ピクシブ百科事典

ガメラ

がめら

特撮映画『大怪獣ガメラ』および同映画シリーズに登場する架空の怪獣。
目次[非表示]

概要

大映(現:角川映画)の特撮映画作品『大怪獣ガメラ』シリーズに登場する、二足歩行が可能な、巨大なカメに似た怪獣。

特徴

見た目は直立二足歩行をする巨大な。大きく開く顎には牙が並んでおり、特に下顎の両端から上方に伸びる下顎の両端から上方に伸びる大きな一対の牙が印象的。この牙の用途は攻撃以外には不明だが、考察次第では、戦闘時における眼の保護用ともとれなくもない。

昭和版では口から噴射する巨大な火焔、平成版ではプラズマや他のエネルギーで生成した火球を発射し、主要な攻撃手段としている。
甲羅に手足または後ろ足だけを引き込み、引き込んだ部分から火炎を噴射して飛行する能力がある。飛行速度は非常に速く、大気圏内では音速の3倍以上、宇宙空間では亜光速にまで達する。三半規管が特殊なため、回転ジェットや超高速での飛行にも耐える。

空中から地中や海中に至るまで、地球圏のほぼ全域における活動を可能としており、その範囲は宇宙空間にまで及ぶ。吐く炎は宇宙空間でも機能する。

あまり有名ではないが、パワーファイターでもあり、体重差のある怪獣(ジャイガー)を楽々と投げ飛ばしたり、2倍以上の体躯と5倍以上の体重を持つ敵(レギオン)と取っ組み、長時間足止め出来るほどの膂力を持っている。

恐ろしげな姿に相反し、弱者、特に人間の子供や自然を労り、守護する性質を持つ。高い知能を持つとされ、人間の言葉を理解し、傷つけないように注意を払って力加減や行動をするなど他者への配慮にも優れる。

生命力に溢れるのも特徴であり、もはや生物の常識の範疇を超えるほど、異常なほどに打たれ強い。人間や普通の生物なら即死または瀕死になるような傷でも戦闘が継続できるだけでなく、「怪獣」のレベルで見ても、普通なら復活できない状態からも更に強化して復活してしまうほど。
回復速度も桁違いであり、時間をかければ大怪我も全快してしまう。

  • 上腕が吹き飛ぶ、腹部から背中にかけて大きな穴が開く、脳天を含め全身を貫かれ切り刻まれる、人口50万人以上の地方都市を吹き飛ばしクレーターにするほどの爆発の爆心地にいても、体表が炭化するだけで復活するetc.。

容姿の変容

ガメラ御三家2


よく引き合いに出されるゴジラと違い、シリーズを通しても作品ごとに容姿や能力、出自に大きな違いが見られる。なので「ステレオタイプ」がゴジラよりも安定していない。全シリーズに共通するのはワニガメがモデルである点だが、昭和シリーズでは淡水棲のカメ、平成シリーズでは海亀の意匠が強く、角川版はリクガメ(ケヅメリクガメ)がモチーフである。

  • なお、ゴジラと違い、版権元が三度も変更されているので、それぞれの版権ごとに種類や容姿が大きく異なるのもある意味自然なことである。

以下、種類別(というか版権元別)および年代別に分類。それぞれの特徴は該当項目を参照。(出資元が)何度も倒れても再び復活するシリーズは、まさにガメラそのものを体現しているといっても過言ではないだろう(たぶん)。また、興味深いことに、それぞれの版権元での第一作目では、「小亀と少年」の関係が描かれている。

昭和ガメラ昭和シリーズ

大怪獣 ガメラ



平成ガメラ平成シリーズ

ガメラ1999



角川ガメラ

ツイッター1時間お絵描き其の23



2015年版ガメラ

GAMERA



ゴジラとの対決

ゴジラvsガメラ
Gamera vs. Godzilla Wallpaper
対極のG


両雄の対決は昔から非常に多くの人々に切望されてきたものであり、夢の対決として扱われている。が、大人の事情により実現への道は遠いのが現実である(動画はここを参照)。

なお、某漫画には両者の融合ゴメラが出てくる。

  • ちなみに角川ガメラの頃に、角川側が東宝に「ゴジラvsガメラ」の企画を持ち込んだものの、東宝が一蹴した為に実現しなかったという逸話がある。また、その前身である徳間大映の故徳間康快氏も、存命中に何度か両者の対決を東宝に打診してきたが、その度に蹴られてきたという噂もある。
  • 一方、ガメラとゴジラの対決が実現しないのは、両者の玩具のメーカーがバンナムであり、人気のバランスを崩すと商品展開に支障が出るからだという意見もある(某監督の某映画の際にコメントされたらしい)。怪獣映画と玩具の成功が密接に関係しているのは明白である。実際、1998年のハリウッド版ゴジラが、興行では成功したが玩具の売上が悪いために続編の企画が流れてしまったという例もある。
  • もう一つ、版権以外にもストーリーとしてゴジラとモスラの対決を描いた作品の焼き直しになるがちになるというネックもある。

