ピクシブ百科事典

オパビニア

おぱびにあ

オパビニアとは、カンブリア紀の生物である。
目次[非表示]

概要

五つ目に長く伸びた一本のアームにハサミがあるという個性的な姿が大いに話題になった奇妙な古生物。実際の大きさは約10㎝弱。
復元図が学会で発表されたとき、会場は爆笑の渦に包まれたという。
ちなみに、このハサミは口ではなく、本当の口は一本腕の根元にある。

生態

そののようなで他の生物を捕食する肉食生物だったと考えられている。
また、その5つの目はオパビニアが生まれた時代から現れた捕食者、すなわちオパビニアよりも食物連鎖の上位にいる生物をすぐに発見するために発達したと考えられている(一説にはアノマロカリスではないかと言われている)。

アノマロカリスに種として比較的近いといわれているが、実際誰に近いかは不明という進化鬼っ子である。

なお、オパビニアとは、初発見の地(カナダブリティッシュコロンビア州)の現地人の言葉で「岩」という意味である(正確には発見地近くの「オパビン峠」に由来する)。

関連項目

バージェス動物群 アノマロカリス ピカイア ハルキゲニア カンブリア紀

pixivに投稿された作品 pixivで「オパビニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53677

コメント