ピクシブ百科事典

ガザC

がざしー

AMX-003(MMT-1)ガザC(ガザシー)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』など登場する架空の兵器。 アクシズ(ネオ・ジオン)の量産型可変モビルスーツであり「カサエル」のコードネームを持つ。
目次[非表示]

概要

主なパイロットはハマーン・カーングレミー・トト

一年戦争の終結時、アステロイドベルトに逃げ延びたジオン公国軍残党は、小惑星アクシズ内部の施設拡充およびその居住施設モウサの建造に際して作業用モビルスーツ、ガザA、ガザBを開発した。
アクシズの地球圏への帰還の決定とほぼ前後して、これらガザシリーズを戦闘用に発展し、生産ラインを流用して大量に生産、暫定的に軍事力を増強することとなった。
そのため、本機は旧ジオン公国軍製モビルスーツとは異なる開発コンセプトとなっている。
簡易ながら可変機能を持つため、第3世代モビルスーツに属する。

当時、アクシズ軍パイロットの練度が問題となっており、それを補うために砲撃戦を中心とする集団戦術(3機編成による編隊行動を遵守)を想定して設計され、ナックルバスターと強化型ジェネレーターが搭載された。
コクピットは頭部に設けられ、ハイザックと同型のものを搭載する。
両腕部には脱着可能なバインダーを装備するが、前腕部に接続するという設計は剛性面で問題を抱えていた。
元々土木用マニピュレーターであった脚部は構造的に重力下での使用は想定されていない(後述)。

主武装のナックルバスター(出力:6.7MW)は右胸部のセンサーとリンクし、精度の高い射撃が可能となっている。
背部に2基設けられたビーム・ガン(出力:2.3MW)は本来はビームサーベルとの兼用として開発されていたが、生産性の向上とコスト削減のためにビーム・ガンのみの機能に限定されている。
そのためビームサーベル(出力:0.4MW)は腕部のバインダー内側に2基設置されている。

あくまでも支援兵器として開発されたため、モビルスーツというよりは可変自走砲とでも表現すべきものであり、運動性・機動性は十分とは言い難い。
故に、他のモビルスーツ以上に編隊行動・密集戦法の厳守を強いられるその機体概念は、同時代のモビルスーツだけでなく、それまでのジオン系モビルスーツの中でもひときわ異端である。
しかし、宇宙戦に限定すれば一定の性能を発揮し、戦艦クラスの周囲に散開して威圧行動をとるケースが多く見られた。
生産はグリプス戦役中期に終了し、推定生産数は300機といわれる。
次なる戦い(第一次ネオ・ジオン抗争)に向けて戦力を温存していたアクシズは、グリプス戦役終結時までの主力として多数投入した。
もっとも、機体そのものの構造は脆弱であり、変形を4、5度繰り返せば接続部に異状をきたすとの記述もある機体なので、後継機ガザD以後にはそれなりの補強がなされている。
しかしながら『機動戦士ガンダムUC』では移動砲台としての運用法で袖付きの戦力として生き残っている機体も見られた(カラーリングはジオン量産機伝統の緑に改められている)。

また、アクシズの実質的な指導者ハマーン・カーンの専用機として白い機体が確認されているが、一般兵の機体と性能等に違いがあるのかは不明である。

宇宙用MSであり、またプラモデル「HGUC1/144ガザC」の付属説明書には、「歩行能力がない」という後付け設定まで加えられているが、『機動戦士ガンダムZZ』劇中ではコロニー内の有重力下を普通に歩いており、またその大気中を飛行してもいた。

MA形態

胸部を90°跳ね上げ、腕部バインダーを背面ユニットに沿わせる形で90°回転させ、脚部を180°反転させることでモビルアーマー (MA) 形態をとる。この形態ではナックルバスターとビーム・ガンが一直線上となり、火力は上昇する。
しかしながら航続距離が短いという根本的な欠陥は解消されていない。
脚部で接地し、戦艦の甲板などに降着することで砲台形態をとることも出来る。また、脚部は大型クローとして敵機を捕捉することができるものの、高い効果を上げることは出来なかった。
ちなみに、MA形態時には機首に設けられたハッチを介してコクピットに搭乗する。

関連イラスト

ガザC



バリエーション

AMX-002 ガザB
AMX-003S ガザC改
AMX-006 ガザD
AMX-007 ガザE
AMX-008 ガ・ゾウム
AMX-016 ガザW

関連タグ

ガザB ガザC改 ガザD ガザE ガ・ゾウム ガザW

pixivに投稿された作品 pixivで「ガザC」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56050

コメント