ピクシブ百科事典

ガンダムキュリオス

がんだむきゅりおす

ガンダムキュリオスとはTVアニメ『機動戦士ガンダム00』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

分類第三世代ガンダム
形式番号GN-003
全高18.9m
重量54.8t
装甲材質Eカーボン

機体説明

ソレスタルビーイングの第3世代ガンダムの1機。第2世代機ガンダムアブルホールから発展した可変型モビルスーツである。
マイスターはアレルヤ・ハプティズム

可変機構はきわめてシンプルだが、飛行形態を下方から見るとモビルスーツ形態時の頭部が露になっているのが見て取れるが、これは全世界中にガンダムの存在を知らしめるための意図的なもの。
その可変機構により他のガンダムより頭一つ秀でた機動性能を得て、おもに一撃離脱、先制攻撃を得意とする。機動力と火力双方のバランスを考慮して主にガンダムヴァーチェとチームを組むことが多かった。人革連からの俗称は「羽付き」。

国連軍との決戦においてはアルヴァトーレのGNキャノンによって右半身を失うが、トランザムによってソーマ・ピーリスセルゲイ・スミルノフGN-Xを追い詰めた。しかし後一歩のところで反撃されて機体は大破、GNドライヴはソレスタルビーイングによって回収されたが機体とアレルヤは国連軍に鹵獲されてしまう。その後はアヘッド等の地球連邦軍の擬似太陽炉搭載型MSの基礎にされた。

デザインは柳瀬敬之

武装

GNビームサブマシンガン

他のガンダムが使用するビームライフル等と違い、連射性能を強化した2連装のビーム兵器。グリップと銃身を分離した状態でも使用が可能。

GNハンドミサイルユニット

オプションとして両腕に装備される大型ミサイルランチャー。名前にGNを冠しているが、実際は炸薬式の実体弾頭である。
人革連の超人機関施設破壊の為に運用された。

GNビームサーベル

腰部後方の装甲裏に2基を格納している格闘用ビーム兵装。
最終決戦ではこれと後述のシールドニードルのみで、2機のGN-X相手に大立ち回りを繰り広げた。

GNシールド

先端部がクローのように開閉する専用のシールド。
内部に隠し武装GNシールドニードルが装備されており、主にハレルヤの人格が露わになった際に使用された。

テールユニット

巡航形態時に両脚で挟み込むように装着されるEカーボン製の武装コンテナ。主にGNミサイルや対地用ナパームを装備しており、キュリオスの火力を向上させている。切り離し後の情報流出を防ぐためユニットそのものは一般的な技術のみで作られている。

テールブースター

国連軍との最終決戦で投入された新型テールユニット。大型GNビームキャノン2門と大推力GNバーニアを装備し、巡航形態時の火力と推力を大幅に向上させる。劇中では特に目立った戦果も無く、すぐにソーマのGN-Xによって破壊されてしまった。巡航形態での火力強化と言うコンセプトは、後にGNアーチャーの開発へと昇華した。

バリエーション

ガンダムキュリオスガスト

その名は暴風-ガスト-
GN-003/af-G02 GUNDAM KYRIOS GUST


外伝『00V』『00v戦記』に登場。
アビオニクスを強化した大型機首ユニット、超遠距離射撃に主眼を置いたGNロングバレルキャノンなどを換装、単機での大気圏離脱が可能になった機体。主に地球規模のテロ災害に使用された。なおガンダムハルートのGNバーニアユニットは、本機のオプションを参考に開発された。

ガンダムアブルホール

ガンダムキュリオスのプロトタイプ。00Pに登場。
MS形態は完全な人型ではなく、戦闘機に頭と足が生えたような形状をしている(超時空要塞マクロスシリーズにおけるバルキリーガウォーク形態に近い形状をしていると言えば分かりやすいだろうか)。
また、MS形態時に露出する頭部はダミーヘッドであり、機首部分に隠された頭部が本当の頭部である。
後にAEUの技術者であるイアン・ヴァスティがCBに加入した事で、完全な人型に変形可能なキュリオスが生まれる事になる。

ガンダムアブルホールTypeF

00Fに登場するアブルホールの改良機。
元々他のガンダムとは一線を画する形状である為、カラーリング以外で外見に差異は無い。
GN粒子推進とプラズマジェット推進を切り替える事が出来る他、ガンダムキュリオスのテールユニットを装備可能。
リボンズらイノベイターが再生産した機体も存在するが、後にフォン・スパークが改修して搭乗する事になる。

関連項目

機動戦士ガンダム00
アレルヤ・ハプティズム アリオスガンダム ガンダムハルート
柳瀬敬之

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムキュリオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52279

コメント