ピクシブ百科事典

カンテラ

かんてら

手提げ式の燃料照明の一種。 油で灯りを採る物を指し、特にガラスと金属で出来た覆いのある物を指す。

概要

 油用灯火具の一種。ポルトガル語燭台を表すカンデラ(candela)が転じなまった語で、オランダ語ではカンデラール(kandelaar)といった。
 キャンドル(candle)と同じく、ラテン語カンデラ(candela)を語源とする。

 手提げ式でを燃料とする照明全般を指し、古くは古代ギリシャローマ文明から存在する。
 日本でいう提灯に近い物で、一般的には傘の様な金属製の上蓋にガラス製の面と金属製の骨、同じく金属製の底面部分を持つ、縦長の台形の様な形状をしている。
 周囲をガラス金属で覆っているため風雨に強く、かなり強いが吹かない限りは消える事は無い。
 持ち手として、提げ紐金輪の取っ手が付いており、ここを手に持って吊り提げて用いる。
 一般の照明器具としてのみならず、炭鉱での照明としても広く活用された。

 日本江戸時代に使用されたものはなどの金属製あるいは陶器製で、土瓶のような大きな口をもち、これから太い布心を出して植物性油をともした。明治時代には石油ランプの普及にさきだって、石油用灯火具としてひろく全国的に用いられた。

 『夜道を行くための道具』というイメージから幽霊怪物たちの小道具としてもよく描かれる。

カンテラのある風景
【PFFK】カンテラの行軍【死の谷の軍勢】



関連タグ

 明かり / 灯り 照明 道具
ランプ ランタン 行灯 / 行燈 提灯
オイルランプ アセチレンランプ ランプ小屋 懐中電灯

ノーム トンベリ 隠者タロットカード

pixivに投稿された作品 pixivで「カンテラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130219

コメント