ピクシブ百科事典

オルク

ぎんかわさいきょーのみどりいろ

オルクとは、ゲーム「Warhammer40,000」に登場する勢力であり種族。戦争しか残っていない銀河を全力で満喫するヤツラ。
目次[非表示]

解説

オルクとは、ゲーム「Warhammer40,000」に登場する種族。
戦争だけが残った銀川(ぎんかわ)・・・じゃなかった、銀河にあって、
彼等オルクは、銀河のあらゆる場所で、あらゆる相手と戦いを繰り広げている。
ゲームにおいては、白兵戦を得意とするアーミーとして扱われる。

勢力としてのオルク

オルク、それは銀河中で繁殖し、群れを成し、「いくさ頭(ウォーロード)」に率いられ、
ガラクタから生まれた、なんか超スゴい兵器群をブイブイ言わせながら、
ありとあらゆる種族や勢力にケンカを売っては、ひたすらに戦争し続ける種族。
人類だろうが、エルダーだろうが、タウだろうが、ケイオスだろうが、
ネクロンだろうと、ティラニッドであろうと、時に同族であろうと、
そこに相手がいれば、有無を言わさず戦いを挑み、叩き潰す。
だが、そこに遠大な目的や目論見はない。
オルクにとって、戦いとは「自身の全て」で、ありふれた日常である。故にオルクは戦う。

・・・と、まあ、長々と書いてしまったが、短くまとめてしまえば、
刺激的な戦いを求め、銀河のあらゆる場所で、
あらゆる勢力に対して戦いを挑む、単純明快なヤツ等である。

オルクの繁殖方法

オルクはその繁殖方法が実にユニークな種族である。
なんとオルクは、「胞子」で繁殖するのである。
しかも、オルクは死ぬと、自分の身体から、大量の胞子を放出する。
放出された胞子からは、当然オルクが生えてくる
・・・これが意味するところは、ただひとつ。終わりの無い戦いである。

アーミーとしてのオルク

基本的に白兵戦を得意とし、射撃戦を苦手とするアーミー。
ただし、1ユニット辺りの兵員上限数が、多めに設定されているので、
数を入れれば苦手な射撃も、「数撃ちゃあ当たる」のノリで補えてしまったりする。
とはいえ、オルクは銃で敵を撃って倒す事よりも、
敵をブン殴って倒す事の方を、得意としていることは確かだ。

また、オルクアーミーに欠かせない、「技術屋(メク)」と呼ばれる技術者が作り出した、
ガラクタ製の、サイコーにイカしてる(そしてサイコーにイカれてる)マシンの数々は必見である。

オルクのフシギな信仰

オルクのビークルには、選択できるオプション装備として、
「赤く塗装されていると、移動距離が長くなる」という、
実にフシギだが、しかし何処かで聞いたような気がしなくもないものがある。
ちなみに、このオプションを選択した赤く塗装されたビークルは、本当にゲーム中、移動距離が伸びる。
何か感じるモノがあれば、是非、手持ちのオルクのビークルのミニチュアを赤く塗装し、
このオプション装備を選択してみよう。きっとサイコーな気分になれるハズ。

関連タグ

Warhammer40k orks グリンスキン

pixivに投稿された作品 pixivで「オルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13711

コメント