ピクシブ百科事典

エリーザベト

えりーざべと

『イドへ至る森へ至るイド』『Märchen』の登場人物。
目次[非表示]

エリーザベトとは、 SoundHorizonのアルバム『Märchen』及びマキシシングル『イドへ至る森へ至るイド』の登場人物 である。声優はJoelle。ファンの愛称はべト、ザベト、聖女など・・・(幼少期は子べト)

概要

本名はエリーザベト・フォン・ヴェッティン(Elisabeth von Wettin)
とある侯妃の娘で生まれてすぐに命を落としかけたが、森に住む賢女の手によって救われる。
しかしその後は表上で死んだとされているのかまたは彼女自身を案じてなのか外とは一切隔離された状態
いわゆる狭い鳥籠に入れられた鳥の様に育てられ、彼女の唯一の友達は人形のエリーゼだけだった。
(この時のエリーゼは人形というよりぬいぐるみに近い姿をしている。)
しかしある夜窓辺に現れた月光の様に優しく笑う少年と出会い、彼の手によって外の世界を知り
同時に彼に惹かれていくようになる…

しかし黒き死の影ペストが猛威を振るい始め彼とその母親は住処を追われてしまい、
エリーザベトは最後の別れにて「一緒に行けない自分の代わりに連れて行って欲しい」
友達のエリーゼを託し、必ず自分を迎えに来てと約束した。
しかし…

「森の賢女は、魔女として火刑台に送られ、後に私は、彼の死を知る…」

その後エリーザベトは大人になっても彼の事が忘れられず兄(父)の縁談をことごとく突っぱね続け、
しまいには教会の十字架に磔刑にされてしまった。
皮肉な事にその際屍揮者となったメルヒェンと出会ってしまうが
彼女は復讐よりも彼との再会を喜び、最後までその愛を貫いたのだった…

容姿

子供と大人共通して頭の上でまとめた金色の髪と碧の瞳に、白(または薄いクリーム色)のドレス。
また子供時代はリボンをしているが、大人になった彼女は白い羽根がモチーフの髪飾りをつけている。
(これは人形との対比、または彼女を現す『白い鳥』のオマージュと推測される)

関連イラスト

  幼少期                              大人

イドへ至る森へ至るイド
翼を亡くしたこの世界で



関連タグ

イドへ至る森へ至るイド Märchen メルツ エリーゼ メルヒェン メルエリ 月光と白い鳥
磔刑の聖女

pixivに投稿された作品 pixivで「エリーザベト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 876589

コメント