ピクシブ百科事典

カイザーフェニックス

だいまおうのめらぞーま

『ドラゴンクエスト〜ダイの大冒険〜』に登場した呪文。大魔王バーンにおける『メラゾーマ』であり、その威力は通常のメラゾーマの数十倍にもなる。

······これが···余のメラゾーマだ···
その想像を絶する威力と優雅なる姿から太古より魔界ではこう呼ぶ···
カイザーフェニックス!!!!

概要

漫画ダイの大冒険』の大魔王バーンの使う火炎系最強呪文メラゾーマの二つ名。

作中でバーンは小さな火の粉でバランの遺体を焼き尽くし、次にその火の粉を主人公パーティーに放つ。ポップが立ちふさがりメラゾーマを連発するが火の粉はそれを掻き消し、法術で編んだ対魔法防御の高いオーバージャケットまで燃やしてしまう。
そして、大魔王のメラゾーマのほうが威力が上なのか、こんな小さな火の粉なのに・・・と焦るポップに対し、「···今のはメラゾーマでは無い···メラだ···」と言い放つ(※メラはメラゾーマの下位呪文で、威力は1/10以下。つまりバーンはポップの数十倍以上の魔法力を持っていると言っているのだ)。

そしてその後に、絶望に追い討ちを掛けるように取り出したのがこの、巨大な火の鳥のような姿のカイザーフェニックスだった。バーンが使えばメラですら普通のメラゾーマを遥かに超える破壊力を持っているのに、その使い手がメラゾーマを使ったら、一体どうなるか···。


······この後、天地魔闘の構えを経て、バーン戦における最大の障壁としてダイ達の前に立ちはだかることになる。しかし悲しきかな、ジャンプのパワーインフレのために、一度この魔法を破った後はポップにより二本指で引き裂かれ一気にその地位が暴落してしまった。まあこんなことができるのはポップぐらいのものだが。

本家ゲーム版ドラクエシリーズでは、『7』までは同じ呪文なら唱えた術者が違っても威力は同じであったが、『8』以降はかしこさの数値で威力が変わり、(見た目は変わらないが)「今のはメラゾーマでは無い···メラだ」が再現出来るようになった。とはいっても威力はメラミの初期威力を上回る程度、さすがにメラゾーマまでとは行かせてくれない。

関連タグ

ダイの大冒険 大魔王バーン 天地魔闘の構え
メラ メラゾーマ フィンガーフレアボムズ

ギターフリークス / ドラムマニア
これをモチーフにしたと思われる楽曲「KAISER PHOENIX」が収録されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「カイザーフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133134

コメント