ピクシブ百科事典

ガンダムケストレル

がんだむけすとれる

ガンダム[ケストレル](MSW-004)とはアドバンス・オブ・Ζ「刻に抗いし者」に登場するモビルスーツ。名前の由来はチョウゲンボウから。
目次[非表示]

デザイナーはガンプラ・パッケージアートをいくつか手掛ける間垣リョウタ

概要

ティターンズ強化人間ロスヴァイセの専用機としてオークランド研究所で開発されていた試作型モビルスーツ
宇宙での機動試験中に鹵獲に見せかけて親エゥーゴ派の研究者がエゥーゴに譲渡し、アナハイム・エレクトロニクスのドック艦「ロサ・ギガンティア」での試験運用を経てエゥーゴの戦力として実戦配備された。
ティターンズ側からは両肩のビーム・ブレイドを展開した際のシルエットから「カマキリ」のコードネームで呼ばれる。
主なパイロットはヴァン・アシリアイノ。

胴体と脚部に内蔵された三基の高出力ジェネレーターと新型のレーザーロケット推進器(アルビオンなどに用いられていたレーザーロケットを内蔵式にしたもの。本来は惑星間航行を視野に入れて開発されていた物であり、高い推力を誇る)を持ち、これによって高い機動力と加速性能を誇る他、豊富なジェネレーター出力から複数のビームサーベルを同時に展開する事が出来る。
また、準サイコミュシステムとして「シャーマン・フレーム」を搭載しており、感応波がニュータイプよりも弱い強化人間やオールドタイプであってもパイロットの感応波をサンプリングしたシステムのサポートを得て危機回避など思考の一部を機体コントロールに反映させる事が可能となっている。
この他、「エクステリア」と呼ばれる追加パーツを装着出来るなど機体の拡張性も高い。
メインカメラは頭部ではなく胸部に搭載されており、頭部はダミー、もしくはサブカメラとして機能する大胆な設計が採用されているのも特徴である。


しかし、強化人間専用機という事もあってその加速Gは一般的なパイロットが耐えられるそれを超えており、その為にオークランド基地でのテストも含めて三人のテストパイロットが入れ替わっている。他にも戦闘中は高い加速性能を維持するため推進剤の消費が激しく、内蔵式レーザーロケットの信頼性が低いなどの欠点がある。
その結果、エゥーゴのテストパイロットからは「欠陥機」や「自殺装置」という評価を下されていたが、四人目のパイロットとして先天的に高いG耐性を持つヴァン・アシリアイノが搭乗した事でその性能を発揮する事になる。

なお、過去のテスト時の事故で膝と肩、頭部を破損した為、ワグテイルの外装データを参考にしたアナハイム製のパーツによって修復され、それと共にカラーリングも白と青を基調としたものに改められた(この改修には、オークランド研開発機であることを隠すための偽装という意図も含まれている)。

グリプス戦役時のモビルスーツには珍しくコア・ブロックシステムを有しており、後のネオガンダムクロスボーンガンダムと同じホリゾンタル・イン・ザ・ボディタイプのコア・ファイター「コア・スクァード」が搭載されているが、これはメインスラスターであるレーザーロケットをローテーションで整備する為のバックパック換装機構としての側面もあり、レーザーロケットタイプのコア・スクァードの他にも熱核ロケットエンジンを搭載したバックパックも存在する。

装備

頭部バルカン砲

RX-78などと同様に額に二門搭載されているバルカン砲。

ビーム・ライフル

後部に独自規格のエネルギーパックを装着する長銃身型ビーム・ライフル。一撃でモビルスーツの半身を蒸発させる威力を持つ。
非使用時にはバックパックにマウントされ、コア・スクァードに懸架しても使用可能。また、予備のエネルギーパックはサイドスカートに四本携行される。

ビーム・サーベル

バックパックにマウントされているビーム・サーベル。
標準的なビーム・サーベルと変わらないオーソドックスな仕様だが、全身のビーム・ブレイドと同時に稼動させる事が可能。
なお、サーベルラックはコア・スクァードの推進器となる部分とは別パーツである為、コア・スクァードには装備されていない。

ビーム・ブレイド

肩、肘、膝、つま先に配されたビームユニットから展開されるビーム刃。
攻撃範囲についてはビーム・サーベルほどの自由度は無いが、高出力で幅広のビームを展開可能。また、全身のビーム・ブレイドを同時に稼動させる事も出来る。
なお、肩のユニットはアームを介して接続されており、簡易的なビームガンとして使用可能。腕部のビームユニットはオプションパーツのプラットホームにもなる。

ビーム・マドゥ

肘のビームユニットにフレームを介して接続される専用のシールド。
標準的なシールドと比べて小型だが、三本のビーム刃を展開する事で敵の斬撃を受け止められる他、正面に構えて打突武器として使用可能。
また、シャーマン・フレームと連動し、パイロットの技量(および運)によっては敵のビーム攻撃を弾くといった芸当も可能となる。

