ピクシブ百科事典

ガンスリンガーストラトス

がんすりんがーすとらとす

ヴァイキングが開発し、スクウェア・エニックスが販売する『オンラインマルチ対戦型ダブルガンアクションゲーム』、及びそれを原作とするテレビアニメ。
目次[非表示]

概要

過去に「ガンダム.vsシリーズ」の開発に携わっていたスタッフが立ち上げた。有限会社ヴァイキングの第一弾作品。2012年7月12日稼働開始。略称は「ガンスト」。
世界観の設定にニトロプラスが関わっており、ストーリーの原案は『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本を書いた「虚淵玄」によるもの。
好評を受け続編『ガンスリンガー ストラトス2』が2014年2月20日に稼動。また、2015年10月15日には『ガンスリンガー ストラトス3』も発表され、2016年5月12日に稼働された。
2015年夏には本作のゲーム性を新たにPCオンラインゲームとした『ガンスリンガー ストラトス リローデッド(ガンストR)』がサービスを開始。PC向けに新たな要素が加えられたものとなっている。

メディアミックス展開

アニメ
2015年4月、アニメ版である『ガンスリンガー ストラトス THE ANIMATION』が放送。
主人公はゲームと同じく風澄徹であるが少々世界観が異なっており、原作を知らなくとも単体で完結するものとなっている。

漫画
2015年2月より電撃マオウにてコミカライズ版である『ガンスリンガーストラトス:ギガントマキア』の連載が開始。
こちらはゲーム・アニメと世界観を共有しつつ第3の世界「日本連邦」を描く、どちらとも違った新しい作品となっている。原作は森瀬繚、作画は彼岸ロージ

システム

ガンダム.vsシリーズに近似した4対4のコスト制チーム戦。
プレイヤーが倒れると、選択していたウェポンパックに応じたコスト(1200~2500)が所属チームから失われる。
双方のチームにそれぞれ10000ポイントずつ割り振られており、これが0になったチームの敗北となる。
なお、制限時間は200秒(ver2.0のアップデートより)で、時間切れになると強制的に引き分けとみなされ、双方敗北扱いとなる。
またガンダム.vsシリーズと違い、再出撃の際は残りポイントに関わらずHP満タンの状態で復帰する。

操作デバイス

本作を特徴的たらしめている操作デバイスが、左右・上下の連結機構を持つ2つのガンコントローラーである。
通常時の「ダブルガンスタイル」、左右連結の「サイドスタイル」、上下連結の「タンデムスタイル」
それぞれに固有の武装が割り当てられており、その3つを状況に応じて使いこなすことが必須となってくる。

登場キャラクター

『フロンティアS』と『第十七極東管理区』の2つの勢力それぞれに同姓同名の人物が存在している。双方にコスチュームと来歴以外の基本的な違いは無い。

『1』からの参戦


『2』からの参戦


※2015年5月25日よりプレイアブルキャラクターとして実装


『3』からの参戦

ラジオ

2つの番組が放送されている。2番組ともに『超!A&G』で放送。
阿部敦植田佳奈のガンストうぇ~ぶ!!』(2012年10月7日から放送)<動画付き配信>
諏訪部順一西田雅一の覚醒チューン!』(2014年4月から放送)

余談

とあるラジオ番組にて、スクエニとは別の会社偉い人が、その別会社のゲーム以外で好きなゲームはと質問された際に本作の話をしていた。

関連タグ

ロードオブヴァーミリオンIII 同社作品つながりでコラボが実現した。参戦するのは風澄徹竜胆しづねの2名である。

外部サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンスリンガーストラトス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2931090

コメント