ピクシブ百科事典

ガンダムヘビーアームズ改

がんだむへびーあーむずかい

ガンダムヘビーアームズの改修型。
目次[非表示]

データ

型式番号XXXG-01HC
全高16.7 m
重量7.7 t(大河原版)、8.2t(アーリータイプ)
装甲材質ガンダニュウム合金
開発者ドクトルS
パイロットトロワ・バートン

アビリティレベル

※リーオーをオールレベル100として換算

ファイティングアビリティレベル120
ウエポンズアビリティレベル170
スピードアビリティレベル120
パワーアビリティレベル140
アーマードアビリティレベル140

概要

ピースミリオンに回収されたヘビーアームズを、ハワードがバーニアスラスターの増設といった改修を施し、宇宙空間でも行動出来る様にした機体。腰部やバックパックにスラスターが増設されているのが改修前の機体と外見上の差異となる。同時にビームガトリングガンは回転砲身を二基に増やしたダブルビームガトリングガンに変更され、火力も強化された。元々火器類が多い事や遠距離砲戦を主体とする機体の為これ以外の装備はTV版は全く変わっていない。

EW版でのヘビーアームズ改

ガンダムヘビーアームズ改(EW版)


カラーリングが朱色から青の宇宙用低視認塗装に変更され、またビームガトリングガンが実体弾式ガトリングガンになったことで、携行武装全てが実弾兵器となった。
アーミーナイフも撤廃され、両腕のダブルガトリングガンに加えてホーミングミサイル、マイクロミサイルも装弾数が増えるなどTV版以上の重武装となっている。
普段はカバーで塞がれているため気付かれ辛いが胸部ガトリングの装備数が2基から4基に増えている。またパイロットと同じピエロマスクを着用したことも。
当時のプラモデルでの名称は『ガンダムヘビーアームズカスタム』。
外見上は違う機体となっているが、あくまでそう見えるだけであって改造機体ではなく設定上はTV版と同じ機体である。

バリエーション

ガンダムデリンジャーアームズ

「新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツ最強プレイングブック」に掲載されていたオリジナルストーリー「新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜」に登場。
大戦時にロームフェラ財団が5機のガンダムのデータをもとに開発したが実戦配備されなかった量産型ガンダムの1機でガンダムヘビーアームズを原形にした首都防衛用の砲撃MS。
姿はヘビーアームズ改(EW版)と同じだがカラーリングが改造前(アーリータイプ)と同じであり、ダブルガトリングガンも1丁のみになっており、また長距離移動の必要が無い為ブレードアンテナがオミットされている。火力は若干だが改良前のヘビーアームズ以上である。
戦後、ロームフェラが保管していた機体を元OZ兵士トライノイ・リヴィンスキーが強奪し、ティエルのウイングガンダムセラフィムと共に戦友のカールを探すべく、戦士の墓へ向かったが追手のガンダムデスサイズ・ギルティ及びガンダムサンドレオンと交戦、激闘の末に相打ちになってトライノイ共々爆発した。


関連タグ

新機動戦記ガンダムW ガンダムヘビーアームズ トロワ・バートン
ウイングガンダムゼロ ガンダムデスサイズヘル ガンダムサンドロック改 アルトロンガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムヘビーアームズ改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26453

コメント