ピクシブ百科事典

オレ達はそんな変態じゃねーぞ

おまえらいいかげんにしろよ

腐女子に対する、公式サイド(週刊少年ジャンプ編集部)からの有名な戒めの言葉である。
目次[非表示]

解説

「オレ達はそんな変態じゃねーぞ」

とは、1987年に「少年ジャンプ」誌上に掲載された編集部のコメントである。
当時「キャプテン翼」ブームにより、腐向け(当時はやおいと称された)の同人誌発行も空前の活況を呈していたが、そうした同人誌の数々を目にしたジャンプ編集部がついに堪忍袋の緒を切らし、腐女子に向けて発した、おそらく公式からの初となる
腐向け同人誌発行に対する戒めのメッセージ」である。

日向若島津だって怒っています。
「オレ達はそんな変態じゃねーぞ」って。
陽一先生もかわいそう。
みなさん、これ以上キャラを傷つけないでください。

(編集後記より。全文引用ではない)

勿論これを受けて腐向け同人誌の発行がなくなった...なんてことはないが、この公式からの切なる訴えはジャンプ誌掲載当時各界に多大な衝撃を与え、腐女子のみならず、オタク系の情報誌などでも話題となった。(「ファンロード」誌などではネタ化した)
ちなみに、ジャンプ同人誌の存在そのものは、やおいブームの数年前に知られていた。

また当時はまだ無法状態で案外オープンな傾向にあった腐向け二次創作が「公式サイドや一般ファンの目につかないように」隠れて活動する方向に移行するきっかけとなった。
(……と言うが、この後もコミケのやおい系サークルは減っていない。当時、ネットは普及していない)

関連リンク


余談(pixiv論)

上記発言にかこつけたpixivピクシブ百科事典)ユーザーの主張を並べた。いずれもpixivの運営の見解とは関係がない。ちなみにpixivでは、エロをR-18に設定する決まりがある(R-18は外部検索から隠されるシステム)。

--------
今でもpixivでは、配慮なくオープンに腐向け活動を行っている者は大勢いる。容易に検索に引っかかるTwitterにも大勢いる。
このように公式の目に触れる可能性、公式サイドの怒りを買う可能性はいつの時代にも潜んでいる。
たとえば上記の警告を「黒子のバスケ」に置き換えてみよう。

黄瀬青峰だって怒っています。
「オレ達はそんな変態じゃねーぞ」って。
藤巻先生もかわいそう。
みなさん、これ以上キャラを傷つけないでください。

これが現在のジャンプ誌上に掲載されたらと想像すると血の気が引くのではないだろうか?

キャラや作者のみならず、何も知らずに目にした一般のファンを傷付ける可能性も常に潜んでいる。
また出版社や作家によっては二次創作そのものを禁止される事態に発展するケースもある。

田中芳樹腐女子から送りつけられた「アルスラーン戦記」の腐向け同人誌の内容に立腹し、その後長年にわたり「同性愛描写を含む二次創作は非営利目的であっても全面禁止」となった。(2015年にガイドラインが改訂されることになったが、いずれにせよ同人誌の発行は禁止となっている)

このような事態に発展しないよう棲み分けを徹底し、マナーを守るよう心がけねばならない。

----
また当然のことながら、女性向け商業作品男性向け18禁二次創作の題材にした場合もいずれ同種の事態は起きうるので適切な配慮は必要と思われる。
故に男性諸氏も十分注意されたい。

----
ピクシブ百科事典にはpixivのユーザーに向かって腐向け作品を隠すように説く記事が(このように)多いが、その理由は、二次創作だから、エロい描写があるから、同性愛の描写があるから……と、混ぜるな危険な論点を混同したものが多い。
編集後記の全体としては「ポルノまがい」の同人誌を嘆くニュアンスであり、同性愛についての言及は無い。

----
この発言を「少年ジャンプによる同性愛批判である」と問題をすり替えて立腹するゴキ腐リが一部にいるが、公式が批判したのは当然ながら「同性愛者ではないキャラクターを個人の勝手な妄想で同性愛者として描き、あたりはばからず過激なエロ同人誌を出しまくって金儲けをするような行動をとる腐女子」である。

-----
等々……

関連タグ

pixivマナー やおい 腐女子 腐向け ゴキ腐リ
二次創作 マナー

コメント