ピクシブ百科事典

カケアミ

かけあみ

カケアミとは、主に漫画で用いられる技法の一種。
目次[非表示]

漫画モノクロアナログイラストの技法の1つ。掛け

概要

濃淡の出ない(鉛筆薄墨が飛んでしまう)印刷環境で絵に擬似的に濃淡を付ける手法で、スクリーントーンの普及してない時代によく使われた。

単純に濃淡を付ける手法としては斜線を引いて埋めるのがあるが、フリーハンドとペンで長い線をきれいに描くのは難しいし、定規だと時間が掛かるし別の難しさもある。
そこでカケアミでは大体7~8mm四方程度を1ブロックと考えてその中を「井」型の直交線で埋め、その横に角度をずらしてまた別のブロックを描く…を繰り返す。
線の密度で濃淡をコントロール出来、少しずつ変化させればグラデーションの表現も出来る。

これはこれでやはり手間の掛かる作業なのでスクリーントーン普及後はあまり使われなくなっていくが、独特の味があるため根強い人気もあり、そのうちスクリーントーンの中にも「カケアミ模様」のものが登場することになる。

関連イラスト

まだ?
カニ。


そら



関連タグ

漫画 モノクロ アナログ 職人芸
ベタ塗り ホワイト 斜線  トーン/スクリーントーン

pixivに投稿された作品 pixivで「カケアミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527106

コメント