ピクシブ百科事典

ガンダムエクシア

がんだむえくしあ

ガンダムエクシアとは、TVアニメ『機動戦士ガンダム00』に登場するモビルスーツ。刹那の嫁。
目次[非表示]

機体データ

分類第三世代ガンダム
形式番号GN-001
全高18.3m
重量57.2t
装甲材質Eカーボン

機体説明

ガンダムアストレアから発展したソレスタルビーイングの第三世代型ガンダム。ガンダムマイスターは刹那・F・セイエイ

運動性に優れたガンダムアストレアのフレームを基に近接格闘用機として発展・特化させた機体である。
格闘戦を念頭に置いた機体であるが故に広い関節稼動範囲を有しており、他のMSと比べて人間に近い動きを再現する事が可能。
同時に対ガンダム戦も想定された機体である為、装備する実体剣にはGNフィールドを無力化する機能が付与されている。また合計で7つの剣を持つことから開発時にはセブンソードと言うコードが付けられていた。また、実戦でTRANS-AMを最初に使用した機体としても知られる。
国連軍によるフォーリン・エンジェル作戦の終盤、アルヴァアロンGNフラッグとの連戦で機体は大破するが……。

デザイナーは海老川兼武氏。
デザインに関しては「細い」と言う意見がよく言われるが、海老川曰く筋肉質でマッシヴなイメージでデザインしたとの事。
初期段階では全身に筋肉をイメージした粒子供給コードが無数に張り付いていた。
また、ファーストシーズン後半で「エクシア1.5」にパワーアップする案や、セブンソードは「七本の剣」ではなく「一つの武器が七つの形態に変形する武器」にするという案が提案されていた。

武装

GNソード

エクシアの象徴たる巨大な実体剣。シールド・ビームライフルとの複合兵装になっている。ライフルモードは刀身を折りたたむことによって使用が可能となる。
しかし巨大すぎるため、取り回しでは他の武装よりも劣り、十分な勢いがなければその威力を発揮出来ないなど欠点も多い。
エクシアの代名詞とも言える武器だけありその切れ味は凄まじく、ティエレンの様な重装甲のMSやアルヴァトーレなどの大型モビルアーマーなどを一撃で切り裂く。

GNロングブレイド・GNショートブレイド

両腰のラッチに装備される実体剣。厚さ3mのEカーボンをたやすく切断するほどの切れ味を誇る。GNソードと同じく対ガンダム戦を想定して開発された装備であり、調整に時間を掛け過ぎたため配備されたのは、モラリア共和国のPMCトラストへの介入時からである。
大腿部ラッチに固定された状態でも刀身を前方に回転させることが可能。

GNビームサーベル・GNビームダガー

刀身の調節機構が装備されたビーム斬撃兵装。通常は両肩後部に装備された2基をサーベル、腰背部に装備された2基をダガーとして使用する。
実体剣より軽く取り回しに優れ、切断力も高いが、対ガンダム戦の為の特別な性能は無い。

GNバルカン

外側前腕部に1門ずつ固定装備された牽制用のビーム射撃武装。
劇中では余り使用する場面が無かったためかゲーム作品などではオミットされている場合が多い。

GNシールド

取り回しに優れた専用のシールド。外観はガンダムアストレアのシールドと似るが、こちらは打突兵器として使用できるように先端が尖っている。

バリエーション

ガンダムアストレア

『00P』に登場するエクシアのプロト機。
詳細はガンダムアストレアを参照。

ガンダムエクシアリペア

エクシア


エクシアRとも表記される。
GNフラッグとの戦闘で大破したエクシアを刹那が自分で修理した機体。
頭部のツインアイの内右目が損傷しており、ティエレンのカメラを内蔵する事で代用。また、切り落とされた左腕は布を被せてカモフラージュしている(頭部はGNフラッグとの戦闘で一度胴体から切り離されているが、刹那はこれを回収し、再び取り付けている)。
アルヴァアロンとの決戦で失ったGNビームサーベルなどの武装が補給されておらず、先端の欠けたGNソードが唯一の装備である。

