ピクシブ百科事典

ガザD

がざでぃ

AMX-006ガザD(GAZA-D)『機動戦士ガンダムΖΖ』および、小説『機動戦士ガンダムUC』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

AMX-006ガザD(GAZA-D)『機動戦士ガンダムΖΖ』および、小説『機動戦士ガンダムUC』に登場する架空の兵器。

アクシズ(ネオ・ジオン)の量産型可変モビルスーツである。

機体説明

グリプス戦役において一定の評価を得たガザCは、次期主力量産機としての立場を確固たるものとした。
その名の通りガザCの発展・改良型であるこの機体は、ガザC特有の簡易可変機能をそのまま受け継いでいるため全体のシルエットはさほど変わっていない。
非力だったジェネレーターは強化され、機動力が向上している。
剛性面で問題のあったバインダーは前腕部から肩部へと接続位置が変更されている。
また、武装面も強化され全体的な火力も向上している他、白兵戦能力も強化されている。
第一次ネオ・ジオン抗争初期に投入、大戦末期まで一般兵用として多数投入された。
なお宇宙世紀0096年時にもネオ・ジオン残党軍「袖付き」の間で運用されている(『ガンダムUC』)。

武装

ハイパーナックルバスター
半固定式の直結型メガ粒子砲。
ガザCの物よりも出力が強化されている。 

ビームガン
MA形態時のみ使用可能な連装ビーム砲。
機首固定武装となる。

ミサイルポッド
バインダー内に装備されている。
両形態通じて使用された。

メガ粒子砲
両脚部に設置されているメガ粒子砲。
MA形態時にしか使用不可能だが、クローアーム内にあるのでビームガンよりも可動範囲は広い。

ビームサーベル
バインダー内側に一本ずつ格納。
出力その他は標準レベル。

クロー
MA形態時に脚部が変形して展開する、カザ系列伝統の格闘武器。

関連イラスト

AMX-006 ガザD



バリエーション

AMX-002 ガザB
AMX-003 ガザC
AMX-003S ガザC改
AMX-007 ガザE
AMX-008 ガ・ゾウム
AMX-016 ガザW

関連タグ

ガザB ガザC ガザC改 ガザE ガ・ゾウム ガザW

pixivに投稿された作品 pixivで「ガザD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20870

コメント