ピクシブ百科事典

オーバーテクノロジー

おーばーてくのろじー

オーバーテクノロジーとは、現在の技術水準を遥かに超えた技術のこと
目次[非表示]

概要

主にサイエンス・フィクション(SF)上に見られる語である。
科学工業的に見て、現在の技術ではとうてい再現できない技術のこと。
推測や憶測以外には存在しないため、少なくとも実用した時点で「オーバー」ではなくなる。
超古代文明や異星人でもいれば、実用可能なオーバーテクノロジーが存在するかもしれないが、いまのところそのようなモノの実在が科学的に証明されたことはない。
また実用化直後において頭一つ飛び出した技術などに、形容として「オーバーテクノロジー」の語が用いられることもある。
過去に存在したが現在では失われたものについては、ロストテクノロジーという言葉が使われる事もある。

オーバーテクノロジーを題材とした作品

  • スプリガン :超古代文明の遺跡により齎されるオーバーテクノロジーの悪用を防ぐべく遺跡保護・破壊任務を行う。
  • スーパーロボット大戦シリーズ :異星人・先住種族・平行世界からもたらされた技術・兵器を使う。OGシリーズでは主に異星人由来のEOTが登場する。
  • マクロスシリーズ :20世紀末に南アタリア島に落下した巨大な宇宙戦艦が、地球人類に技術革新をもたらすと共に、宇宙生命の存在も示唆している。→OTM
  • 仮面ライダーカブト :異星人ネイテイブの技術を貰いうけ、対ワーム用兵器「マスクドライダーシステム」が出てくる。
  • 戦国自衛隊ジパング:現代の自衛隊戦車や銃器、イージス艦ごと過去の戦乱の時代(前者は日本の戦国時代、後者は太平洋戦争)に時間跳躍してしまう架空戦記主な作品。(跳躍先の世界ではオーバーテクノロジーにあたる)
  • ウルトラマンメビウス :過去に宇宙人などが遺した超技術を研究し実用化したメテオールCREW GUYSの戦力として利用されている。ただし未知の技術を制御する難しさから、原則上層部の許可のもと、1分間しか使用できないという厳しい制限が設けられている。
  • ジュブナイル


VOCALOIDの曲としての「オーバーテクノロジー」

OverTechnology


ボカロPであるYMが手がけた十三作目の曲(GUMIオリジナル曲)。

「銃口を覗くサルに僕は独り言を投げる」

とあるサルを主人公にしたストーリー仕立てのPVとなっているが、具体的な描写はなされておらず、歌詞も大筋を語るのみである。なぜサルは踊るのか、そしてラストでなぜその行動を取り、その後登場人物はどうなったのか。その解釈は、すべて視聴者一人ひとりに委ねられている。
参考:ニコニコ大百科

【GUMI】オーバーテクノロジー【オリジナル曲PV付き】


関連タグ

オーパーツ ロストテクノロジー 謎の技術

似て非なるモノ

技術の前倒し(例:紺碧の艦隊フルメタル・パニック!)

pixivに投稿された作品 pixivで「オーバーテクノロジー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289949

コメント