ピクシブ百科事典

エルンスト・ガーデルマン

えるんすとがーでるまん

ドイツの医師、軍医、爆撃機機銃手。 ハンス・ウルリッヒ・ルーデルの相棒として有名。  「シュトゥーカ・ドクトル」という異名を持つ。
目次[非表示]

エルンスト・ガーデルマン(Dr. med. Ernst Gadermann)は、ドイツの医師軍医爆撃機機銃手。

概要

 ドイツのヴッパータール出身。
 ハンス・ウルリッヒ・ルーデルの相棒として有名。
 「シュトゥーカ・ドクトル」という異名を持つ。
 左の頬に大きな古傷がある。

ルーデルの相棒

 ルーデルの相棒となった人物は合計5人おり、ガーデルマンはその中では4代目にあたる。
 ガーデルマンはルーデルの相棒の中でも特に付き合いが長く、ルーデルの相棒の中で最も有名である。そのため、「ルーデルの相棒」と言えば、だいたいガーデルマンの事をさす。

 ガーデルマンは第二次世界大戦にて、ドイツ空軍の軍医としてルーデルらの部隊に配属された。ルーデルとガーデルマンは趣味の一致から親友の間柄となり、よく一緒に訓練を受けたりしていた。
 ガーデルマンは、戦闘に際しては後部機銃手となった。機銃手としての高い技量に加え、医師として怪我の処置ができる事から、味方から絶大な信頼を受けていたとされる。

 一方ルーデルは爆撃機のパイロットだったが、何度も敵に囲まれたり、何度も敵地に墜落したりしても平然と基地に戻ってくる男だった。
 しかし、ルーデルの相棒たる後部機銃手はそうもいかず、ガーデルマンまでに後部機銃手を3代に渡って変えていた。
 そのルーデルが4人目の相棒に選んだのが親友のガーデルマンだった。
 ガーデルマンは、ルーデルとはぐれるまで1年弱に渡りルーデルの相棒を務めた。
 とにかく精神肉体ともに恐ろしく丈夫な男で、ただでさえ不死身のルーデルに、それに比肩する不死身の相棒が備わった後のルーデルの戦果は多くが知る所である。
 また、医師としてもルーデルを助けており、ルーデルの不死身伝説に大きく加担している人物である。

 戦後は医師としてミュンヘンオリンピックなどに携わった。

ガーデルマンの伝説

  • ルーデル共々撃墜されたあげく、撃墜の際に機体が空中で粉々になって体が投げ出され、ルーデルより遥か向こうに落ちた。即死でもおかしくない状況ながら、肋骨を三本折る重傷を負った程度で命に別状はなかった
    • 重傷を負い、なんとか陣地に戻って手当てを受けていたが、同じく重傷を負って戻って来たルーデルが「休養などはとっていられない。すぐに出撃だ!」などと言って彼を連れ出して再出撃という暴挙に出る。が、彼も彼でその後も平然と後部機銃手をこなす。
    ソ連軍エースパイロットのレフ・シェスタコフが搭乗する戦闘機を後部機銃で撃墜。
  • ルーデルが敵の対空砲によって右足を吹き飛ばされて意識を失いかけている上、機体の左翼が燃えている状況下、ルーデルに対して冷静に指示を出して不時着を成功させる
    • 不時着して炎上する機体からルーデルを引っ張り出し、応急処置を施してルーデルの命を救う



フィクションにおけるガーデルマン

ストライクウィッチーズ』にルーデルが元ネタのキャラクターが登場するが、その仲間に「アーデルハイド」なる、ガーデルマンが元ネタと思わしきキャラクターが登場する。

iM@s架空戦記シリーズの著名作にもルーデルと共に登場。このうちドイツ第三帝国を舞台とした『千早の第三帝国興亡記』では未来情報により、大戦勃発と同時にイキナリルーデルと組まされる。最新話の軍用機シミュレーションIL-2を使ったダイナミックなシーンは必見。

関連タグ

軍事 
空軍 
軍人
急降下爆撃機

pixivに投稿された作品 pixivで「エルンスト・ガーデルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26839

コメント