ピクシブ百科事典

オマモリサマ

おまもりさま

『うしおととら』に登場する妖怪。

概要

鷹取小夜の家に長い間閉じ込められていた座敷童子
外見は7歳くらいの少女の姿をしているが、とらを知っていることから最低でも500年以上は生きているようだ。
座敷童子がいる家は繁栄を約束されるが、去ると没落してしまうため、鷹取家の先祖が200年前に強力な結界で閉じ込めた。
以降長い間結界の中で冥界と交信する力を持つ「白い髪の女」たちに代々慰められてきた。

病弱な小夜を助けたのをきっかけに知り合ったに結界を破壊するように依頼。
鷹取の父の妨害もあったが、小夜の意思により結界は獣の槍で切り裂かれ、オマモリサマは開放された。
それからは小夜に付き、彼女を守っている。

関連項目

うしおととら とら 鷹取小夜

pixivに投稿された作品 pixivで「オマモリサマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19915

コメント