ピクシブ百科事典

オルタナティブ・ゼロ

おるたなてぃぶぜろ

特撮「仮面ライダー龍騎」の登場人物。
目次[非表示]

「多くを守る為に、一つを犠牲に出来る勇気を持つものこそが、真の英雄なのですよ」

概要

いわゆる「13人のライダー」には含まれない。本作において「仮面ライダー」とは、「神崎士郎の作ったカードデッキで変身する者」を指しており、公式HPでは「擬似ライダー」と区別されている。

神崎士郎の残した仮面ライダーとミラーワールドに関する研究資料、そして東條悟が所持していたタイガのカードデッキのデータから、香川英行が創り出した擬似ライダーで、2体が登場する。
開発計画の最終段階では、13人のライダーに対抗するため完成型であるオルタナティブを13体開発する予定だった。

ライダーの物とは異なるカードデッキ・カードを用いるが、理論は同一のものである。
ミラーワールドでの活動時間は8分25秒と短いが、その分攻撃面で格上げされており、スペック上は他ライダーを上回り、龍騎ナイトサバイブ形態にも匹敵する。
また、他のライダーにはないカードも持ち、カードバイザーの音声もライダーと違い女性声が発せられる。

オルタナティブ・ゼロはオルタナティブのプロトタイプで、オルタナティブ作成者の香川自身が変身する。
腕や胴の側面にプロトタイプを示すラインが入っているが、その他の外観や基本能力は完成型のオルタナティブと同じ。ちなみにこのラインは初代仮面ライダーのオマージュ。
香川が相手の攻撃を全て記憶するため、同じ攻撃は二度と通用しない。

そのためか、『ガンバライド』にてスペシャルカードとして登場したとき、使ったラウンドで後攻になると防御力が2倍になるというレアリティに合わない性能を持つ。
対戦カードによっては、発動しただけで勝敗が決定してしまう。

ファイナルベントの技は、サイコローダーに搭乗し、コマのように高速回転しながら相手目掛けて特攻する「デッドエンド」。

召喚機、契約モンスターはオルタナティブと共通である。

所持カード

ソードベント
・スラッシュダガーを召喚。2000AP。名前はダガー(短剣)だが、見た目はむしろ両手剣……
アクセルベント
・使用者のスピードを上げる。平たく言うならクロックアップ。いやむしろアクセルフォーム。2500AP。
アドベント
・サイコローグを召喚。6500AP。
ホイールベント
・サイコローグをバイク形態に変形させる。4500AP。
ファイナルベント
・デッドエンドを発動。8000AP。

契約モンスター

契約したモンスターはサイコローグ
コオロギ型のミラーモンスター。6500APと、何気にトップクラスの強力モンスター。
目からミサイル弾を撃つことができる。
ソードベントで腕の一部をスラッシュダガーとして与える。
ホイールベントやファイナルベントでバイク形態・サイコローダーに変形する。

ちなみにこのサイコローグ、ずうずうしくも映画オールライダー対大ショッカー』に出演した際には自分がスラッシュダガーを振り回していた。

最期

「英雄」に対しての妄想が逸脱し過ぎてしまった東條=タイガに裏切られ、殺されてしまった。

HERO SAGA

龍騎編2作目『IFの世界』では量産に成功しており、第2話に香川教授のゼロがリーダーとなって合わせて13体登場。
12体のオルタナティブは仲村創ほか教授に賛同した大学の学生たちが変身。
東條の仇であるリュウガの前に現れ、集団戦法で圧倒した。
第3話でもゼロが登場しオーディンと士郎の前に現れるが、その装着者は…

DRAGON KNIGHT

本作での名称はアドベントマスター
原作とは逆に、仮面ライダーのプロトタイプという設定になっている。
ベンタラのライダーの指導者、マスター・ユーブロンが変身。
吹き替えを演じたのは原作で仮面ライダーオーディンの声を勤めた小山剛志氏。

普段は渋いオジ様の姿だが、その正体はゼイビアックス将軍と同じ種族のエイリアン。かつては彼の部下として様々な平行世界を行き来できるワープ装置を開発したが、ゼイビアックスの横暴なやり方に疑問を抱き、彼と決別してベンタラに移住。アドベントデッキを開発してゼイビアックスに対抗しようとした。
ゼイビアックスがベンタラを侵攻した際に相打ちとなってベントされたが、アドベント空間ではなく1947年(ロズウェル事件が起きた時期)のニューメキシコ州に飛ばされてしまった。その後政府によって回収され61年間半冷凍保存されていたが、レンによって眠りから目覚め、再び反ゼイビアックス陣営の指揮を執った。

唯一アドベント空間を行き来できる存在であり、ベントされた者達を救出することができる。
しかしゼイビアックスとの戦いでデッキが損傷しており、デッキの修復が不完全な中ベンタラのライダーを救出したが、キットとケイスを救出した時点でデッキが限界を迎えてしまった為、全員を助けるには至らなかった。その際密かに開発していたオニキス(リュウガ)のデッキをキットに託している。
その後デッキを完全に修復して全てのライダーを救出、最終決戦後はライダーに選ばれた地球人達を救出した。

小説作品『2WORLD 1HEARTS』ではデッキの力で二つの世界を支配しようとしたスチュアートを止める為、地球人の信じ合う力に命運を託し、敢えてゼイビアックスに従っていたライダーに最終決戦を任せた。ベントされた彼らを再び復活させる為にエネルギーを使い果たし自身は参戦出来なかったが、彼の判断はその通りに戦いを勝利に導いた。

デッキの情報を書き換えることができ、過去ユーザーのデータを新規ユーザーに転送させて格闘未経験者でもライダーとして活躍させることができる。バイザーの音声は他のライダーと同じ。アクセルベントはスピードベントに変更されている。
ちなみに、ゼイビアックスも彼のデッキのコピー(原作で言うところのオルタナティブ)を所持しており、劇中では一回だけ変身した。

サイコローグはアドベントで召喚されなかったが、野良モンスターとして登場している。主人を捜して彷徨っていたのだろうか?

なお、余談だが劇中のスーツは現地で新規に作り直されており、明らかに龍騎本編のものよりも状態が良くなっている。

関連項目

仮面ライダー龍騎 オルタナティブ

pixivに投稿された作品 pixivで「オルタナティブ・ゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53097

コメント