夢の対決
大巨獣頂上決戦(改)



体重の設定

両シリーズの怪獣の体重は、科学的考察による算出結果と著しくかけ離れているのが有名。一説には両者の対決が実現しない理由の一つとしてネタにされており、勝負が成り立つどころか全くお話にならないのである。対戦どころか対戦に至ることすらできない。

立っているだけで地殻まで沈み込んでしまうほど重すぎるゴジラと、立っているだけで風船の如く浮き上がってしまうほど軽すぎるガメラ、自身の体重により潰れて死亡するであろうゴジラ (産まれた瞬間で死んでしまうらしい)、ゴジラが少し体重をかけただけで破裂してしまうであろうガメラ、陸に上がった瞬間に下半身が砕け自重で内臓破裂を起こすゴジラ、竜巻を起こすほどの回転ジェットにより自ら焼肉&ミンチと化してしまうガメラ、脳梗塞や血管破裂などの疾病で常に入院していなければならないゴジラetc……

もっとも、そんなことを気にしていては特撮なんて楽しめないのは、その考察本の著者が一番知っているだろうが。

しかし、後に出版された同著者の考察本によると、ゴジラの方の設定体重は、かなり現実的な数値だということである。

トリビア

Godzilla vs. Gamera making waves


有名ではあるが、金子監督を初めとする平成シリーズの制作スタッフたちは後に『ゴジラ・モスラ・キングギドラ-大怪獣総攻撃-』にも携わっており、ある意味で「ゴジラvsガメラ」を撮れる唯一の人々と言える。
なお、同監督は自身の関った『ウルトラマンマックス』のエピソードで両者を対決させている(結果は痛み分け)。
・・・子供たちが両怪獣のソフビをぶつけ合う、という形ではあるが。
ちなみに権利問題がクリアできなかったらしく、ソフト化の際にはカットされている。

2016年公開予定の新作ゴジラの監督を務める樋口真嗣氏も、平成ガメラ3部作では特技監督を務めている。

一方、『ゴジラ Final Wars』ではハリウッド版GODZILLAを”ジラ”としておちょくったのと同様に、ガメラを嘲う内容がある。

また、怪獣の出ない怪獣映画として有名な『大怪獣東京に現る』では、「トカゲ型の怪獣」と「空を飛ぶカメ型の怪獣」が出てくるとされる。

怪獣図鑑・ジラース
怪獣図鑑・ジーダス


『小さき勇者たち~ガメラ~』のは、名前からも見て取れるようにモチーフはジラースであり、名前の意味は”G(ギャオス)-Dust”、”ギャオスの遺した者”であるという説がある。

ハリウッド版GODZILLAのお蔵入りになった続編の設定を受け継いで作られたアニメ作品『Godzilla the Series』では、ゴジラとその嫁のコモドドラゴン(雌ゴジラが没になった為に登板)、その卵を執念深く追い詰める宿敵として、「下顎から二本の長大な牙が生えた巨大な亀」が登場する。当作品中でも、メカゴジラにあたる親ゴジラのサイボーグ「サイバーゴジラ」やデストロイアに該当する「ドラグマ」を凌ぎ、単体レベルでは最強クラスの敵だった。

また、アタリ製作の家庭用ゲームソフト『ゴジラ アンリーシュド』では当初、ガメラも参戦させるという計画があった。

カプセル怪獣として出張経験あり。また、少なくともドラゴンボールの世界にも存在する。

関連イラスト

嵐の決戦
GAMERA
ゴジラ&ガメラなう
彼らは名作です。
亀ポケモン
わたしはガメラを許さない
和ベンジャーズ
ガメラ
カメックス-化石プテラ覚醒-
玄爺空を往く
フシギバナ
守護神 & 邪神



関連タグ

怪獣 大映 ガメラシリーズ ガメラ怪獣 ガメラ100users入り カメ
特撮 ヒーロー ダークヒーロー
ウルティメイト・プラズマ バニシング・フィスト
ギャオス バルゴン バイラス
ギロン ジャイガー ジグラ
レギオン イリス ジーダス
宇宙ギャオス ギャオスハイパー
子ガメラ - 『ドラゴンボール』に出てくる亀仙人の奴隷。
三尾 - 岸本斉史作の漫画『NARUTO』に登場する魔獣尾獣の一体。ガメラをモチーフにしたのかは判然としないが、怪獣をモチーフにしていることは判明している。また、ガメラが横回転するのに対して縦回転する。あんまり関係ないが、同じ尾獣の四尾も、上記の『ドラゴンボール』の主人公へのオマージュである。
サトシゼニガメ - ハイドロポンプがそのまんま回転ジェット。
ドラゴンボール - 亀仙人のペットとしてまんま本物が登場する(他にもバラゴンなどがいる)。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガメラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2010144

コメント