ピクシブ百科事典

エンテイ

えんてい

エンテイとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

唯一にして絶対の神、当然、アルセウスや真・唯一神ファイヤー様を自称するにらみつけるファイヤーとは比較にもならない程の存在であった。後輩に唯一王ブースターがいる。
そのファイヤーは「にらみつける」を完全に捨て去り、ブースターは黒歴史にしようと奮闘しているが、エンテイは現在でもその気になればすぐにでも鋭い眼光を向けることができる。

……という、上記のネタ的な意味での唯一神は実質第5世代までであり、現在は禁止級(とドーブル)以外で「せいなるほのお」を覚える唯一の存在である。
そのため、準伝説まで使用が可能な標準的な対戦ルールでは文字通り唯一の神(伝説ポケモン)である。

基礎データ

ずかんNo.244
英語名Entei
ぶんるいかざんポケモン
タイプほのお
たかさ2.1m
おもさ198.0kg
とくせいプレッシャー


容姿

エンテイ(ドット)
唯☆一☆神
唯一神


獅子のような風格を持つポケモン。全身は茶色の毛に覆われており、背中には噴煙を思わせるたてがみを持つ。また、体の各部に金属的な器官を持ち、特に口元のそれは形状と相まって口ひげのようにも見える。

概要

『ポケットモンスター 金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン。
名前の指す意味はおそらく「炎帝」。
古代中国における伝説の皇帝達、三皇五帝の一人、「神農(→wiki)」の別称、「炎帝」と関係があるのだろうか・・・?

マグマの情熱を宿した大地を駆け巡るポケモン。全てを焼き尽くすを吹き上げる。
火山の噴火から生まれたと考えられ、新しい火山ができるたびに生まれてくると伝わっている。
その為、火山と密接な関係にあると考えられて、エンテイが吠えると世界のどこかの火山が噴火すると云われている。

また逞しいポケモンでみなぎる力を押さえきれず道という道を、火山のマグマよりも熱い炎を噴き出しながら駆け巡る。

三犬というカテゴリーに分類されるが、そのメンバーの誰もが犬っぽくない(エンテイの場合、強いて言えば世界一お高い犬チベタン・マスティフセントバーナードなどか)。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではDX以降の作品に登場。モンスターボールから登場すると、「ほのおのうず」で相手を空中に拘束する。

性能

第6世代になるまで

銀幕にておデビューなされた

だが、それが長い受難の始まりでもあられた・・・。

捨てエンテイ


全体的に高い能力を持ちHP・こうげきが特に高く、ついですばやさが高いが、第6世代になるまで致命的なほど物理技のレパートリーが少なかった。
そもそも第3世代までほのお技は特殊扱いであり、肝心の物理技も登場時はノーマルタイプ技以外ほとんど覚えられなかった。
第3世代に登場した大技「オーバーヒート」を何故か第3世代でだけ覚えず、第4世代で登場した実質最強ほのお物理技である「フレアドライブ」を覚えない
代わりに第4世代になって覚えたのは同じほのおタイプに対抗できるストーンエッジ。違う、そうじゃない。
そんなエンテイが覚える最大威力のほのお物理技はほのおのキバ」(威力たったの65)。特殊の「だいもんじ」や不一致の「ストーンエッジ」や「アイアンテール」の方が威力が高いという始末であった。
また、第3世代で初めて登場した際は味方のバクーダの「じしん」で容赦なく殺されていた
そのため伝説のポケモンであるのに狙ったような不遇っぷりであったエンテイは、ネタ的な意味で「唯一神」と呼ばれ人気を集めた

ただ、13作目の映画の特別前売券にて手に入った色違いエンテイがフレアドライブ」を習得しており、5世代で技の優先度が上がったしんそくまでついてくるという、正に夢のようなエンテイであった。
しかし映画限定であることや、それ以上に別の選択肢に「ぜったいれいど」が使えるスイクンがいるという時点でそちらに人気を奪い去られてしまった。
似たような立場のポケモンを比べてみても、最高威力の「フレアドライブ」が放てる上にサブ技も充実しているヒヒダルマ、「フレアドライブ」「しんそく」に加え「いかく」も「インファイト」もあるウインディがどちらもすばやさのせいで中堅程度であり、サブに乏しいエンテイの評価もよくて中堅かそれ以下くらいであった。

通常エンテイはというと、まもる」+「みがわり」+「どくどく」or「めいそう」+「かえんほうしゃ」+「たべのこし」という時間稼ぎ戦法がこの頃に確立。
「すばやさ100の特性:プレッシャー持ち」「どくどくが無効のはがねタイプにほのお技を撃てる」という特徴から意外なほどエンテイとの相性が良く、ワンチャンスある程度には強いポケモンという評価が下されるようになった。

