ピクシブ百科事典

ガイア・ギア

がいあぎあ

ガイア・ギアは、「機動戦士ガンダム」と世界観を共有する小説・ラジオドラマ作品である。
目次[非表示]

概要

富野由悠季の手により描かれたシャア・アズナブルのメモリークローンを主人公とした物語。
宇宙世紀200年前後を舞台としており、登場する人型メカはモビルスーツの後継、
マンマシーンと呼ばれる。
逆襲のシャアの続編的性格が強く、機動戦士ガンダム逆襲のシャアでも描かれた地球連邦軍の過激派組織マン=ハンター、通称マハが地球上でいまだ強大な権力を有しており、それに対抗するレジスタンス・メタトロンの戦いが描かれている。

世界観

ズィー・オーガニゼーション

ジィ・ジオンを志した反地球連邦組織。
ネオ・ジオンとは関連性をもたせようとは作られていない。
二巻の後半でアフランシにより大天使の意味を持つメタトロンに改名させられる。

地球連邦軍、地球連邦政府

基本的な体質は以前から変わっていない。
一方で、MHAと呼ばれる「人狩り部隊」が実権を握っている。

MHA

連邦政府の人狩り組織「マン=ハンター」。地球逆移民計画を推進する。
違法な地球居住者、犯罪者の摘発を名目に人々を弾圧している。通称マハ
ダーゴル大佐擁するスペースマハの他にも、香港マハが登場、多方面に存在するとされる。

登場人物

島の住人

アフランシ・シャア

シャア・コンテニュー・オペレーションにより生み出された、シャアの記憶を持つメモリークローン。
ガバ・スーに預けられ南の島で普通の青年として、暮らしていたが、時折脳裏にシャアの過去が蘇る。
半ば成り行きでもあるがメタトロンに参加、指導者として祭り上げられることになる。
アフランシ本人は組織の指導者としてのアフランシに固執しカリスマ性を持った人物として楽しんで見せる部分が皆無だったため、総帥シャアの再来を期待していたメタトロン上層部とはそりが合わず、リーダーとしての彼を尊重する一派と上層部の決裂が生じることになる。

エヴァリー・キー

アフランシの幼馴染の少女。大自然の下伸び伸びと育ち、アフランシが島を出ていくと言った時は激しく取り乱したがアフランシを心から愛する純真な少女。
ダーゴル大佐に捕まるが丁重に扱われ、戦闘に巻き込まれないようにするなど保護されていた。

ガバ・スー

アフランシの育ての親。

メタトロン

マドラス・カリア

メタトロンのスパシアス号船長。後のエアフォース・1の艦長でもある。
アフランシ側のリーダーとも言える、良識ある人物。

クリシュナ・パンデント

メタトロンのメンバーの女性。総帥シャアとしてのアフランシを慕うが、捕虜となりウル・ウリアンと接するうち、彼にも惹かれ板挟みになってしまい、精神的に追い詰められていく。こちらはかつての黒富野特有の病み気質が伺える。

アザリア・パリッシュ提督

元地球連邦軍少将。連邦に失望し、メタトロンの指揮を執ると共に、三十一の二乗の艦長も務める。
最終的にはマハのクーデタに反発した連邦政府と共謀し地球連邦軍として参戦、アフランシを裏切り、ダーゴルもろとも倒そうとする。

マハ

ビジャン・ダーゴル大佐

マハの首魁。地球環境の破壊を懸念し、マハによる連邦政府の支配をもくろんでいる。
ワーグナー大好きっ子で、地球降下後はノイシュヴァンシュタイン城を本拠地とする。

マリーサ・ナジス大尉

ダーゴル大佐のお茶汲みの女性。特にエヴァリーをいじめたりとかは無い。

ウル・ウリアン少尉

ダーゴルに育てられたマハの若きエース。ヤンデレストーカーの上にツンデレという恐るべき青年。
紳士的に振舞い実は冷血漢…のつもりでいるが、実は気が弱く他人の愛情を求めていたという困ったちゃん。
ただし実力は確かで、メタトロンを度々襲撃し、多大な損害を与えている。

