ピクシブ百科事典

ガンダムアシュタロンハーミットクラブ

がんだむあしゅたろんはーみっとくらぶ

ガンダムアシュタロンハーミットクラブとは、機動新世紀ガンダムXに登場する強化改修型MSである。
目次[非表示]

概要

アシュタロンの強化改修機。
「ハーミットクラブ」は「ヤドカリ」の意。
ベース機よりも更に巨大な一体型バックパックユニットを装備し、空力特性・装甲強度等が大幅に強化され変形時は脚部を除いたMS部が全てバックパックユニットに収納される形式になっている。ただし一部ゲーム作品では下面部シャッターを閉じない手抜き再現がされている。
この為大半のMSでは一致している頭長高と全高の値が違い、重量の値もバックパックユニットの分を加算した資料が一部存在する。
MS部のパーツも脚部を大型化し推進力を大幅に強化している。
またアトミックシザースは更に巨大なギガンティックシザースとなり、肩部マシンキャノンも大口径仕様に換装されているようである。
ノーマルタイプのアシュタロン同様、バックパックの中央部の先端(MA形態時には機首にあたる部分)にはモノアイセンサーが装備されているがノーズビーム砲は廃止された。
原型機と比して僚機であるヴァサーゴCBとの連携運用を前提として役割分担を主眼に置いた改修が為されており、MA形態では機動力に主眼が置かれMS形態はサーベルや機銃などMS部を活かした単騎での白兵格闘の手数を増やす事に主眼が置かれた構成になっている。
サテライトキャノンと同種の武装であるサテライトランチャーを増設が可能であり、リフレクター担当のガンダムヴァサーゴチェストブレイクと連結することで使用できる。(ただし送電施設への認証がをしていない為、本機及びチェストブレイクは自動追尾対象ではないため、手動で照射を行う必要がある。)
アシュタロンに引き続きオルバがパイロットとなり、最終決戦では月面施設D.O.M.E.上空でガンダムヴァサーゴ・チェストブレイクと共にガンダムダブルエックスのツインサテライトキャノンと相討ちになり大破、放棄された。

武装

ギガンティックシザース×2
アトミックシザースを改良した白兵格闘装備。防御力の高さに定評が有る革命軍新型量産機のクラウダの腹部すら容易く挟み潰し切ってしまうパワーを有する。相手MSの手足を拘束可能な動作の精密性は改修前同様である。

シザースビームキャノン×2
ギガンティックシザース内部に装備されたビーム砲。メインの多角射撃兵器として、またゼロ距離からの不意打ち武装としても機能する。

ビームサーベル
白兵戦用武装。ただしシザースが白兵武装として有効過ぎるのでほとんど使われていない。一部ゲームでは装備していない事になっていたりコンボや防御スキル発動時のみ使用となっている事も。

マシンキャノン×2
両肩襟部に装備された機関砲。牽制用として機能する。アシュタロン時代と比べて大口径のものに換装がされている。

サテライトランチャー
マイクロウェーブを変換したエネルギービームを発射する、サテライトキャノンの亜種の増設砲ユニット。ビーム色はガンダムX系列が白であるのに対しこちらは桃色。
本機が担当するのはあくまで射出用の砲身(及びそれを保持する砲台)の役割なのだが一部のゲーム作品では本機の固有武装扱いでエネルギー供給と砲発射の機能を持つヴァサーゴCBをその時のみ召喚したり、あるいは本機が直接チャージするというゲーム作品用の改変が為されている。前者はまだしも後者は無茶も良い所である。またこの装備を「バックパックユニットに収納する」と勘違いしている者もいるがこの装備は非使用時に短縮形態にはなるがバックパックユニットへの収納はせず設置された状態のままである。これは先述の「ゲーム作品での召喚攻撃演出」で使用時のみ突然現れるのを「バックパックに収納された物を展開している」と誤って解釈してしまうのが原因だろう。

余談

創作時期が本作の打ち切りが決定していた時期であった事や、機体サイズ的な問題、及び当時の一般ガンプラの仕様を度外視したデザインでの創作(専用スタンドの添付などを想定した現在のガンプラの仕様ならば立体化可能な範囲のデザインではある)がされた為、オフィシャル商品であるガンプラやトイ等立体商品は未だに登場していない(ガレージキット等なら一応存在した)。
この為それら公式立体商品の販売を心待ちにしているファンも少なからず存在する。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX
ガンダムアシュタロン
オルバ・フロスト フロスト兄弟
ガンダムヴァサーゴ ガンダムヴァサーゴチェストブレイク

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムアシュタロンハーミットクラブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30144

コメント