エンテイ様の嘆き
エンテイの憂鬱



第6世代において

時は変わり、ポケモンXY
バトルシャトレーヌルスワールのエンテイがなんとホウオウの専用技である「せいなるほのお」を使用してくることが判明。
エンテイの飛躍に期待を寄せるファンもいた反面、バトルシャトレーヌでは現在ではまだ手に入らない準伝説の夢特性個体を使用してくることもあり、どこぞのドラゴン使いのようにCPU限定技という推測もあった。

そして第5世代以前のポケモンが解禁されプレイヤー個体のエンテイも「せいなるほのお」の習得が可能なことが判明。苦節14年、ついにの専用技を賜るに至った。
この技の効果は威力100、ほのお物理、追加効果で5割やけどという、エンテイにこの上なくぴったりな性能を有する。
これにより、今まで苦手としていたバンギラスガブリアスと言った厨ポケの後出しを大きく牽制できる。
変化技が使えなくなる代わりにとくぼうが1.5倍になる「とつげきチョッキ」登場も追い風で、「せいなるほのお」でやけどを負わせて物理受け、特殊受け両方を兼ね備えることができるようなった。
やけどを負わないほのおタイプに対しては「ストーンエッジ」を打ち込めるため、ほのお単タイプとしてはトップクラスの性能と言われるまでに。
特に劇場版限定の個体は「しんそく」を使用できるため勝ち抜き性能としても申し分ない。
禁止級であるホウオウの固有技を使えるドーブル以外の唯一のポケモンであるため、上記のことも合わせてネタ的な意味を含まない唯一神と呼ばれるようになった。

エンテイ
エンテイ



最速を狙えない映画配布個体は、攻撃に努力値を振ってから仮想敵を定めてそれを上回るすばやさに調整し残りを耐久に振るのがベター。
いじっぱりの性格ゆえメジャーポケモンではフォルムチェンジした最速ロトム(すばやさ種族値86)を抜くのが限度であるため)
「しんそく」を持たない通常のエンテイの場合、ようき等の素早さの上昇する性格にし、100族最速を狙いたい。
やけどを負わせる「せいなるほのお」はもちろん、怯みの「アイアンヘッド」、ダブルバトル等で味方を補助できる「じならし」等、先制することで効果を発揮できる技を存分に活かせるようになり差別化ができるので、一概に映画配布個体>通常個体でないことも考慮したい。
また、時間稼ぎ戦法の場合長期戦を狙う都合上、PPの少ない「せいなるほのお」を採用することが必ずしもベストでなく、従来通り「かえんほうしゃ」などでも構わないことも追記しておく。

ORASでは配布エンテイが使えないので通常エンテイを使うしかないが、「しんそく」の没収が非常に痛手。今までファイアロー等に安定した役割が持てたが、その安定打を失ったのは痛い。
とはいえ、ニンフィアを受けられ、メガクチートやギルガルドに相性で強く、その他半減や1倍の特殊を「とつげきチョッキ」を持って余裕で相手出来る等、しっかりとした役割があるのは事実であり、依然強いポケモンであるのは変わりない。やや癖は強いが、使いこなせればその強力な能力を遺憾無く発揮出来る。今まで「しんそく」だった枠には「ニトロチャージ」が入り、これまでと異なり上から制圧していくスタイルが主流。

また、ネタ的な意味での唯一神の称号は返上したものの現在のエンテイの強さの半分以上は「せいなるほのお」によるものである。
加えてファイアローメタとして有力視されているヒードランに対しては、「せいなるほのお」が無力化されるだけでなく「ストーンエッジ」も1倍でしか通らない。
習得できるじめん技に「じならし」があるが、威力不足であるのに加えてヒードランがじめん技4倍であるが故「ふうせん」持ちもいるので、対抗手段としてはやや不十分であり、相性としては最悪。最近のヒードランはふうせんを持っていることが減ってきたが、相手の手持ちに存在する場合は十分注意したい。いっそのこと「マグマストーム」を覚えてしまえば良いのに

映画などでのイメージから、「かえんだん」や「れんごく」、「マジカルフレイム」、「ハイパーボイス」なども覚えそうではある。
だがどれも特殊技である為、これ以上の強化につながりそうにないのは残念なところ。