香港マハ

ジャン・ウェン・フー少佐

香港マハ部隊のリーダー格。みんな死んじゃえというイデオンじみた考えの持ち主。

登場メカニック

モビルスーツ

ギャプランのような何か

南の島に流れ着いた残骸。兵器としての活躍は一切なし。文庫版ではMSのような物体としてしか記述されていない。

ゾーリン・ソール

ペーネロペーΞガンダムに次ぐ第五世代モビルスーツアナハイム・エレクトロニクスにより開発された。
ミノフスキークラフトや、各種ファンネルなどのサイコミュ機構を有する。
連邦ネオジオン双方の当時最高峰の技術を融合して建造されたとされておりザ・ナックνガンダムを掛け合わせたようなデザインを有する。カラーは茶色。

マン=マシーン

ゾーリン・ソール改修型

ズィー・ジオン・オーガニゼーションが保管していたと思われる機体。
100年前の超高性能機に、改修に改修を重ね現役のマンマシーンと比較しても遜色のない機体に仕上がっている。
原型機に比べると、なぜかこちらのほうがデザインは第五世代MS然としている。白と赤のカラーリング。
当初の主人公機的な扱いだった。

ガイア・ギアα

「シャア・コンティニュー・オペレーション」の一環としてメタトロンが極秘裏に開発した新型マンマシーン。
ミノフスキークラフトを搭載し、変形機構による大気圏突入を可能とした。
各種ビーム砲、実弾兵器、誘導弾、電子兵装、サイコミュなどかなり多彩の武装を搭載している。
可変機構とファンネルの両方を持っている稀有な機体。

ガイヤス

ガイア・ギアαの量産型として、変形機構などを省略して開発されたマンマシーン。
戦闘用に特化された機体であるという。

ドハディ

メタトロンの主力偵察型マンマシーン。両肩部分に巨大なアンテナを持つ。
これを戦闘用に仕様変更したのがドハディDh-3bである。

ガウッサ

地球連邦軍の量産型マンマシーン。
かつてのハイザックに近い扱いで、マハも使用している。
外付けミノフスキークラフト等オプションを用いることで各種機能に対応させ、本体のコストダウンを図った。結果としてコストダウンは思ったよりはかどらなかったものの、性能については良好であり、広く普及している。

ブロン・テクスター試作型

マハの開発した新型マンマシーンの試作機を実戦投入したもの。
開発途上のプロダクション0シリーズだが、高機動と強靭な装甲を誇る。
後述の正式タイプと異なり、かなりスリムなプロポーションをしている。

ブロン・テクスター量産型

前期型から更なる改良を施した正式バージョン。
装甲を増加した為外見が大きく異なった物となった。ある意味ガンダムクロス
ウェイブライダーへの可変機構があるとされるが、設定がまちまちで、完全な可変機であるとされる場合と、RGZ-91F90P型の様にオプションパーツを装着する必要があるとされる場合がある。

ブロン・テクスター改修型

ギッズ・ギースの技術を応用して強化されたと思われる機体。
Ψ-サイクル機関を搭載しジェネレータ出力が増強されており、メガ粒子砲およびブースターの増設等の改良を施された。

ギッズ・ギース

地球上に隠匿されていた高度な生産設備で製造された、香港マハの新鋭マンマシーン。
新型ジェネレータ・Ψ-サイクル機関の搭載により重装甲ながら高い機動力を誇る。
軽装タイプと重装タイプがあるらしい。

※Ψ-サイクル機関については、虚軸鏡像理論に基づきヤン教授なる人物により開発されたという以上の説明がなされていないため、その詳細は不明である。

戦艦

三十一の二乗

ヘブライにおける天使メタトロンを表す数字より名付けられたメタトロンの宇宙母艦であり、周辺施設とあわせた基地の呼称でもある。マザー・メタトロンとも称される。
提督の手により、最終的に連邦軍籍になった。

三十一の一乗、三十一の三乗

メタトロンの戦闘艦。

マハ・ゲイジス

マハの新型艦。ダーゴル艦でもあるだけあってかなり頑丈・・・のはずだが、最終決戦ではあっさり落とされてしまっている。なんちゅう脆い(ry

クエゼリン

地球連邦軍の主力宇宙巡洋艦。

関連項目

宇宙世紀 機動戦士ガンダム 機動戦士ガンダム逆襲のシャア 機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ 機動戦士Vガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイア・ギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26988

コメント