ピクシブ百科事典

オーバードウェポン

すべてをやきつくすぼうりょく

フロム・ソフトウェアのメカカスタマイズアクション「アーマード・コアⅤ」に登場する武装。 海外版ではアルティメットウェポン(ULTIMATE WEAPON)という名称となっている。
目次[非表示]

概要

ACVの世界におけるアーマード・コア(人型兵器)に装着される装備。
今作のキャッチコピーである「全てを焼き尽くす暴力」を体言した武装。

通常、ACの装備・武装類は明確に規格化されているが、オーバードウェポン(OW)は規格外の大型装備を無理矢理ACに装着させた武装となっている。
また、使用時には排熱効果を高めるためかACの頭部が展開し、装甲で覆われた内部パーツが露になるなどして変形する。
(ただし一部の頭部のみ。ハングドマンのHD-21 SEALEYE(KAGARIBI mdl.1)はイベント限定で頭部装甲がパージされる。中破状態で装甲の殆どが剥れた物はACVDの有料DLCで使用可能に)

OWは規格外の装備故に威力は強力だが、運搬状態ではただ背中に背負っているだけであり、起動時にはACのプログラムをハッキングして動作プログラムを変更すると共にジェネレータのリミッターを解除してエネルギー出力を確保し、更にエネルギーラインや制御系を無理矢理繋げる(PVなどでグラインドブレードを使用する際に左腕が排除され、そこにOWが接続されるのもそれが理由)必要がある他、使用に伴い以下のようなメリット・デメリットが存在する。

メリット

  • 規格外の攻撃力を得られる(最高で15万台、最低でも6万台。ACのAPは最高で5万程度)
  • 当たり判定が大きく、弾速が速い
  • 無属性攻撃(防御力無視)
  • OW起動中はエネルギーが無尽蔵に回復する(回復量は機体構成に依存)
  • OW起動中は被弾時の衝撃による反動を受けない
  • いつでも起動が可能
  • 重武装よりは軽い
  • 弾薬費は只
  • カッコイイ


デメリット

  • 発動までにチャージが必要 (チャージ時間はEN伝達率と限界出力によって短縮可能)
  • OW起動中は常にダメージが生じる (ダメージは熱耐性と駆動時間によって軽減可能)
  • 使用の為にコアとジェネレータのアセンブリの幅が限られる
  • ハンガーユニットの併用不可能
  • グラインドブレード起動時は左腕が強制排除され、その後の戦闘に支障が出る
  • 装備しているキャノン系武装は格納できないため強制的にパージされる
  • 起動は一度のみ (Vに限り、ガレージポイントを利用する事でその都度起動可能)
  • プログラムエラーのノイズによって画面が見づらくなる
  • 当たり判定が大きいため、付近にいる味方を巻き込みやすい
  • スキャンモード時、搭載したOWの消費エネルギーがカットされない(Vのアップデートでカットされる仕様に変更)
  • 装備自体がそれなりに重くパージもできない為、機動性が低くなる他、アセンブルの幅も限られる
  • 武器腕との併用が不可能(VDから)
  • 使用後は一定時間エネルギー回復力が大幅に低下(多くの場合マイナスに)する上にロックオン不可能になる(VDから)


OW一覧

V

VD


資料集で判明した没となったOW一覧

・40門もの砲身を搭載した拡散ロケット砲
・超広範囲にジャミングを発する大型レーダー
・加水式原子炉を用いた3砲身レールガン
・自分の周囲に大量の機雷を射出するSマイン
戦艦のような砲塔とミサイルブロックを計6つ搭載した「大和」と見出しのあるOW

関連項目

アーマード・コア ACV ACVD 不明なユニットが接続されました
必殺技

pixivに投稿された作品 pixivで「オーバードウェポン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1070940

コメント