ピクシブ百科事典

エルルゥ

えるるぅ

エルルゥとは、Leafの『うたわれるもの』に登場するキャラクター。事実上のメインヒロイン。
目次[非表示]

CV.柚木涼香

概要

辺境の村ヤマユラに住む少女で、著名な薬師である祖母と妹と暮らしており既に両親は他界している。ある日、怪我をしたハクオロを助けたことから運命は一転する(後にこれは大きな誤りであることが判明する)。

自らも薬師を目指しており、祖母の死後は祖母が患者として診ていたユズハの治療を受け継いでいる。その実力は祖母にはさすがに及ばないものの、ユズハの病気をキチンと診ていたこと、各種薬(酔い覚ましから、解毒剤、戦場での敵の混乱を誘う毒薬まで)の調合などを見る限り、かなりの腕前と言える。トゥスクル建国後は皇となったハクオロの秘書官的存在として補佐し、公私にわたってなくてはならない存在となっている。

好色皇で周辺国にも知れ渡るハクオロに対するやきもち焼きが唯一の欠点とされるが、それ以外は多くの者から慕われるほどの人格者で人望も厚く、また怒らせると非常に怖いということでも知られ、トゥスクルの名だたる将や森の主ムティカパ、そしてハクオロも彼女には頭が上がらない。

胸が他のキャラに比べて小さいことに非常にコンプレックスを持っている(某中二病企業最強のあーぱー、金髪参謀医者、銀髪貴族、足から刃が生えたりする女学生、蜘蛛女など、比較的巨乳キャラを演じる事の多い中の人からするとこの配役は少々珍しい)。ムックルに胸を吸われた挙句に「可哀想」と言われたり、アルルゥから(遺伝的に胸が大きくなるのは)「ムリ」と言われるなど散々である。アルルゥ以外、さすがに面と向かってこれをからかう命知らずはいないが、他キャラの何気ない胸に関する台詞で傷つくのは日常茶飯らしい。

周囲からはハクオロの家族として皇族、時に皇妃のような扱いもされるが、実際はそうではなくあくまで家族であり、自身の本当の思いについては明かそうとしなかった(できなかった)。また彼女は髪の先で丸い輪を装飾品としてつけていたが、これにはあるいわくがあった。

エルルゥとハクオロのお互いに対する思いが最終的にストーリーにおいて大きな役割を果たすことになる。最終的に二人が結ばれたかどうかは解釈が分かれるところだろう。

偽りの仮面ではクオンの育ての親として僅かに存在をうかがわせるのみであったが、二人の白皇ではと共にうたわれるものをトゥスクル最奥にて待ち受ける。

ゲームのユニットとして

薬師という設定から、味方ユニットの中で唯一攻撃手段を持たず、代わりに他の味方ユニット1人を回復する能力を持つ。連撃や奥義も追加回復。ヒーラーとして縦横無尽に戦場を駆け回ることになる。

『うたわれるもの』ではエルルゥが唯一のHP回復手段(コンシューマ移植版以降は回復アイテムが追加されたが、エルルゥに比べると性能は低め)である。敵からの攻撃優先度が高く設定されていること、自身は回復できないことから、彼女の立ち位置や残HPには常に注意しなければならない。極論すれば彼女の戦線離脱=事実上のゲームオーバーという程の、ハクオロに次ぐ重要ユニットである。

なお他のユニットは攻撃して与えたダメージに比例した経験値が得られるが、エルルゥは回復したHPに応じて経験値を得ることになる。そのため自然にプレイしていてもエルルゥのレベルは上がりやすい。さらに、遠距離攻撃が登場しないステージで
1. エルルゥが絶対に攻撃を受けない陣形を組む
2. 味方は敵を倒さない程度に殴る、瀕死まで追い込んだらスキップ(敵のレベルが上がったら攻撃再開)
3. 敵に味方を攻撃させる
4. エルルゥが味方を回復する
と行動することでレベリングを行うこともできる。

終盤、トゥスクル軍メンバーの偽者が登場する。能力的にはそっくり似せているが、偽エルルゥは本物がしない通常攻撃をしてくる。エルルゥの攻撃モーションはここでのみ見られる。

関連項目

うたわれるもの ハクオロ アルルゥ
貧乳

pixivに投稿された作品 pixivで「エルルゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 683425

コメント