ピクシブ百科事典

ガクト

がくと

ガクトとは、漫画「ぴちぴちピッチ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]
  1. 実在する男性のシンガーソングライターGACKT
  2. 漫画「監獄学園」のキャラクター、諸葛岳人の通称。
  3. ぴちぴちピッチのキャラクター(メイン画像左の人物)


本項ではぴちぴちピッチのキャラについて解説する。

概要

堂本海斗の双子の兄。
アクア・レジーナの力によって300年間海の底に封印されていた海の魔物パンタラッサ一族の王。
キザでナルシストな性格で、薔薇ワインをこよなく愛する。また、部下の水妖を道具としか思っておらず、ダークラヴァーズに対して冷たい態度を取る冷徹さを併せ持つ。長い間深海に封印されていた為に自分を封印したアクア・レジーナへの怒りで凝り固まっており、彼女に復讐を遂げるためにマーメイドプリンセスの真珠を奪おうとしていた。
憎しみしか抱いていないが自分を封印から解いてくれ、自身と同様に孤独な思いを抱いていた沙羅には
唯一、心を開いていた。
原作では沙羅が海月と和解し、元の姿に戻ってガクトを諌めた事で自暴自棄(やけくそ)になり、
全力でマーメイドプリンセスに立ち向かうも、現れたアクア・レジーナとマーメイドプリンセスの歌に敗北。
沙羅による封印の行使を受け、元に戻った水妖たちとともに希望の暖かさを感じ取る。
最後には魔力を失って崩れてゆく城と共に海の藻屑となる。

第2部では精霊となって幾度も海斗を導き、最終決戦に連れ出すため、リヒトに憑依したり、ヒッポの本音を吐き出させるため、海斗に憑依したりした。

最終回のカーテンコールにて、るちあ達に『人のために歌うべき』と説いた。


cv:岸尾だいすけ

余談

アニメでは「ガクト」ではなくガイトとなっている。
恐らく実在する同名のミュージシャンと混同してしまう為、海斗の頭文字の「か」に濁音を付けた「ガイト」に変更された可能性がある。

関連タグ

ぴちぴちピッチ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253744

コメント