余談だが、カロスマーク以外の個体、特に「しんそく」エンテイが規制された原因の1つに同時期に配信された「ぜったいれいど」スイクンがあまりに前世代で暴れ過ぎたのが一因である可能性が高いのが何とも皮肉。両者とも対戦での役割が確立されている為、そこまで痛手ではないのが現状ではあるが。

ポケダン

救助隊

パッチールイベント関連の最初のボスとして登場。ダンジョンの難易度もさることながら、本人もそれなりに強い。
伝説のポケモンだけあって能力が高く、実力はかなりのものだが、部屋攻撃の「ねっぷう」を覚えるリザードンの存在もあり、なかなかパッとしない存在だった。
ちなみに少し仲間になりにくい為、難易度を考えると中々仲間にできないレアなポケモンだったりする。

探検隊

特定の道具を所持したときのみ出現する特別な徘徊ポケモンとして登場。
これまで範囲攻撃が「すいへいぎり」と「いあいぎり」しかなかったエンテイだが、タイプ一致の「ふんえん」を習得したことで強化された。かしこさもリーダー向けのDグループであり、リザードンとの差別化も果たした。…が、大きさが☆2になっているためメンバー構成に若干ながら支障をきたす。
なお、時・闇において上向きでふんえんを使うと「エンテー」と書かれたタイルに変化する。
では修正されたが流石唯一神、我々に新たなネタを提供してくださる。

冒険団

『炎の冒険団』のみ、クリア後に仲間にすることができる。

マグナゲート

あいにくの欠席。

シナリオで初めて対面する伝説のポケモンとして登場。その後も初めて主人公達が一時的な進化を行って戦ったり、見事なツンデレぶりを見せてくれたりと、非常にアツいシーンが多い。

クリア後に調査団ランクがある程度上がっていることが前提となるが、つぶやきを聞いて初対面した場所に向かえばバトルにもならずに仲間にできる(むしろゴキブロスのほうがお邪魔虫)。
教え技によりとうとう「ねっぷう」を習得できるようになった……のはよしとして、6世代で習得したせいなるほのお」が部屋攻撃、超威力、まずまずのPP、(部屋攻撃としては)破格の命中率というぶっ壊れ性能になっており、当然ステータスもトップクラス、欠点といえば強すぎるゆえに調査を渋りがちなことくらいしかない。
ねっぷう」なんて初めからいらなかった。ポケダンでも唯一神の異名は伊達ではない。「せいなるほのお」は偉大である。

劇場版での活躍

アニメ版の劇場映画第3作である『結晶塔の帝王ENTEI』に登場。
ただし、本物のエンテイではなくアンノーンが生み出した模造品
そのため人語を理解して駆使でき、通常のほのおタイプの技とは異なるピンク色の火炎やチャージ可能な火炎や火球弾、結晶を操る力などを駆使して戦う。また、渾身の力で発射する、蒼いはかいこうせん的なものも使用した。

本物が登場したのはそれから数年してからの『アドバンスジェネレーション』からであり、その時も特に前後編でもない普通の回だった。ただし、とんでもない威力の「かえんほうしゃ」をぶっぱなす、普通なら解くのが不可能な束縛を解除するなど、いちおう貫禄は見せている。

こんなとこまで唯一神だったとは・・・。

唯一神

上記にも書かれているが不遇さ加減でよくネタにされていたポケモンだった。
・第2世代ではそもそも高い攻撃を生かす方法がなかった
ウインディが取得できる高威力先制技であるしんそくもなかった
・第3世代で登場した「オーバーヒート」を覚えない数少ないほのおタイプだった。
・ほのおタイプに対して攻撃できる物理技のサブウェポンも相変わらずなかった
・第4世代で登場した「フレアドライブ」を覚えない数少ない物理ほのおタイプだった。
・第5世代まで劇場版で配布された個体以外は「ほのおのキバ」以上のほのお物理技を覚えなかった

今となっては全てが過去の話である。「フレアドライブ」を覚えて馬力面が改善されたブースターもそうだけれど、強くなれたのは良い事なんだよ。
でも引き換えに何かキャラクターとしては大切なものを失った気もするんだ。

それでも、「せいなるほのお」のおかげで御大のように畏怖される称号に昇格したのは間違いない。

関連イラスト

炎帝
エンテイ
唯一神
でーん
エンテイ×バンダースナッチ



関連タグ

ポケモン一覧 ほのおタイプ 伝説ポケモン
三犬 ホウオウ 唯一神 ポケモン
金銀 HGSS ミー せいなるほのお
ダキム…唯一神と呼ばれる原因を作った人物

炎帝(神農)

pixivに投稿された作品 pixivで「エンテイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 924123

コメント