ピクシブ百科事典

ガデラーザ

がでらーざ

ガデラーザとは、劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-に登場するモビルアーマー。
目次[非表示]

機体データ

形式番号GNMA-Y0002V
全長302m
全高86m
武装GNブラスター、GNファング、GNミサイル、隠し腕(GNビームガン、GNビームサーベル)
所属地球連邦平和維持軍
パイロットデカルト・シャーマン

機体デザインは鷲尾直広氏。

概要

純粋種のイノベイター専用に旧人類革新連盟の技術陣主導で開発された、戦艦サイズ級の大型モビルアーマー。レグナントの発展型にあたるが、アヘッド系MSやアルケーガンダムの流れも汲んでいるとされている(こちらも参照)。現在連邦に在籍するイノベイターがデカルト・シャーマンひとりだけであるため、実質彼の専用機となっている。軍としては、これから数多く現れるであろうイノベイターを戦力に取り入れるためのテストケースとして、各種実験的な装備も搭載している。そのため、これまでの兵器の系列からは大きく逸脱した外見と装備を有する。
擬似太陽炉3基を直列に繋げた直列型太陽炉を2基と、胴体部に予備の合計7基の擬似太陽炉を搭載している。その他多くの実験的機能を備え、これらの機能は全て脳量子波による思考制御によって運用される。通常の航行モードと、頭部と左右のバインダー部を展開し、機体を簡易変形させる戦闘モードを持つ。純粋種の持つ卓越した能力と相まって、その戦闘力は、MS小隊5個分に匹敵するとされる。
その圧倒的火力で敵を一方的に殲滅する機体思想は、同じ純粋種用の機体でありながら「対話」による戦いの終結を目指した刹那のダブルオークアンタとは対極に位置する。
後に量産され、『機動戦士ガンダム00I2314』のエピローグにガデラーザタイプのMAが2機登場している。

余談だが、アニメ「天空の城ラピュタ」に登場する飛行戦艦ゴリアテ(全長312m、全高82m)とガデラーザはほぼ同じ大きさである。

武装

GNブラスター
機首を縦に2分割して展開される主砲で、大型艦を一撃で粉砕する威力を持つ。砲撃後即座に排熱処理が行われるため、連射は不可能。

GNファング
擬似太陽炉を内蔵するMSサイズの大きさの親ファングを下部のコンテナに計14基格納する。親ファング1基ごとに10基の子ファングが格納されており、機体全体の合計装備数は154基にも及ぶ。粒子ビームのみならず、親ファングは両サイドに、子ファングは先端にビームサーベルを展開し、刺突兵器としても使用できる。

GNミサイル
左右のバインダー内に搭載されているガデラーザ唯一の実体兵器。片側16発ずつの計32発だが、射出された後、それぞれが8発ずつの小型GNミサイルを放出するため、一度に発射されるミサイルの数は合計256発という夥しい数となる。

隠し腕
隠し腕 - 左右のバインダー内に格納されており、戦闘モードに変形した際は機体上下にそれぞれ1対ずつの計4本が展開される。ガデラーザ本体に比べるとか細いが、先端部にGNビームガンを装備しており、あらゆる方向に粒子ビームを発射(マシンガンのように連射することも可能)できる。また、銃口からはビームサーベルも発生可能である。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer デカルト・シャーマン モビルアーマー エンプラス レグナント アヘッド アルケーガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガデラーザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15581

コメント