メガ・ビーム・ランチャー

肘のビームユニットを介して接続され、本体から直接エネルギー供給を受ける高火力装備。
砲口部で15度前後の射軸変更が可能となっており、拡散ビームモードへの切り替え機構とあわせて取り回しの悪さをカバーしているが、重心が安定せず機動戦では扱いづらいなど、機体との相性は悪い。
最大出力で数秒間の継続掃射が可能だが、使用後は強制冷却が必要となる。
センサー部はビーム・ライフルと共通パーツとなっている他、コンデンサー・本体・バレル部分がユニット化されている。

エクステリア

マニューバー・エクステリア

両肩に搭載される四基のブレイク・バインダーからなる追加パーツ。
装備する事で機体の旋回性能と火力が向上するが、末端重量が増える為戦闘機動時の安定性が低下する。
バインダー自体はレーザー発振装置を一機備えたシンプルな設計であり、先端にビーム・ガン兼ビーム・ブレイドを備え、それ自体を武装として使用出来る。
また、バインダーは有線サイコミュ兵装としてオールレンジ攻撃出来るよう設計されており、この機構を流用し、有線ミサイルの要領でバインダー自体を射出武器として使用可能となっている。
ケストレル本体のレーザーロケットが戦闘で損傷し、低下した機動力を補う為に装備された。
バックパックも熱核ロケットエンジンに換装されているが、こちらはマニューバー・エクステリアに必須の組み合わせという訳ではない。

アーマー・エクステリア

全身のミサイルポッド、追加装甲、増加推進器からなる火力強化装備。
グラナダにて「機動力が高すぎるのであれば装備を重くして機動力を殺し、重MSとして運用すればよい」という発想の元に開発された。
アーマー・エクステリアを装備していても通常のMSよりも高い機動性は発揮出来る一方、扱い易い操縦性を獲得した為、耐G体質でないパイロットであっても操縦が可能となる。
全身にミサイルポッドを装備し、加えてバックパックにはリニアガンとセンサーユニットを搭載。また、冷却装置やプロペラントタンクも増設されており、行動半径・作戦行動時間が延長されている。
メガ・ビーム・ランチャー、マニューバー・エクステリア等の同時装備も可能であり、それらの装備に加えレーザーロケットタイプのコア・スクァードを装着した状態を「フルアーマーケストレル」と呼称する。
グリプスⅡ攻防戦後、ティターンズ・テルアビブ分艦隊による地球主要都市への核攻撃を阻止するべく、戦力不足を補う為に投入された。

[グリンブルスティ]

グリンブルスティ


ガンダム[ケストレル]の原型機であり、オークランド研究所で開発された強化人間専用モビルスーツ。型式番号ORX-008。
ガンダムタイプに似た頭部エクステリアを有するが、厳密にはガンダムタイプではないとされている。
[ケストレル]と異なり全身が濃紺を基調とした「ティターンズカラー」で塗装されているのと、背部にフレキシブル・バインダーが搭載されているのが特徴。
また、全身のビーム・ユニットの外装デザインも異なり、頭部に関してもガンダムMk-ⅤガンダムTR-6 ハイゼンスレイⅡに連なるデザインとなっており、全体的な印象は大きく異なる。
なお、全身に配されているフィン状のアンテナはシャーマン・フレームの感度を上げる為の補器である。

1号機・2号機が存在し、1号機はロサ・ギガンティアでテストが行われ、エーヴィ・アルヴァがテストパイロットを務めた際のテスト飛行中に起きた事故を契機に[ケストレル]仕様へ改修された。なお、背部バインダーは運動性能が過激過ぎるという理由から取り外され、その代わりにビーム・サーベルラックが装備された。

2号機はグラナダでテストが行われ、その結果アーマー・エクステリアが開発されている。その後も新型機開発のテストベッドとして運用されていたが、その役目を終えるとサラミス改級「デルフォイ」へと配備され、ネオ・ジオン残党と極左テロ組織「カメラード」によって占拠された小惑星基地「ダモクレス」の奪還作戦に参加。その際ヨーン・ユルヤナの乗機となる。
ガンダムタイプのモビルスーツではないものの、1号機が「ガンダム」として改修された事に加え、「V字アンテナがあればれっきとしたガンダムである」というヨーンの主張からデルフォイクルーからはガンダムとして認識されている。

なお、2号機のコア・ファイターについては[ケストレル]がひな鳥を意味する「コア・スクァード」をペットネームにしていたのに倣い、こちらはグリンブルスティ(猪)に対して子豚を意味する「コア・ピグレット」のペットネームを付けられている。

関連項目

ガンダム アドバンス・オブ・Z
ワグテイル ガンダムスコル
ガンダムF90 ル・シーニュ シスクード ギャプラン ガンダムMk-Ⅴ
エウクランテ 殺人的な加速だ!

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムケストレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22124

コメント