ピクシブ百科事典

カタカムナ文字

かたかむなもじ

カタカムナ文字は古代文字の一種。
目次[非表示]

漢字伝来以前の日本文字と噂されるもの(神代文字)の一つ。
実在したのか怪しいカタカムナ文明で使用されていた文字。カタカムナ文献はこの文字で記述されている。
正式名称「化美津文字(かみつもじ)」、別名「八鏡文字(はっきょうもじ)」。
で構成される極めて記号的な文字。
カタカナの元になったと言われる。
それぞれは表音文字であるだけでなく、色々意味があるらしい。
五十音に相当する文字以外の文字も幾つか存在する。数字の1~10に相当する字、「ヤタノカカミ」「フトマニ」「ミクマリ」と呼ばれる図章がそれらである。
上代日本語に有ったという、ア行エとヤ行エの区別と、甲類乙類の区別が無い点が、よく突っ込まれるみたい。ただ、漢字伝来以前の日本語の発音体系がどうなってたかは、未だ謎があるらしい。
文章は、縦書きでも横書きでも無く、渦巻状に書く。また、二文字あるいは三文字を重ねて新しい字形を作る。

関連イラスト

カタカムナ文字フォント



関連タグ

文字 カタカナ 片仮名 神代文字 和風 伝説 オカルト 神秘 超古代文明

外部リンク

神代文字総覧
カタカムナ文字のフォント - vector

pixivに投稿された作品 pixivで「カタカムナ文字」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6215

コメント