アロウズによる一方的な軍事行動に対して介入するもアヘッドの性能に圧倒され破損。その後プトレマイオス2に回収され太陽炉をダブルオーガンダムに託し、その戦いに幕を閉じたかと思われたが…。

ガンダムエクシアリペアⅡ

世界を変えた天使


イノベイターイノベイド)との決戦において刹那が大破したダブルオーライザーに代わって乗り込んだ機体。
リボンズ・アルマークの駆るOガンダムと死闘を繰り広げ、辛くも勝利する。
回収したエクシアリペアを最新の技術によって改修したもので、ダブルオーガンダム等の技術をフィードバックしており、外部に露出していたGN粒子供給用のコードを内蔵し、各部にGNスラスターを増設している。増設場所は肩背面、腰背面、太ももの計5箇所。
武装面でもGNブレイド及びGNビームダガーを廃止し、腰部にダガーモードへの切り替えが可能となったGNビームサーベル。また、ダブルオーライザーのGNソードⅢと同じ技術が使われたGNソード改を装備し、一撃必殺・一点突破をコンセプトとする。

また、GNドライブのリミッターの解除は元々のエクシアに備わっていたが、安全性を考慮してか未完成なのか、R2に改修されるまで使用される事は無かった(リミッター自体はドライブ自体が持っており、セーフティーそのものは初めからOSには組み込まれている)。

アヴァランチエクシア

エクシア 目標を駆逐する


「ガンダム00V」に登場するエクシアのバリエーション機体。
いわば「フルアーマー・ガンダムエクシア」とでもいうべきポジションの機体だが、格闘特化というエクシアの特性に合わせ、増加パーツは装甲ではなく、機動力を高め瞬時に間合いを詰めるための増加スラスターと設定されている。
そのため性質的にはフルアーマーよりもフルバーニアンに近い。
なお「アヴァランチ」は「雪崩」の意。

アヴァランチエクシア・ダッシュ

アヴァランチエクシアの脚部に宇宙用の「ダッシュユニット」を増設したもの。
脚部パーツは足裏に遷移させ「かんじき」のような形状にもなる。

ガンダムエクシアリペアⅢ

量子演算コンピュータ・ヴェーダに残された記録(という設定のtwitterアカウント)上で、刹那が地球上での武力介入に用いていた機体。設定が公開されたのは「ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム00V戦記」より。
ガンダムデュナメスリペアと同様、地球上でのミッションのために用意されたGN粒子貯蔵タンク搭載機。
基本的な武装はリペアⅡと同じだが、左腕に長距離狙撃用のGNロングライフルを装備しており、長距離射撃にも対応している。
また、肩部と膝部に大型の粒子貯蔵タンクを新設して活動可能時間を延長している他、GNスラスターを最新の物に交換している。
運用される機会こそ少なかったものの、旧人革連による人工イノベイター研究施設への武力介入時には施設に対して長距離狙撃を実行。刹那はビーム兵器にもGN粒子を使用しているという点を活かし、脳量子波を乗せて射撃を行い、実験対象となっていた人工イノベイター達に施設からの脱出を促した。

ガンダムアメイジングエクシア

ガンダムビルドファイターズに登場するガンプラ。
詳細はガンダムアメイジングエクシアを参照。

ガンダムエクシアダークマター

ガンダムビルドファイターズに登場するガンプラ。
詳細はガンダムエクシアダークマターを参照。

落合専用エクシア

俺流がガンダムだ


ガンダムファンとしても知られる元中日ドラゴンズ監督(現GM)の落合博満氏が静岡バンダイホビーセンターを見学した際に、2007年の日本シリーズの優勝記念品としてバンダイから贈られた特注モデル。白と紺のドラゴンズカラーに塗装され、両肩に『CD』のロゴと当時の背番号『66』があしらわれている。

関連項目

機動戦士ガンダム00 ガンダム00
刹那・F・セイエイ
ガンダムアストレア ダブルオーガンダムダブルオーライザー ダブルオークアンタ
海老川兼武

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムエクシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 600113

コメント