ピクシブ百科事典

カブト

かぶと

防具の一種。または『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

カブトとは、

  1.  防具の一種。
  2.  仮面ライダーカブト
  3.  鴉天狗カブト
  4.  薬師カブト
  5.  カブトボーグ
  6.  『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
  7. ダンボール戦機』に登場するLBXの一種。

本項目では6について記載する。

----

カブトとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
名前の由来は無論カブトガニ。

基礎データ

ずかんNo.140
英語名Kabuto
ぶんるいこうらポケモン
タイプいわ / みず
たかさ0.5m
おもさ11.5kg
とくせいすいすい / カブトアーマー


※すいすい:天候が「あめ」の時、「すばやさ」が2倍になる
※カブトアーマー:相手の攻撃が急所に当たらない

進化

カブト(Lv40) → カブトプス

カブカブトプス



容姿

カブトガニの姿をしたポケモンで、体色は茶色
4つの黄色背中甲羅にある点の様なが特徴。目は腹部にも付いており、赤く妖しく光っている。
色違いは、甲羅の部分が明るい緑色になっている。

因みにカブトガニは原始的な生物だが三葉虫とは関連性はないと言われている。
またあまり知られていないが、暗闇でも良く見える優れた視覚を持った生き物である。

概要

『ポケットモンスター 』(第1世代)から登場しているポケモンで、「こうらのカセキ」から復活した化石ポケモン。
正真正銘の特性「カブトアーマー」の持ち主である。

古代生物の化石から再生したポケモン。
遠い昔にだった地層から発見された化石で、海底に身を潜めたままの姿で化石になった物が偶に発見される(絶滅した訳ではなく、ごく稀に生き残ったカブトが発見される事もある)。
その姿は3億年前と変化しておらず、正しく「生きた化石」である。

3億年前には砂浜で暮らしていたとされる。
硬い殻で身を守ったり、海底に身を潜めて背中に付いた目を光らせて辺りを警戒していたようだ。

第1世代では「おつきみやま」にて「こうらのカセキ」「かいのカセキ」(後者は復元するとオムナイトになる)の二者択一でのみ手に入り、選ばなかった方はゲーム中では2度と手に入らない仕様だった為に悩まされたプレイヤーも多い。

ゲーム上の特徴

ステータスとしては「こうげき」80、「ぼうぎょ」90と進化前にしては高め。
反面「HP」や「とくぼう」はかなり低くなっている。

ステータスはある程度仕方がないが、問題は自力で覚える技等にある。
第1世代では、たった6種類しか自力での習得が出来なかった。
しかも「きりさく」と「ハイドロポンプ」を除いては低威力技しか覚えなかった。
また進化もLv40まで待たなければならず、多くのプレイヤーが苦汁を飲まされた。

一応わざマシンである程度の高威力技を覚えることが出来たが、みな特殊依存の技ばかりで、肝心の「こうげき」の高さを生かせる技が少なかった事も扱いの悪さに拍車を掛けた。

第4世代(『DP』)になってやっと自力で「アクアジェット」を習得可能となり、わざマシンでも物理技を習得可能となった。
前世代よりは幾らか育てやすくなったが、今現在でも進化させづらいポケモンの一匹として名を挙げられることがたびたびある。

余談

pixiv内で「カブト」と検索すると「仮面ライダーカブト」も検索してしまう。
「ポケモン」と一緒に検索しても、「カブトプス」もヒットしてしまうので、検索の際には少々手間が掛かる。

化石ポケモン一覧

No. 名前 No. 名前 No. 名前
138 オムナイト 139 オムスター 140 カブト
141 カブトプス 142 プテラ 345 リリーラ
346 ユレイドル 347 アノプス 348 アーマルド
408 ズガイドス 409 ラムパルド 410 タテトプス
411 トリデプス 564 プロトーガ 565 アバゴーラ
566 アーケン     567 アーケオス - -



関連イラスト

上から見たカブト



関連タグ

ポケモン一覧 いわタイプ みずタイプ
赤緑

pixivに投稿された作品 pixivで「カブト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1010108

コメント