ピクシブ百科事典

エンブオー

えんぶおー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

イッシュ図鑑No.006
全国図鑑No.500
英語名Emboar
ぶんるいおおひぶたポケモン
タイプほのお / かくとう
高さ1.6m
重さ150.0kg
とくせいもうか / すてみ(夢特性


進化

ポカブ → チャオブー → エンブオー

あいぼう



概要

ポカブの最終進化系。図鑑ナンバーの記念すべきNo.500はこのポケモンである。
チャオブーから更に逞しい体つきになり、いかめしい容貌に。
首周りが燃え盛り、耳の代わりに太い眉毛が逆立っている。
どうやら「中華」がコンセプトのデザインのようで、思わずゴウカザルの隣に並べてあげたくなる。沙悟浄はゴルダックラグラージルンパッパあたりだろうか。
イメージとしては三国志の武将をイメージしてデザインされた。

名前の由来は「演武」+「豚」+「閻魔大王」と推測されるが、結局とのところ「単に炎の豚王」の豚の「ブ」と「武」をかけているだけかもしれない。
英語名のEmboarEmbar(燃えさし)とBoar(イノシシ)の合成語だろう。

ゲームでの特徴

イッシュ地方ではほのおタイプが少ないこともあり、ストーリーを攻略する際は大活躍してくれる。
こうげき、HPが高く、自力で覚える「もろはのずつき」「フレアドライブ」や技マシンで覚える「ワイルドボルト」の反動もあまり気にせずに撃てる所も強み。
その反面、実戦では鈍足と低い耐久面と複合タイプの宿命である弱点の多さの相乗効果に祟られてゴウカザルバシャーモの陰に隠れがちである。
覚えられる技自体はゴウカザル並に多彩なので、「こだわりスカーフ」を持たせたり「トリックルーム」を使う等、遅ささえ何とかすれば十分な活躍が見込める。
技で補う場合は「ニトロチャージ」や「ローキック」を駆使するか、「アームハンマー」と「のろい」を使ってから「トリックルーム」を使うかだろう。
意外な事に技マシンでみずタイプの「ねっとう」を覚えられ、エンブオーは現時点で唯一「水タイプの技を覚えられるほのおタイプ」だったりする。攻撃力もバシャーモとゴウカザルより高い。

第6世代ではタマゴ技で「ふいうち」を習得し、他の2匹との更なる差別化に成功した。
一応3匹の中では一番先制技のダメージを狙える。
その一方でふいうちが一種のアイデンティティの奴が泣く羽目になったが…。

さらに2015年1月にはシリアルコードで夢特性「すてみ」持ちが配信され、反動技を更に強力にする事も可能になった。


とは、言うものの…
すてみの特性上、反動が非常に大きくリスクがでかいので余程、腕が良い限りではないと対戦では使えない。
その為、バシャーモやゴウカザルに比べて使用頻度が圧倒的に少ない。

アニメでの活躍

初出は劇場版のOP。

ベストウイッシュではドンナマイトにてベルが使用。チャオブーが進化したものと思われる。
初戦でシューティーローブシンと対決。初めは相手に押されるものの、ベルの励ましに応え、ローブシンがとどめに放った「ストーンエッジ」を全て受け止めてしまう。そこからの「なげつける」で形勢は逆転。最終的にはローブシンの持つ柱を奪って投げつけ勝利する。
次の試合ではラングレーキリキザンと対決。相性差もあってすんなり勝利する。
しかし準決勝ではケニヤンダゲキのフットワークに決定打となり得る攻撃を悉く避けられ、最終的に敗北してしまう。

その数話後、サトシのポカブを捨てた非道トレーナー「スワマ」の手持ちとしてパートナーの「クイタラン」と共にサトシとダブルバトルを繰り広げる。

シーズン2に入ってからはイッシュリーグでベルのエンブオー再登場。しかしとんでもないわざ構成になっていた…。

主な使用ポケモントレーナー

チェレン / ツタージャを選んだ場合
ベル / ミジュマルを選んだ場合

モーソーポケモン
ぎゅーっ



関連イラスト

エンブオー II
エンブゥブゥォー!


焼豚
エンブオーのヒートスタンプ!



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW ブーピッグ ガノンドロフ 

キリ番
ビリリダマ ムウマ エネコ ビーダル ギギアル ニンフィア

イッシュ御三家

ジャローダ ダイケンキ

他の地方の炎タイプ御三家

リザードン / カントー
バクフーン / ジョウト
バシャーモ / ホウエン
ゴウカザル / シンオウ
マフォクシー / カロス
ガオガエン / アローラ

pixivに投稿された作品 pixivで「エンブオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2051204

コメント