ピクシブ百科事典

ガンダムファイト

がんだむふぁいと

「ガンダムファイト」とは『機動武闘伝Gガンダム』に登場するガンダムを使用した格闘技。もしくはその大会。
目次[非表示]

概要

ガンダムファイトとは『機動武闘伝Gガンダム』に登場するガンダムを使用した格闘技、もしくはその大会を指す言葉である。

コロニー間で再び起こりつつある第二次カオス戦争を回避する為の代理戦争として軍事評論家デューサー教授より提唱された。地球をリングに各コロニー国家がコロニー国家連合の主導権を賭けて「ガンダム」と名付けられた次世代型機動兵器で競い合う武闘大会である。
当時はこの突飛な提案に世界の首脳陣は難色を示したが、数週間後全会一致で可決される。これにはシャッフル同盟による間接的な関わりがあったと云う。
参加資格は全てのコロニー国家が有しており、優勝すれば次の大会までの向こう四年間はどのような国であってもコロニー国家連合のトップに立ち続け、次回の決勝大会開催地となる。

第一回大会の参加者の殆どを軍トップのベテランパイロットで占められていたが、ネオギリシャのヘローダのみMS乗りとしての技量では三流でしかなかったが、バルカン柔術の達人だった為に強豪を押さえ第一回大会の優勝者となる。これ以降は格闘技のスペシャリストが台頭しコロニー格闘技なる大会も推奨される。

一方で、コロニー間の代理戦争によってリングとなる地球を荒廃させるため、地球に住む人々の中にはファイトそのものを忌み嫌う者もいる。

大会は一年を通して行われ、サバイバルイレブンと呼ばれる11ヶ月の予選期間を生き抜いたガンダム達に決勝ラウンドの参加権が与えられる。この決勝ラウンドで優勝した国家はそれから次回のガンダムファイト開催までの4年間、コロニー国家の代表となると同時に、次回のガンダムファイトの主催国となる。
また、優勝者には「ガンダム・ザ・ガンダム」の称号が与えられる。そして本作の題名はこの称号を略したもの…つまり『機動武闘伝ガンダム・ザ・ガンダム』であって『機動武闘伝ゴッドガンダム』ではない。

劇中は第13回大会の様子が描かれているが、第1回以降はルールの盲点をつく様々な不正が露骨に付きまとっている。特に第7回と第13回大会まで様々な形でルールが変更されている。このうち第12回大会はオプション装備は自立稼動でなくてはならないとの規定が設けられている。これはネオイングランドのチャップマンが三連覇を成し遂げたからであったが、同第12回大会の覇者はマスターアジアによってもたらされ、重火器主流時代は終焉を迎えている。

歴代優勝者

第1回大会バルカンガンダムヘローダ・ディオニクスネオギリシャ
第4回大会フェイロンガンダムサイ・フェイロンネオチャイナ
第7回大会カイザーガンダムネオドイツ
第9回大会ブリテンガンダムジェントル・チャップマンネオイングランド
第10回大会ブリテンガンダムジェントル・チャップマンネオイングランド
第11回大会ブリテンガンダムジェントル・チャップマンネオイングランド
第12回大会クーロンガンダムマスターアジアネオホンコン
第13回大会ゴッドガンダムドモン・カッシュネオジャパン


ガンダムファイト国際条約

  1. 頭部を破壊されたものは失格となる(補足:かすり傷程度なら失格にはならない)
  2. 相手のコクピットを攻撃してはならない(補足:試合中の過失によるガンダムファイターの殺傷は認められる)
  3. 破壊されたのが頭部以外であれば、何度でも修復し決勝リーグを目指すことが出来る
  4. ガンダムファイターは己のガンダムを守り抜かなくてはならない
  5. 1対1の闘いが原則である(補足:タッグマッチは認められる)
  6. 国家の代表であるガンダムファイターは、その威信と名誉を汚してはならない
  7. 地球がリングだ!(補足:ガンダムファイトによって地球上の建築物を破壊しても罪に問われない)


ネタ的概要

イラストやタグ的には、『機動武闘伝Gガンダム』に関するもの、内容が類似している作品、原作に登場する場面に構図が類似しているものも含まれる。

昨今のガンダムシリーズの「敵も味方もガンダムだらけ、というか量産機どこいった?」という状況を揶揄して言うこともある。特に『ギレンの野望』や『機動戦士ガンダムオンライン』とかだと宇宙世紀でありながらも一戦場で数十機のガンダム(ガーベラ・テトラ含む)が暴れていることも多い。

関連イラスト

無題
ますび風らき☆すた



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 格闘技

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムファイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132890

コメント