ピクシブ百科事典

オムスター

おむすたー

オムスターとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.139
英語名 Omastar
ぶんるい うずまきポケモン
タイプ いわ / みず
たかさ 1.0m
おもさ 35.0kg
とくせい シェルアーマー / すいすい / くだけるよろい(夢特性)


シェルアーマー:相手の攻撃が急所にあたらない
すいすい:天候が「あめ」の時、「すばやさ」の値が2倍になる
くだけるよろい:物理技を受けると「ぼうぎょ」が1段階下がり、「すばやさ」が1段階上がる

進化

オムナイトオムスター(Lv.40)

味噌汁



容姿

オウム貝ヒトデを掛け合わした様な姿をしたポケモン。見た目は進化前のオムナイトとほぼ一緒だが、そのオムナイトが立ち上がった様な姿をしている。また後ろの渦巻状の殻には棘が生え、鋭い牙が見える口になった。また"愛らしい眼"だったが、"ギョロ目"となり少し怖くなった。
全体的に進化前より可愛いさが遠のいた感じがする。だが、それでも可愛いというファンもいる。

4方向に開く牙しかない口。全ポケモンでもトップクラスにグロテスクなデザインである。
捕食の際には触手でまきついて引き裂くように食い荒らす。やはりグロテスクである。
ダイヤモンドより硬い殻に覆われたシェルダー二枚貝を食い破るのだからパワーは相当なのだろう。
触手を持ち鋭い食らい付く牙も持つが、意外なことに吸血メガドレインギガドレインも出来ない。

概要

ポケットモンスター赤・緑(第1世代)から登場したポケモン。
オムナイトから進化したポケモン。"カセキ"から復元されて甦ったポケモン内の一匹である。
名前の由来は、恐らく「オム(オウム貝)+スター(スターフィッシュ:ヒトデ)」もしくは「オウム貝+Oyster(牡蠣)」

古代ポケモンの一匹である。触手が手足の様に発達しており、仮にしがみつかれると噛み付いてくる。
絶滅した理由としては、背中の殻が大きくなり過ぎて動きが鈍くなり、近くに寄ってきた餌しか捕食できず滅んでいったらしい。
なんとも間抜けな理由である。

しかしながら実際の絶滅動物にはこういった理由が多いのは事実である。

オムスター_1



ゲーム上の特徴

見た目や設定を反映してか、「こうげき」・「すばやさ」は低い半面、「ぼうぎょ」・「とくこう」は高く設定されている。特に「とくこう」は非常に高く、みずタイプの中ではカイオーガブロスターに次いで3番目の高さで、いわタイプにおいては最強である。

また、とくせいのおかげで、天候があめの時はトップクラスの「すばやさ」を得られ、天候がすなあらしの時には低い「とくぼう」を補ってくれる。その為雨パ砂パのどちらも器用にこなせる逸材である。

技としては、その「とくこう」の高さを考えて、ハイドロポンプ」「なみのり」「げんしのちから」「れいとうビームなどが候補に挙がる。
また、優秀な補助技も習得可能で、ステルスロック」「どくびし」「まきびし」「ねむるなども覚えられる。

BWでは強力な積み技であるからをやぶるを習得。
耐久を活かして積む事が出来ればまさに一騎当千の高ステータスとなる。
雨状態での威力補正を加味すれば等倍以上の相手ならば圧倒的優位に戦うことが出来るだろう。
(例:ハイドロポンプ威力120 × タイプ一致1.5倍 × あめふり状態1.5倍 × 殻破り2倍 = 威力540 )
しかし、滅んだ理由が殻が大きくなりすぎたせいであることを考えると、何とも皮肉な技である。
生息当時にこの技があれば、彼らも絶滅せずに済んだのだろうか。
しかしこのオウム貝、滅んだ理由が殻が重くて動けないといった理由の割には戦術は総じて圧倒的な素早さからの先制攻撃である。その為図鑑上に存在する野生種とのギャップが激しい。

関連イラスト

どうしてこうなった
ごちそう



関連タグ

ポケモン一覧 いわタイプ みずタイプ
化石ポケモン オウムガイ アンモナイト
赤緑 FRLG カブトプス
べムスター ハムスター

pixivに投稿された作品 pixivで「オムスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191227

コメント