ピクシブ百科事典

オプティック・サンフラワード

あーはっはっはわたしのかちだ

オプティック・サンフラワード(Optic・Sunflowerd)は、カプコンから発売されているロックマンX8に登場する、8大ボスの一人である。担当声優はターキー。
目次[非表示]

暴走?違う。イレギュラーは正当ではないが有効なコードだ。処分する権利など、誰にもありません。

人物像

元々は新世代型レプリロイドの訓練施設「ヘリオス」を統轄するひまわり型レプリロイド。超高性能AIを備えているが、発言内容があまりにも高次元(?)なため、他のレプリロイドとは会話が成立しない。自分をイレギュラーだと自覚しているらしいが、有効なコードであるため処分する権利は誰にも無いと主張する。
彼のステージではある条件を満たすと、メイン画像のように初代ロックマンのボス「カットマン」が現われる。

特徴

ある程度の空間支配能力を持ち、主にレーザーを操って攻撃する。
サーチマンのように、ダミーの分身を作って相手を惑わすことも得意。

アースロック・トリロビッチと比べて、ロックマン&フォルテフォルテに慣れてる人の場合、アクセルでプレイして最初に倒す相手として選んだほうがいいであろう。

攻撃方法

■地形変化
私の勝ちだ!」と叫び、閃光を放つとともに瞬時に足場を生成する…が、これが高らかな叫びの割りに見事なまでに墓穴を掘ってしまっている。なにしろ、後述のビームを回避するのに利用できるのだから…

■シャイニングレイ
黄緑色のビームを発射する。顔面から放射して360度回転して照射し続けるものと、光球を放ち、そこから天井または地面めがけて横移動しながら(地形にぶつかるたび上下が切り替わる)照射し続けるものの2種類がある。
どちらにせよ、地形を貫通しないので、うまく足場を利用すればあっさり回避できる。

■アースクラッシュ
人工衛星にアクセスして自機狙いで天井まで届くレーザーをぶっ放す。狙いをレーザーポインターで定める為、タイミングを見破るコツさえ掴めばかわすのは簡単。

■網
ネット状のボールを放つ。地形にぶつかるとバウンドし、捕まると動きを拘束されるので、シャイニングレイやアースクラッシュをかわすのが困難になるので捕まった場合、無理せずレスキューチェンジしよう。

弱点武器

エックス/エイリア:グリーンスピナー
ゼロ/レイヤー:葉断突or連葉断
アクセル/パレット:ブラストランチャー
植物型レプリロイドの癖に草属性に弱い。どういうことなの
もしかしたら彼は光属性ゆえに光合成されてしまうということなのだろうか?
…まあきっと、厳密には「爆発」や「爆風」の衝撃に弱いという事だと思われるけど・・・
とにかく、「何イィィーッ?!」全身を痙攣させながらしばらく硬直する。

断末魔

貴様ラナドニイイイィィィィィッッ!!!
特有のエコーのせいで聞き取りづらい。

獲得武器

シャイニングレイ(エックス/エイリア)
地上でのみ使用可能、一部の壁で反射する。
通常:光の弾を真上に放つ。弾は上空で花火のように弾け、8方向に拡散する。
発動中は動けないため隙だらけになる。
チャージ:2回に分けて拡散する光の弾を真上に放つ。
最初は4方向に拡散し、その後さらに各弾が8方向へ拡散する。通常時に比べて圧倒的に攻撃範囲が増している。

天照覇(てんしょうは)(ゼロ/レイヤー)
地上で、下+特殊武器ボタン。
縦方向全体に光の攻撃を放つ技。ギガアタック的攻撃ではあるが、無敵時間は発生しない。
シグマブレード装備時は消費エネルギーが軽減される。

レイガン(アクセル/パレット)
敵を貫通する光線を発射する。ただし、地形は貫通しない。
単発の威力は低いが、優れた連射性能による圧倒的手数でカバーできる。しかし、クラッキングはできない。
前作・ロックマンX7にも登場した。

カットマン出現方法

PS2版では、コマンドミッションのセーブデータがあると出現。
PC版では、全ての訓練プログラムをSランクでクリアすると出現。

関連イラスト

差分
オプティック・サンフラワード



関連イベント


関連タグ

ロックマンX シグマ

pixivに投稿された作品 pixivで「オプティック・サンフラワード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20104

コメント