・フォンティーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 470617

コメント