ピクシブ百科事典

オルフェウス

おるふぇうす

オルフェウスはギリシャ神話の登場人物。オルペウスとも。
目次[非表示]

概要

ギリシャ神話に登場する吟遊詩人。人類最初の詩人とされ、竪琴の名人であった。
その音は荒れ狂う暴風雨を静め、セイレーンの誘惑の歌も打ち破ったという。
特に亡き妻のために冥府に行く神話で知られる。

神話

エウリディーチェを求めて冥府へ

オルフェウスはエウリディーチェ(エウリュディケ、エウリュディケーとも)という美しい娘と結婚したが、彼女はその直後に毒蛇に咬まれて世を去ってしまう。
オルフェウスは妻を取り戻すため、冥府へ向かった。
生者を決して通さないカロンもオルフェウスの歌に心を打たれ、
獰猛なケルベロスらもすっかり大人しくなって耳を傾けてしまった。
オルフェウスの愛する人を思う歌は、冥王ハーデスの心をも動かし、
また女王ペルセポネの深い同情を誘った。

ペルセポネの口添えもあって、ついにハーデスは「後ろに従うエウリディーチェを決して見てはいけない」という条件で妻を生き返らせる許可を与えた。
オルフェウスは帰途につき、約束が守られたのか不安に駆られながらも背後に妻の存在を感じていた。

しかし、地上の光の中に片足を踏み出したその瞬間、オルフェウスは焦燥と安心感から振り返って愛する人の姿を探してしまい、陰の中に残されていた片足故にエウリディーチェは冥界の奥へと消えてしまう。
オルフェウスは慌てて後を追うが、今度はカロンやケルベロスにもその美しい歌は通じず、
冥府への道を阻まれてしまった。

地上への帰還後

地上に戻ったオルフェウスはエウリディーチェの面影のみを追い、荒野を彷徨った。
その悲しい歌に魅かれて集まった男たちは、冥界から生還した詩人の歌を聴き、死への恐怖を克服して霊魂の不滅を信じるようになった。
これが後の神秘思想に多くの影響を与えた、オルフェウス教の始まりであるという。

やがてオルフェウスはディオニュソスを祭る女たちに出会う。
孤独な詩人に魅了された女たちはオルフェウスを誘惑するが、二度と悲しい別れを味わいたくないオルフェウスには通じなかった。
楽しい祭りを侮辱されたと感じた女たちは、オルフェウスを八つ裂きにして川に投げ込む。

オルフェウスの首は琴と共に海へと流され、海原でなおエウリディーチェへの歌を歌い続けていた。
そしてレスボス島に漂着し、人々はこの奇跡に驚いて詩人を手厚く葬り、墓を建てた。
レスボス島はオルフェウスの加護によって詩人の聖地と呼ばれ、多くの文化人を輩出した。
琴は天に上げられて星座琴座となり、オルフェウスの魂はようやく妻の待つ冥界へ降りていった。

誘導分岐

  1. SoundHorizonのCDに登場するオルフェウス
  2. ゲーム『ペルソナ3』に登場するオルフェウス
  3. ゲーム『ベアルファレス』に登場するオルフェウス
  4. ゲーム『ソーマブリンガー』に登場するオルフェウス
  5. 食玩『神宝大戦テオスマキア』に登場するオルフェウス
  6. ゲーム『イナズマイレブン』に登場するオルフェウス→こちら


キャラクターとしてのオルフェウス

SoundHorizonのオルフェウス

哀しい目をした弾き手 麗しきその青年の名は・・・


SoundHorizonの楽曲「エルの絵本【魔女とラフレンツェ】」の登場人物
Moiraに登場するオルフと同一人物ではないかという解釈もある。

ペルソナ3のオルフェウス

オルフェウスとキタロー
この娘にご注意


ペルソナ3の主人公の初期ペルソナ。P3Pでは主人公の性別で容姿が変わる。

ベアルファレスのオルフェウス

オルフェウスと



ソーマブリンガーのオルフェウス

オルフェウス



神宝大戦テオスマキアのオルフェウス

pixivに投稿された作品 pixivで「オルフェウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2589473

コメント